« 2004年11月 | メイン | 2005年01月 »

2004年12月31日

大晦日

 大晦日の北九州市は未明に雪が降る。駅正面にそびえる標高644メートルの皿倉山はうっすらと冠雪。とにかく寒い……というか、空気がびしっと冷たい感じ。

 雪が氷雨になった午前10時過ぎ、母と東田地区に新しくできたベスト電器へ。最近、韓流にこっている母はレンタルビデオを返却。おれは昨日購入したプログレッシブ対応DVDプレイヤー用のD端子ケーブルを購入。

 昨日、戸畑SATY電器売り場の人には「箱の中にD端子ケーブルって入ってるんですか」と質問し、「入ってますよ」と返事をもらっていたのに、箱を開けてみると、普通のAVケーブルが一本はいっているだけで、D端子ケーブルなんて、入っていない。そりゃそうだ。

「大晦日」の続きを読む »

大晦日

 大晦日の北九州市は未明に雪が降る。駅正面にそびえる標高644メートルの皿倉山はうっすらと冠雪。とにかく寒い……というか、空気がびしっと冷たい感じ。

 雪が氷雨になった午前10時過ぎ、母と東田地区に新しくできたベスト電器へ。最近、韓流にこっている母はレンタルビデオを返却。おれは昨日購入したプログレッシブ対応DVDプレイヤー用のD端子ケーブルを購入。

 昨日、戸畑SATY電器売り場の人には「箱の中にD端子ケーブルって入ってるんですか」と質問し、「入ってますよ」と返事をもらっていたのに、箱を開けてみると、普通のAVケーブルが一本はいっているだけで、D端子ケーブルなんて、入っていない。そりゃそうだ。

 昨日のように体調が悪いときは、こういったことへのチェックがおろそかになる。

 DVDプレイヤー本体の値段はちょうど10,000円。D端子ケーブルは1.5メートルのもので、2,500円。なんだか……ね。

 妹からは「PS2で遊べるパズルゲームがあったら、買ってきて」とたのまれていたのだが、買おうと思っていた「もじぴったん」は在庫切れ。結局、「パズルボブル」を買って、お茶をにごす。

 さらに八幡駅裏にあるヤマダ電気内のドラッグストアで薬を買う。

 午後は母と妹が買いものに出かける。おれはノートPCであれこれ作業。ネット接続がPHSカードのみというのは、やはりしんどいものがあるね。

 夕方、帰ってきた母と妹の手にはDocomoの携帯電話「らくらくホン」。その操作法を妹が母に教えるわけだが、これが本当ににぎやかで……。

 「らくらくホン」には、メニューやメールの読み上げ機能がある。「しばおあっとでぃーおーしーおーえむおーどっとねいーどっとじぇいぴーから、めーるがとどいています。だいめいはぼくのめーるあどれすです。ほんぶんはめーるあどれすをれんらくします……」とか、「ちゃくしんつうわのりれきをよみあげます。ごごよじさんじゅうにふん、ぜろきゅうぜろぜろぜろいちにーさんよんれーごから、ちゃくしんがあり、つうわをしました」なんて、声が響き渡る。

 さらにメールの打ち方を教える妹の声がミックスされ、もうなにがなにやら……。

 ぼくもちょっと使ってみたけど、操作系はけっして「らくらく」ではない。高齢者にわかりにくい部分を「読み上げ機能」でフォローしたつもりになっているだけだ。厚化粧の操作系。そういう考えなら、なぜ、「ちゃくしんのりれき」なんて、耳慣れない熟語を、読み上げるのだろう。

 セブンイレブンでオーダーしたおせち料理を、早くも大晦日の午後7時に開け、食べたのが夕食。

 ただし日本人としては、レコード大賞、紅白歌合戦、K-1、Prideをザッピングしてみる。大画面でマルチ画面にしてザッピングすると、ほんとうに忙しい。

 今年の大晦日は去年の番組の劣化コピーのようなおもむきだったね。

2004年12月30日

筑友会忘年会

 午前10時、寝室を出ると、母も妹もいない。

 母の携帯に電話をかけると、妹が出る。ふたりして近所にマッサージにいったとき、母の調子が悪くなり、病院に駆け込んだとのこと。血圧がかなり上がっているらしい。

 1時間後にふたりしてもどってくる。とりあえず、様子を見ることにするとのこと。母の調子も悪いが、こちらの調子も悪い。妹からキャベジンをもらって、やっと胃が動き始める感じ。

 昼過ぎに戸畑SATYへ。母の買ってきたプログレッシブ「非」対応DVDプレイヤーをプログレッシブ対応プレイヤーに交換してもらう。体調が悪いので、一足先にJRで家に帰り、布団にもぐりこむ。

 午後6時、八幡井筒屋へ。東筑高校でおなじ部室だった文芸部と演劇部のメンバーが集まる「筑友会」の忘年会。今回はみよしさん、くぼたくんとおれを含めて5人が集まり、焼き鳥屋「横綱本陣」へ。

 豚バラの串を手にとるも、胃袋が豚の脂に耐え切れない。結局、しいたけの串を一本やら、おでんの大根をひとつ。乾杯の中生を一杯飲んだ後は、ひたすらウーロン茶。

 本調子ではなかったが、あれこれおもしろく話をして、午後10時ごろ解散する。

筑友会忘年会

 午前10時、寝室を出ると、母も妹もいない。

 母の携帯に電話をかけると、妹が出る。ふたりして近所にマッサージにいったとき、母の調子が悪くなり、病院に駆け込んだとのこと。血圧がかなり上がっているらしい。

 1時間後にふたりしてもどってくる。とりあえず、様子を見ることにするとのこと。母の調子も悪いが、こちらの調子も悪い。妹からキャベジンをもらって、やっと胃が動き始める感じ。

 昼過ぎに戸畑SATYへ。母の買ってきたプログレッシブ「非」対応DVDプレイヤーをプログレッシブ対応プレイヤーに交換してもらう。体調が悪いので、一足先にJRで家に帰り、布団にもぐりこむ。

 午後6時、八幡井筒屋へ。東筑高校でおなじ部室だった文芸部と演劇部のメンバーが集まる「筑友会」の忘年会。今回はみよしさん、くぼたくんとおれを含めて5人が集まり、焼き鳥屋「横綱本陣」へ。

 豚バラの串を手にとるも、胃袋が豚の脂に耐え切れない。結局、しいたけの串を一本やら、おでんの大根をひとつ。乾杯の中生を一杯飲んだ後は、ひたすらウーロン茶。

 本調子ではなかったが、あれこれおもしろく話をして、午後10時ごろ解散する。

2004年12月29日

遠賀郡オフ

 日中はプラズマディスプレー正面でエアロバイクを1時間30分ほどこぐ。これはいい環境だね。

 午後5時30分、東京から妹が到着。むかしは祖父母、父母、兄弟三人と7人だった家族だが、いまは母と妹、ぼくの3人家族。

 午後6時30分、鹿児島本線で海老津駅へ。遠賀郡コミュのオフ会に乱入する。会場はマイミクのなべさんの誇りとする焼肉屋「アリラン峠」。こちらの焼肉のタレってちょっと甘めなんだな……とあらためて思う。バラエティあふれる肉を満喫。

 さらに海老津ラーメンセンターに移動。貝汁とラーメンをはぐはぐ食べる。通常の満腹度合いの1.5倍くらい。

遠賀郡オフ

 日中はプラズマディスプレー正面でエアロバイクを1時間30分ほどこぐ。これはいい環境だね。

 午後5時30分、東京から妹が到着。むかしは祖父母、父母、兄弟三人と7人だった家族だが、いまは母と妹、ぼくの3人家族。

 午後6時30分、鹿児島本線で海老津駅へ。遠賀郡コミュのオフ会に乱入する。会場はマイミクのなべさんの誇りとする焼肉屋「アリラン峠」。こちらの焼肉のタレってちょっと甘めなんだな……とあらためて思う。バラエティあふれる肉を満喫。

 さらに海老津ラーメンセンターに移動。貝汁とラーメンをはぐはぐ食べる。通常の満腹度合いの1.5倍くらい。

2004年12月28日

帰省

 午後7時に羽田空港に到着。搭乗する便は午後7時35分発なので、あまり余裕はない。余裕はないが、今回はJALのサファイアメンバーになって、初めてのフライトである。いくのである、サクララウンジに! いって、無料のビールを飲むのである!!

 あわただしくチェックインして、あわただしく荷物を預け、あわただしく手荷物検査を受け、あわただしくサクララウンジに駆け込む、あわただしくサーバーからビールを注ぎ、あわただしく飲み干す! うまい!!

 いわば、このために年内53回もJALに乗ったわけである。馬鹿馬鹿しいのは承知だが、ほんとに馬鹿馬鹿しいんだけど、おいしいなぁ。そしてあわただしく、ドアクローズ直前の福岡便に乗り込む。

 フライト中、キャビンアテンダントさんから挨拶があると聞いていたけど、ほんとに「いつもご搭乗ありがとうございます」といわれちゃったよ。

 手荷物を受け取るターンテーブルでも、自分の荷物がまっさきに出てきたよ。荷物には「DOOR SIDE」ってタグをつけられてる。噂には聞いてましたが、これですか。

 八幡駅前の実家に帰りついたのは午後11時20分。今年の夏、母は新しいマンションに引っ越している。それがどこでも母のいるところが実家である。真新しい家には55インチのプラズマディスプレー! 今回の帰省の楽しみのひとつはこれだ。

 このためにわざわざ東京から薄型PS2と新たに買い足したD端子ケーブル、まだ見ていないまま放置していたDVDを10枚くらいと、ゲームを3本持ってきている。

 それにしてもPS2のプログレッシブ出力、おそるべし! 大画面でDVDを再生してても、けっこうな絵を見せてくれるなぁ。2万円のゲームハードとは思えない。母とあれこれ話しをしながら、「ザ・デイ・アフター・トゥモロー」を一本通して見てしまった。

 持ってきた「ドラゴンクエストVIII」もさわってみたが、大画面だと違うゲームをしているみたいだね。

帰省

 午後7時に羽田空港に到着。搭乗する便は午後7時35分発なので、あまり余裕はない。余裕はないが、今回はJALのサファイアメンバーになって、初めてのフライトである。いくのである、サクララウンジに! いって、無料のビールを飲むのである!!

 あわただしくチェックインして、あわただしく荷物を預け、あわただしく手荷物検査を受け、あわただしくサクララウンジに駆け込む、あわただしくサーバーからビールを注ぎ、あわただしく飲み干す! うまい!!

 いわば、このために年内53回もJALに乗ったわけである。馬鹿馬鹿しいのは承知だが、ほんとに馬鹿馬鹿しいんだけど、おいしいなぁ。そしてあわただしく、ドアクローズ直前の福岡便に乗り込む。

 フライト中、キャビンアテンダントさんから挨拶があると聞いていたけど、ほんとに「いつもご搭乗ありがとうございます」といわれちゃったよ。

 手荷物を受け取るターンテーブルでも、自分の荷物がまっさきに出てきたよ。荷物には「DOOR SIDE」ってタグをつけられてる。噂には聞いてましたが、これですか。

 八幡駅前の実家に帰りついたのは午後11時20分。今年の夏、母は新しいマンションに引っ越している。それがどこでも母のいるところが実家である。真新しい家には55インチのプラズマディスプレー! 今回の帰省の楽しみのひとつはこれだ。

 このためにわざわざ東京から薄型PS2と新たに買い足したD端子ケーブル、まだ見ていないまま放置していたDVDを10枚くらいと、ゲームを3本持ってきている。

 それにしてもPS2のプログレッシブ出力、おそるべし! 大画面でDVDを再生してても、けっこうな絵を見せてくれるなぁ。2万円のゲームハードとは思えない。母とあれこれ話しをしながら、「ザ・デイ・アフター・トゥモロー」を一本通して見てしまった。

 持ってきた「ドラゴンクエストVIII」もさわってみたが、大画面だと違うゲームをしているみたいだね。

2004年12月27日

水炊きとテキーラ

 コミュニティ「鍋物が好き(外食系)」のオフ会……。とはいえ、参加者はとみ~*さん、宮岡寛さん、tomoさんと、昔からのしりあいばかりである。

 あんまり、オフ会っぽくない。

 今回は鶏の水炊きを食べるのが趣旨。「さかえや 恵比寿本店」で、まるで高級すき焼き店のように、お店の女の子が盛ってくれる鳥の水炊きをいただく。

 ほんとうに上品なうまさで、たまりません。

 二次会はメキシコ酒場の「ZONA ROSA」である。ミヤOH!さんオススメのテキーラ「El Jimador」を辛いトマトジュース、サングリータといっしょに飲む。こりゃうまいや!!

 さらにメキシコ道をきわめるべく、つぎにいったのはテックスメックスな「ゼスト キャンティーナ」恵比寿店。おなじみのバッファロー・チキン・ウィングや、ジャンバラヤはみなさんのお気に召した模様。

 とどめに渋谷に移動して、もう一軒。深夜1時に解散。

水炊きとテキーラ

 コミュニティ「鍋物が好き(外食系)」のオフ会……。とはいえ、参加者はとみ~*さん、宮岡寛さん、tomoさんと、昔からのしりあいばかりである。

 あんまり、オフ会っぽくない。

 今回は鶏の水炊きを食べるのが趣旨。「さかえや 恵比寿本店」で、まるで高級すき焼き店のように、お店の女の子が盛ってくれる鳥の水炊きをいただく。

 ほんとうに上品なうまさで、たまりません。

 二次会はメキシコ酒場の「ZONA ROSA」である。ミヤOH!さんオススメのテキーラ「El Jimador」を辛いトマトジュース、サングリータといっしょに飲む。こりゃうまいや!!

 さらにメキシコ道をきわめるべく、つぎにいったのはテックスメックスな「ゼスト キャンティーナ」恵比寿店。おなじみのバッファロー・チキン・ウィングや、ジャンバラヤはみなさんのお気に召した模様。

 とどめに渋谷に移動して、もう一軒。深夜1時に解散。

2004年12月26日

ラーメン「いちや」

 終日、宅内作業である。大河ドラマ「新選組スペシャル!」を横で見ながら、延々と……。

 近所の板橋SATYのはす向かいに新しいラーメン屋「いちや」が開店したため、ちょっと早めの夕食にいってみる。なんだか、東武練馬には珍しいニューウェーブ系のラーメン屋。12席程度のカウンターだというのに、厨房には5人が立っている。

「ラーメン「いちや」」の続きを読む »

ラーメン「いちや」

 終日、宅内作業である。大河ドラマ「新選組スペシャル!」を横で見ながら、延々と……。

 近所の板橋SATYのはす向かいに新しいラーメン屋「いちや」が開店したため、ちょっと早めの夕食にいってみる。なんだか、東武練馬には珍しいニューウェーブ系のラーメン屋。12席程度のカウンターだというのに、厨房には5人が立っている。

 開店のために本店からスタッフが流れてきているのだろうか。

 「いらっしゃいませ!」
 「またおこしください!」
 「洗いものお願いします!」
 「こってり醤油、入りました!」

 この手の店に多いタイプのやたら威勢がよいかけ声が店内に響き渡る店で、それはけっこうなのだが、隣の席に座っていた客の「あの追加でご飯もらいたいんですけど」の声が打ち消されていたのはご愛嬌。

 その客はラーメンを前にして、いったん席を離れ、券売機に並んでご飯のチケットを買っていた。

 ほかにも明らかに順番を抜かされた客が、不満そうにクレームをつけていた。

 オペレーションはまだまだといった感じ。

 オーダーしたのは「限定スペシャル」こってり味。鮮烈な味の強さが特徴で、まずくはないんだけど、1000円という値段に見合うかどうかは、きついところ。

 東武練馬にいままであったラーメン屋の中ではかなりいいほうだとは思うが……。

2004年12月25日

BODY AND SOUL

 朝6時ごろ、寝床に就いたのだが、10時には目が覚めてしまう。仕方がないので、作業再開。

 困ったのはインターネット回線の接続が不安定なことだ。いまやっている作業は、ネットのテキストをたくさん読み、それをもとにデータを作っていくものだが、唐突にADSLの回線が切れ、再接続されるため、リンクをクリックしても動かないことが、たびたびある。20~30分に一度ある。けっこういらいらする。

 それでも作業は進み、全体の三分の二くらいはかたづく。あと一日くらいで、ひと段落しそう。

 午後8時から、青山のジャズ・ライブハウス「BODY AND SOUL」へ。

「BODY AND SOUL」の続きを読む »

BODY AND SOUL

 朝6時ごろ、寝床に就いたのだが、10時には目が覚めてしまう。仕方がないので、作業再開。

 困ったのはインターネット回線の接続が不安定なことだ。いまやっている作業は、ネットのテキストをたくさん読み、それをもとにデータを作っていくものだが、唐突にADSLの回線が切れ、再接続されるため、リンクをクリックしても動かないことが、たびたびある。20~30分に一度ある。けっこういらいらする。

 それでも作業は進み、全体の三分の二くらいはかたづく。あと一日くらいで、ひと段落しそう。

 午後8時から、青山のジャズ・ライブハウス「BODY AND SOUL」へ。

 mixiの北九州市コミュニティで知り合ったほーせきさんとは、オフラインでも数度会い、あれこれ話しているのだが、話せば話すほど、共通の知人が多いことに驚いたりする。

 今回「いっしょにジャズを聞きに行くことにしてるんですよ」という加藤龍勇さんもそんな共通の知人である。15年くらい前、スーパーファミコンではじめて作ったRPG「レナス」そして「レナス2」のストーリーボードや設定画を大量に描いていただいた。富士見ファンタジア文庫で一冊だけ書いた小説のイラストもカピさんだった。

 7~8年、お会いしてなかったんだけど、こういう感じで共通の友人を介して会うのはおもしろい。「まぜて! まぜて!」と、強引にお願いして、まざった次第。

 久しぶりに会った加藤さん。人生の経路はいろいろあったようだけど、基本的なキャラクターは15年前の延長線上にあるわけで、話していてもすこぶる楽しい。

 会場には、おふたりのほかに、ふたりのイラストレーターさん。クリスマスのスペシャルライブということもあり、会場は大盛況。

 ジャズのライブなんて、聞くのはひさしぶりだ。

 鈴木良雄(b)
 海野雅威(pf)
 トミー・キャンベル(ds)
 植松孝夫(ts)
 リレット(vo)
 宇川彩子(tap)

 ベース、テナーサックス、ドラム、ピアノの4人に、女性ボーカルが加わったライブくらいに思っていたのだが、驚くべきは女性タップダンサーの存在。

 タップダンスでジャズをするんですよ!

 いやはや、これはおもしろかった。目で見ている足の動きと、耳で聞こえる音の数がちがうんだ。あまりにも足が速くて、おれ程度の動体視力では、動きを追うことができない。「がんばれ元気」の堀口元気でも、追えるかどうか。

 ほかのプレイヤーとのかけあいも饒舌で、ほとんど、ライブのリーサルウェポン! こんなに見て楽しいジャズライブなんて、はじめて。

 黒人ドラマーもなんか技のデパートって感じ。天井の配管は叩くは…、足元のカエルのおもちゃは踏むは…、クラクションは鳴らすは…、客席のテーブルを叩くは…、カピさんをスティックでつつくは…で、遊びまくったあげくに、決めるところはくっきり決めるかっこよさ。

 いやあ本当に楽しかった。ライブ終了後、ほーせきさんとふたりで原宿まで歩き、じゃんがらラーメン原宿店で、こぼんしゃんを食べ、山手線で池袋に移動後、解散。

東銀座→日本橋

午前10時から、桃太郎電鉄プロモーション会議のため、東銀座のハドソンへ。

正午過ぎに、Y広告社のIwさん、ライターのEgさんと、ハドソンの裏手にある「CaliCari」でカレービュッフェ、三種類のカレー、サフラン、ライス、ナン、ラッシーなど自由に食べて、1,100円。

午後1時から午後5時30分まで、「桃太郎電鉄」次回作のための打ち合わせ。

その後は、さくまさんをはじめ、スタッフぞろぞろで、日本橋に移動。「元祖仙台牛たん焼専門店 味太助 日本橋分店」にて、サービスセットをごちそうになる。

牛たんそぼろ豆腐、牛たんソーセージ、牛たん焼き、牛たんシチュー……と、牛たんのストレートフラッシュ! 麦飯にとろろをぶっかけて、お腹いっぱいの自乗である。これはうまいなぁ。TEAM KAWADAのKwさん(って、あんまりイニシャル書きの意味がないか)、ほんとにごちそうさまです。

その後、イラストレーターの土居孝幸さんといっしょに東京駅にいき、資生堂パーラーでコーヒーをごちそうになる。

東銀座→日本橋

午前10時から、桃太郎電鉄プロモーション会議のため、東銀座のハドソンへ。

正午過ぎに、Y広告社のIwさん、ライターのEgさんと、ハドソンの裏手にある「CaliCari」でカレービュッフェ、三種類のカレー、サフラン、ライス、ナン、ラッシーなど自由に食べて、1,100円。

午後1時から午後5時30分まで、「桃太郎電鉄」次回作のための打ち合わせ。

その後は、さくまさんをはじめ、スタッフぞろぞろで、日本橋に移動。「元祖仙台牛たん焼専門店 味太助 日本橋分店」にて、サービスセットをごちそうになる。

牛たんそぼろ豆腐、牛たんソーセージ、牛たん焼き、牛たんシチュー……と、牛たんのストレートフラッシュ! 麦飯にとろろをぶっかけて、お腹いっぱいの自乗である。これはうまいなぁ。TEAM KAWADAのKwさん(って、あんまりイニシャル書きの意味がないか)、ほんとにごちそうさまです。

その後、イラストレーターの土居孝幸さんといっしょに東京駅にいき、資生堂パーラーでコーヒーをごちそうになる。

2004年12月24日

神田カブール食堂

クリスマスイブの今夜はS館のIsさんと、神保町と小川町の中間にあるアフガニスタン料理店「神田カブール食堂」で、男ふたりのディナー。

カレー二種類、カライイ、カバブなどをつつく。辛い料理がなく、素材の味がしっかり楽しめるのは、うれしいね。

神田カブール食堂

クリスマスイブの今夜はS館のIsさんと、神保町と小川町の中間にあるアフガニスタン料理店「神田カブール食堂」で、男ふたりのディナー。

カレー二種類、カライイ、カバブなどをつつく。辛い料理がなく、素材の味がしっかり楽しめるのは、うれしいね。

2004年12月23日

街のゴスペルライブ

 テレビのドキュメンタリーで、ドラッグ中毒から立ち直ったニューヨークのゴスペルシンガーを見たとかいう同居人、もののけデイジーが、近所の北町商店街で、無料のチケットをもらってきた。

「ねえねえ。北町でゴスペルのクリスマス・コンサートがあるんだって、いってみる?」

 今日は家でずっと作業をしていたのだが、ちょっと詰まってきたところ。そういうことなら、いってみるか。

 会場は近所の「北町アートプラザ」だ。

 立派な名前はついているが、

「街のゴスペルライブ」の続きを読む »

街のゴスペルライブ

 テレビのドキュメンタリーで、ドラッグ中毒から立ち直ったニューヨークのゴスペルシンガーを見たとかいう同居人、もののけデイジーが、近所の北町商店街で、無料のチケットをもらってきた。

「ねえねえ。北町でゴスペルのクリスマス・コンサートがあるんだって、いってみる?」

 今日は家でずっと作業をしていたのだが、ちょっと詰まってきたところ。そういうことなら、いってみるか。

 会場は近所の「北町アートプラザ」だ。

 立派な名前はついているが、

「街のゴスペルライブ」の続きを読む »

2004年12月22日

トランジスタスタジオ忘年会

 黒伊佐錦とKIHACHIのあげぱん、そして、プレゼントを抱えて、巣鴨の「TRANSISTOR STUDIO」へ。今年、mixiで知り合ったkibunさんが社長をつとめるCG会社である。そして、今日はX'mas Partyなのである。

 午後7時スタートだけど、1時間遅れの午後8時についたら、会場は大盛況。到着してすぐに、じゅんていらーさんから、誕生日プレゼントをいただく、どうもありがとう!!

 パーティはアコーディオンの超絶生演奏などもあり、アットホームでありながら、うきうき気分。社歌ということで、RCの「トランジスタ・ラジオ」をみんなで歌ったり……。

 ビンゴをやってるとき、「穴がほげん! ほげん!」と九州のことばをいっていたら、kibunさんから、「なんか、柴尾!さんのよその地方の人が、九州弁をしゃべっとぉみたいやね」などといわれる。九州を離れて22年、故郷は遠い。

 プレゼント交換では無印良品の正月飾りをいただく。ははは。役に立つね。

 普段は会えないタイプの人と、あれこれ話しているうちに、あっという間に終電時間を過ぎる。家に帰り着いたのは、深夜2時である。

トランジスタスタジオ忘年会

 黒伊佐錦とKIHACHIのあげぱん、そして、プレゼントを抱えて、巣鴨の「TRANSISTOR STUDIO」へ。今年、mixiで知り合ったkibunさんが社長をつとめるCG会社である。そして、今日はX'mas Partyなのである。

 午後7時スタートだけど、1時間遅れの午後8時についたら、会場は大盛況。到着してすぐに、じゅんていらーさんから、誕生日プレゼントをいただく、どうもありがとう!!

 パーティはアコーディオンの超絶生演奏などもあり、アットホームでありながら、うきうき気分。社歌ということで、RCの「トランジスタ・ラジオ」をみんなで歌ったり……。

 ビンゴをやってるとき、「穴がほげん! ほげん!」と九州のことばをいっていたら、kibunさんから、「なんか、BAOH!!さんのよその地方の人が、九州弁をしゃべっとぉみたいやね」などといわれる。九州を離れて22年、故郷は遠い。

 プレゼント交換では無印良品の正月飾りをいただく。ははは。役に立つね。

 普段は会えないタイプの人と、あれこれ話しているうちに、あっという間に終電時間を過ぎる。家に帰り着いたのは、深夜2時である。

東銀座

 午前10時から、今年最後の桃鉄プロモーション会議。さまざまな報告を受けたり、年始の桃鉄USAのスポット計画を見たり、来年の新作に関する打ち合わせをしたり……。

 12時15分、Y広告社のIwさん、Ucさん、ライターのEgさんと東銀座、松竹スクエアビルの「台湾海鮮」でランチ。

東銀座

 午前10時から、今年最後の桃鉄プロモーション会議。さまざまな報告を受けたり、年始の桃鉄USAのスポット計画を見たり、来年の新作に関する打ち合わせをしたり……。

 12時15分、Y広告社のIwさん、Ucさん、ライターのEgさんと東銀座、松竹スクエアビルの「台湾海鮮」でランチ。

2004年12月21日

終日作業→池袋

 いま使っているコードレスマウスMX-1000は、充電池の残量が3段階のLCDで表示されている。

 一日中、エクセルをいじっていると、電池の減りがほんとうに早い。3つ点灯してたLCDがあっという間に2つになり、ひとつになって、あわてて充電する次第。

「終日作業→池袋」の続きを読む »

終日作業→池袋

 いま使っているコードレスマウスMX-1000は、充電池の残量が3段階のLCDで表示されている。

 一日中、エクセルをいじっていると、電池の減りがほんとうに早い。3つ点灯してたLCDがあっという間に2つになり、ひとつになって、あわてて充電する次第。

 メーカーの公称だと21日は持つはずの電池が、4、5日でなくなる感覚。

 エディターでテキストを書いてばかりだとか、ウェブをブラウズしてばかりだと、ここまでは減らないわけで、減ったLCD表示を見ると、ああ、今日は一日、エクセルに向かっていたなぁ……と、感じるわけだ。

 PhotoshopとかIllsutratorをバリバリに使っていてもやっぱり減りは早いんだろうが、職種的にそっちはあんまり使わない。

 そうやって一日中、外にも出かけず、今日はこのまま終わるかと思っていたが、午後8時ごろ、作業のめどがついたところで、友人から連絡が入り、池袋へ。

 午後10時30分から0時30分まで、「itten bar」でカチッと飲む。

2004年12月19日

しゃあしぃずin渋谷「九州」

 福岡関連のmixi仲間が集まる「しゃあしぃず」のオフ会。みやた&りえっくすという大学生コンビが幹事を務める今回の開催地は、渋谷の居酒屋「九州」である。

 この「九州」といえば、さくまあきらさん関連の交流会「笑止会」が何度か開催された場所。この場所で知り合った何人かが、いまもマイミクにいることなどを考えたら、ちょっと感無量なところもある。

 今年、交際範囲を広げてくれたmixiだが、自分にとってはそのコアともいえるメンツとの忘年会なので、そっちの意味でも感無量。

 今回も初対面のメンツが多く、たのしく居心地のいい空間で、楽しく酔っ払えた。

 麻呂さん、誕生日プレゼントありがとう! 納豆入り入浴剤にはちと、びっくりしたけれど、ぼくが旅行中のみ、使用を許可して、女房に回します。

 二次会もすっきりと飲んで、kibunさん、ほーせきさんという池袋方面部隊とタクシー帰宅。

しゃあしぃずin渋谷「九州」

 福岡関連のmixi仲間が集まる「しゃあしぃず」のオフ会。みやた&りえっくすという大学生コンビが幹事を務める今回の開催地は、渋谷の居酒屋「九州」である。

 この「九州」といえば、さくまあきらさん関連の交流会「笑止会」が何度か開催された場所。この場所で知り合った何人かが、いまもマイミクにいることなどを考えたら、ちょっと感無量なところもある。

 今年、交際範囲を広げてくれたmixiだが、自分にとってはそのコアともいえるメンツとの忘年会なので、そっちの意味でも感無量。

 今回も初対面のメンツが多く、たのしく居心地のいい空間で、楽しく酔っ払えた。

 麻呂さん、誕生日プレゼントありがとう! 納豆入り入浴剤にはちと、びっくりしたけれど、ぼくが旅行中のみ、使用を許可して、女房に回します。

 二次会もすっきりと飲んで、kibunさん、ほーせきさんという池袋方面部隊とタクシー帰宅。

2004年12月18日

ウルフギャング・パック・カフェ

 ジャンフェス開催地の幕張から、師走の賑わいでごったがえす新宿に移動。

 ぼくが大学4年生のころから、毎年12月にクリスマスパーティをやってきた。20年来の恒例行事である。メンバーはワセダミステリ・クラブの同年代のメンツ。

「ウルフギャング・パック・カフェ」の続きを読む »

ウルフギャング・パック・カフェ

 ジャンフェス開催地の幕張から、師走の賑わいでごったがえす新宿に移動。

 ぼくが大学4年生のころから、毎年12月にクリスマスパーティをやってきた。20年来の恒例行事である。メンバーはワセダミステリ・クラブの同年代のメンツ。

 毎年、だれかの家にいき、へべれけになるまで酔っ払ったあとに、カードゲームを中心にさまざまなゲームを遊び、その勝敗で、おのおの持ち寄ったプレゼント交換をする。

 今週末、名古屋からけーむらくんが上京するということもあり、急遽、開催しようということになったのだが、開催場所が決まらない。二転三転したあげくに、新宿のレストランで普通に開催することになった。

 参加したのは、けーむらくん、たかせさん、O田弁護士夫妻、K松くん。全員で6人である。

 新宿マイシティの「ウルフギャング・パック・カフェ」で食べたメニューはこんな感じ。

Crispy Calamari Fritto with Garlic Lemon Aioli; Caesar Salad Romaine, Croutons & Parmesan Cheese; Cajun Spiced Garlic Jumbo Prawn with Lemon & Herb Butter Sauce; Roasted Pork Spareribs with Chinese Black Bean Sauce; Pasta of The Day; Smoked Salmon Pizza with Red Onion & Dill Sour Cream; Pizza of The Day; American Style Apple Pie with Vanilla Ice Cream

 このあたりをみんなでシェアして、これにシャンパン1本、赤のカリフォルニアワイン1本を注文。スモークサーモンのピザはとくに好評。

 ひととおり食べ終わったところで、先日の誕生会同様、カード引きの一発勝負で、プレゼント交換。

 ぼくは低周波マッサージ器をたかせさんにあげ、クラシックなモノキュラーをいただく。

 一足さきに名古屋に帰ったけーむらくん以外の5人で、LIVING:BAR新宿で軽く飲み、解散。

ジャンプフェスタ

ハドソンブースで桃太郎電鉄USAが出展されるので、幕張メッセで開催されている「ジャンプフェスタ2005」へ。

かねてから聞いていたとおり、女性客が非常に多い。東京ゲームショウと違い、ゆったりとコマ割りをしているため、うるさすぎない、いらつかない。

ハドソンブースをみたあと、ほかのブースの様子をみたり、会場にいたたけし夫妻に会ったり。

ジャンプフェスタ

ハドソンブースで桃太郎電鉄USAが出展されるので、幕張メッセで開催されている「ジャンプフェスタ2005」へ。

かねてから聞いていたとおり、女性客が非常に多い。東京ゲームショウと違い、ゆったりとコマ割りをしているため、うるさすぎない、いらつかない。

ハドソンブースをみたあと、ほかのブースの様子をみたり、会場にいたたけし夫妻に会ったり。

2004年12月17日

池袋もつ鍋帝王

鍋コミュのとみ~さん、tomoさんと、kibunさんに教えてもらった池袋のもつ鍋帝王へ。

その後、一軒、キャバクラにいったら、誕生日のプレゼントとして、シャンパン、モエを一本ごちそうになる。

シャンパンはよくまわるね。

その後、ロフトプラスワンで菊地秀行先生のイベント「忘年怪」に参加。

池袋もつ鍋帝王

鍋コミュのとみ~さん、tomoさんと、kibunさんに教えてもらった池袋のもつ鍋帝王へ。

その後、一軒、キャバクラにいったら、誕生日のプレゼントとして、シャンパン、モエを一本ごちそうになる。

シャンパンはよくまわるね。

その後、ロフトプラスワンで菊地秀行先生のイベント「忘年怪」に参加。

2004年12月16日

東銀座→ラムしゃぶ

今日も午後1時から東銀座のハドソンで桃鉄開発会議。三連戦会議の三日目である。

会議が終了するころにやってきた、放送作家のKbさん、Y広告社のIwさんをまじえ、銀座8丁目コリドー通りの「ラムしゃぶ 金の目」へ。

「東銀座→ラムしゃぶ」の続きを読む »

東銀座→ラムしゃぶ

今日も午後1時から東銀座のハドソンで桃鉄開発会議。三連戦会議の三日目である。

会議が終了するころにやってきた、放送作家のKbさん、Y広告社のIwさんをまじえ、銀座8丁目コリドー通りの「ラムしゃぶ 金の目」へ。

2年ほど前、旭川で食べたのが、ラムしゃぶ初体験だったのだが、東京で食べられる店がないかと探して、見つけたのがここ。それ以来、人数が集まると、この店にはよく来ている。

ぐつぐつの鍋にスライスされたラムをぶち込み、タレで食べるだけというシンプルかつ、料理ともいえないような料理なのだが、ほんとにうまい。

ラム肉をお湯にくぐらせ、タレにつけて口に運ぶと、なんともいえない香ばしい薫りが口の中いっぱいに広がる。もともとヘルシーなラム肉だが、油もお湯の中に溶け出て、さらにヘルシーなのだ。

2時間の食べ飲み放題でひとり4,700円である。リーズナブルにいくらでも食べられるのが、ラムしゃぶの魅力。とことん堪能して、幸せになる。

その後、和蘭豆でさくまあきらさんたちとお茶を飲みながら、「桃鉄」の今後の展開などについて、あれこれ話す。

「ガラスの仮面(42)」

「ガラスの仮面(42)」美内すずえ著 白泉社
なんと6年ぶりに、「ガラスの仮面」の新刊が登場!

昨日購入して、池袋から東銀座に到着するまでに読了してしまったけど、ほんとにおもしろかった。なんだか、速水真澄がどんどん、ダークサイドに堕ちていくのが、ぞくぞくっとくる。

ところで、下のURLは、ガラスの仮面で検索してたときに発見した「flash」なんだけど、これは知らなかった。

スピーカーをきちんとONにして、ご覧ください。

http://yotsuba.saiin.net/~nakakita/flash/kamen.htm

「ガラスの仮面(42)」

「ガラスの仮面(42)」美内すずえ著 白泉社
なんと6年ぶりに、「ガラスの仮面」の新刊が登場!

昨日購入して、池袋から東銀座に到着するまでに読了してしまったけど、ほんとにおもしろかった。なんだか、速水真澄がどんどん、ダークサイドに堕ちていくのが、ぞくぞくっとくる。

ところで、下のURLは、ガラスの仮面で検索してたときに発見した「flash」なんだけど、これは知らなかった。

スピーカーをきちんとONにして、ご覧ください。

http://yotsuba.saiin.net/~nakakita/flash/kamen.htm

2004年12月14日

東銀座

 午後1時から、午後6時まで、東銀座のハドソンで札幌のスタッフをまじえ、「桃太郎電鉄」の打ち合わせ。

 午後6時から、ごちそうになったのは、東銀座「秋田藩」の秋田料理一式!

 とんぶりや、はたはたの一夜干し、はたはた飯寿司、しょっつる鍋、きりたんぽ、稲庭うどん……と、秋田の味のフルコース。しっかりした味わいを堪能しました。

東銀座

 午後1時から、午後6時まで、東銀座のハドソンで札幌のスタッフをまじえ、「桃太郎電鉄」の打ち合わせ。

 午後6時から、ごちそうになったのは、東銀座「秋田藩」の秋田料理一式!

 とんぶりや、はたはたの一夜干し、はたはた飯寿司、しょっつる鍋、きりたんぽ、稲庭うどん……と、秋田の味のフルコース。しっかりした味わいを堪能しました。

2004年12月13日

アルプス社がYahoo!に

 過去5年ほど、新しいバージョンが出るたびに必ず買っているソフトが「プロアトラス」シリーズだ。地図面が最高に美しく、データ豊富で使い勝手もいいので、愛用してきた。

 これだけ充実した地図アプリは日本の宝だと思う。

 そのプロアトラスを開発発売しているアルプス社が、民事再生手続きの申し立て後、ヤフーによる事業再生支援について基本合意に達したとのこと。

 その前段階の発表がちょっと興味深かった。

スポンサーとは本日現在、支援の内容について基本合意に至っており、本日中にはスポンサーの具体名を皆様に発表できる見込みです。スポンサーは、名前を聞けば皆様にもご安心いただける優良企業です。

「名前を聞けば皆様にもご安心いただける優良企業」がヤフーだったのね。

 アルプス社側が「事業再生の支援」と発表する一方、ヤフー側が「アルプス社の事業継承」と「資産、ノウハウなどの譲受を企図」としているから、どういった形で落ち着くのかはわからないんだけど……。

 どういう形であれ、来年もプロアトラスの新バージョンがしっかり出ますように! 出ますように!

アルプス社がYahoo!に

 過去5年ほど、新しいバージョンが出るたびに必ず買っているソフトが「プロアトラス」シリーズだ。地図面が最高に美しく、データ豊富で使い勝手もいいので、愛用してきた。

 これだけ充実した地図アプリは日本の宝だと思う。

 そのプロアトラスを開発発売しているアルプス社が、民事再生手続きの申し立て後、ヤフーによる事業再生支援について基本合意に達したとのこと。

 その前段階の発表がちょっと興味深かった。

スポンサーとは本日現在、支援の内容について基本合意に至っており、本日中にはスポンサーの具体名を皆様に発表できる見込みです。スポンサーは、名前を聞けば皆様にもご安心いただける優良企業です。

「名前を聞けば皆様にもご安心いただける優良企業」がヤフーだったのね。

 アルプス社側が「事業再生の支援」と発表する一方、ヤフー側が「アルプス社の事業継承」と「資産、ノウハウなどの譲受を企図」としているから、どういった形で落ち着くのかはわからないんだけど……。

 どういう形であれ、来年もプロアトラスの新バージョンがしっかり出ますように! 出ますように!

2004年12月12日

大規模お誕生会

 mixiで主催するコミュ「12月12日生まれの会」のイベント「1212大規模お誕生会」なのである。当初の参加予定は5人。12月12日生まれの奇しき縁をあたため、じっくり話すのには、ちょうどいい規模ではないか。

 午前中に、出席者のなべさんからメッセージが入る。

「近所のゴルゴさんも呼びたいんだけど……」

 5人の席なら、6人だって入るでしょう!! にぎやかなのは、よいことです。予約した店に電話をして、人数が増えたことを伝える。

「大規模お誕生会」の続きを読む »

大規模お誕生会

 mixiで主催するコミュ「12月12日生まれの会」のイベント「1212大規模お誕生会」なのである。当初の参加予定は5人。12月12日生まれの奇しき縁をあたため、じっくり話すのには、ちょうどいい規模ではないか。

 午前中に、出席者のなべさんからメッセージが入る。

「近所のゴルゴさんも呼びたいんだけど……」

 5人の席なら、6人だって入るでしょう!! にぎやかなのは、よいことです。予約した店に電話をして、人数が増えたことを伝える。

 午後2時50分、やはり出席者のoxyさんから携帯メールが入る。

「3人ほど参加する余裕あります?」

い、いや、呼んでくれるのはうれしいんだけど、当日の開催3時間前の連絡じゃなく、もうちょっと早く連絡してくれれば……。とはいえ、人数が増えるのは楽しいことである。またしても店に電話を入れる。ちょっと時間はかかったのだが、調整してくれた。

「これ以上は増えないんですよね」
「は、はい。もう増やしません」

午後6時、後楽園ラクーアの「ババ・ガンプ・シュリンプ東京」は、いい感じで混雑している。予約人数を増やせてよかったなり。

oxyさんからは15分から30分くらい遅れると連絡があったが、メンツがほぼそろったので、ゆるゆるとパーティを始める。

この時点で参加してくださったメンバーは、なべさん、クォさん、ぷーちさんのバースデー組3人と、ゴルゴさん、あつさん、chura^ ^tomo・。・さんの祝福要員である。

なにしろ、「ババ・ガンプ」なので、大好きな海老を食いまくる。

「15分から30分」遅れるといっていたoxyさんだが、なかなか来ない。連絡もない。今日は自己紹介とか、プレゼント交換とか、あれこれやろうと思っていただけに、ちょっと気を揉む。

まさか事故とは思わないが、1時間ほど経過した午後7時ごろ、「いつくるの?」というメールを送ってみると、「あと10分で着きます! ホントにごめんなさい~」とのこと。

まぁ、oxyさんとゴローさんが、現実に到着したのは、それから20分以上たった午後7時20分だったんだけどね。おつかれさまです。

さて、誕生会である。じつは「ババ・ガンプ・シュリンプ東京」を選んだのは、誕生日の人には、歌をうたって盛り上げてくれたり、お祝いのデザートを出したり……というサービスがあるためだ。

予約の際、あらかじめ、「今日が誕生日の5人が行きます」といっていたのだが、飲み食いしている最中、お店のスタッフがやってきて、「普段だったら、いちいち調べたりしないんですけど、今回、5人ということで、なにか誕生日を証明するようなものを確認させてくださいますか」とか、いわれてしまう。

疑われるのももっともなことである。おなじ誕生日の人間が、5人も集まるなんて、ふつうありえないもの……。

こんなこともあるだろうと思って、おれはわざわざ持参したパスポートを見せつける。ほかのメンバーも免許証などを見せつける。ははははは……。水戸黄門の印籠みたいなものである。それも乱れうち!

お店の人もさすがに「へへぇ」と平伏し、「いったい、どうやって集まったんですか」と聞かれてしまった。

初対面の方がふたりいらっしゃるので、自己紹介をざざっとしたあと、いよいよプレゼント交換である。誕生日以外の人もいっしょに祝えないとつまらないので、参加した9人全員のプレゼント交換となる。

あらかじめ用意しておいたトランプの1スートにあたるAからJ、Q、kまで13枚を用意し、全員に引いてもらう。数字の強いひとが、自分以外のだれかを指名して、そのひとの持って来たプレゼントをもらうというルールだ。

最強のカードを引いたともさんのもとに、おれが用意した「高級耳かき」がいく。どれくらい高級かというと値段が2,100円もする高級だ。12月12日の12を裏返して2,100円のものを用意したという次第。

いっぽうおれはoxyさんから、藤の自転車に乗ったお酒というなかなかナイスなものを……。

ちょっとおもしろかったのは、あつさんがもってきてくれた映画「オーシャンズ12」の前売り券2枚セット。なるほど、12がふたつだ!

お店のスタッフには、歌で盛りあげていただき、ソフトサンデーをごちそうになり、ポラロイドで記念撮影をしてもらい、お腹いっぱい海老を食べ、お酒を飲んで、午後9時過ぎにお開き。

充実した3時間でした。みなさん、お疲れさまでした。

2004年12月11日

ロード・オブ・ザ・リング シンフォニー

「指輪物語」を読んだのは高校1年のときだから、いまから26年前、四半世紀以上前である。文庫本がそろった前後のころだろう。母校が甲子園にでて三回戦まで勝ち進んだ夏休み、応援のバスやフェリーの中で、読みふけった覚えがある。

サンリオSF文庫が発売されるようなSFブームの時期で、おれはSFをとてもよく読んでいた学生だったのだが、「指輪物語」については、ある種、別格の「幻想小説」ってやつである一方、どこか地続きの「古典」といった存在だった。

「ロード・オブ・ザ・リング シンフォニー」の続きを読む »

ロード・オブ・ザ・リング シンフォニー

「指輪物語」を読んだのは高校1年のときだから、いまから26年前、四半世紀以上前である。文庫本がそろった前後のころだろう。母校が甲子園にでて三回戦まで勝ち進んだ夏休み、応援のバスやフェリーの中で、読みふけった覚えがある。

サンリオSF文庫が発売されるようなSFブームの時期で、おれはSFをとてもよく読んでいた学生だったのだが、「指輪物語」については、ある種、別格の「幻想小説」ってやつである一方、どこか地続きの「古典」といった存在だった。

当時の文庫版をご存知の方なら、あの活字の小ささを覚えているだろう。あんなに小さい活字の「小説」なんてほかになかった。しかも厚いページで何冊もある。

周囲のだれに聞いても読んだことがある人などいなかった。しかも、読み始めてすぐは、なじみのないホビットという種族とその生活について、延々と書かれている。いまの新訳とちがって、旧訳の文章は、かなり癖があって読みにくい。

「指輪物語」を読むことは、すなわち、チャレンジだった。本を楽しむというより、こういうものの勉強として読みはじめたといってもいいだろう。

「旅の仲間」を読み終え、「二つの塔」に読み進むころには、すっかり耽っていた。ファンタジーというよりエピック(叙事詩)の魅力にとりつかれて読み進んでいき、灰色港からの船出のあたりを読むころには、心の中に「中つ国」が生まれていた。

それから、予備校時代までは何度もくりかえして読んでいた。受験は世界史で受けたのだが、「中つ国史」という試験科目があったら、世界史よりいい点数が取れていたかもしれない。

大学に入って「指輪物語」を読む回数はめっきり減ってしまった。「シルマリルの物語」などをはさみ、最後に読んだのは、12年くらい前。30歳になるころに上梓された新訳が最後だったろう。これから「指輪」を読む人は幸せだな……と思ったものだ。

それから、「指輪物語」のことは忘れていた。いわれれば思い出すが、心の中にある「中つ国」に通じる扉は、がたついて開けにくくなっていた。

ピーター・ジャクソンの「ロード・オブ・ザ・リング」がいとも簡単にその扉を開放してくれたことは、はるか彼方にあの小説を読んだひとの多くが、うなずいてくれることだろう。

クローゼットルームにしまいこんだ「指輪物語」を引っ張り出すのが億劫で、新たにハードカバーをそろえ、すぐに読み返す。みずみずしくよみがえった世界の中に、懐かしい旧友の顔ぶれがならぶ感覚かな。

(薄々は聞いていたのだが、「指輪物語」が萌える腐女子の対象物になっていたことに、おどろきまくりもしたんだけどね)

いやもう浮かれまくって、ロケ地であるニュージーランドの大地を見たくなり、第二部「二つの塔」は日本より2ヶ月前にニュージーランド南島で見たあと、南島を旅し、第三部「王の帰還」は、ウェリントンのオフィシャルスクリーン、エンバシーシアターで見たあと、ニュージーランド北島を旅した。

そして、今日は東京国際フォーラムホールAで「ロード・オブ・ザ・リング シンフォニー」なのである。

じつは前回、8月30日のコンサートは、自分が中心になってチケットの手配をしたにもかかわらず、桃鉄USAのCMソングをうたうサイコ・ル・シェイムのライブを見るため、キャンセルして、Kdさんにチケットを譲ってしまったという、悔しい経緯がある。

そのときは、オケやコーラスがいまひとつだったという話を聞き、ちょっと複雑な気分だったりもした。

そのリベンジともいうべき、今回のコンサートだが、目玉は前回のジョン・マウチェリーから、ハワード・ショアに指揮棒が渡ったこと! つまり、サントラの作曲者自身が指揮をするのだ。

チケットは11,000円から12,000円になったのだが、今回、同行した加賀さんによれば、1,000円分は"ショア代"……とのことって、ダジャレかい。

オケも前回の寄せ集めではなくて、ロシア・ナショナル・フィル! これは期待するでしょう。

客席は中央付近だったのだが、照明音響の制御卓のすぐ前。ちょっといやな席についたと思っていたら、「ここだとうるさいので、席を移ってくださいますか」と、さらに中央よりのもっといい席に変えてくれた。しかも変更前と変更後の両方の席で、デザインの違う半券をもらえたから、うれしさ倍増!(写真参照)

コンサートはもう最高だった。ボーイソプラノが日本人の男の子たちで、カタカナ発音のエルフ語などが、ちょっときついかな……ってところももちろんあったのだけど、カチッとしたロシア・ナショナル・フィルのていねいな演奏と圧倒的な音の厚みに身震い。

「旅の仲間」から構成された第一部が終わるころには、おれ、泣いてました。

もうね。裂け谷をあとにするたびの仲間たちが、モリアの坑道、カザド・ドゥムの橋で迫ってくるバルログが、アンドゥインの大河のほとりで、絶命するボロミアがみえるんですよ。そんな映画のフラッシュバックだけじゃなくて、最初に書いたような初めて「指輪」を読んだころのこととか、ニュージーランドの大地とか、いろんなものが思い出されて、たまらないんですよ。

すごいよ、ハワード・ショア!

第二部は「二つの塔」と「王の帰還」。ソリスト、ケイティ・ヌーナンには完全にやられました。「イントゥ・ザ・ウェスト」はアニー・レノックスをしのぐでき。やっぱり泣き。スタンディング・オベーションの中で、涙をぬぐう。それにしても至福の2時間だった。

その後は加賀さんと池袋に移動。有楽町線の中で、延々とLOTRにまつわるネタ話。中つ国に生まれ変わるとしたら、だれになりたいか……とかね。サムはいやだし、ハルディアもちょっとせつないね。

加賀さんはいっしょにニュージーランド北島をうろついた旅の仲間の一人でもある。最初に声をかけたとき、「(10代の女の子とか、来るのに)こんな腐女子がいってもいいんですか」と、いわれたのも懐かしい思い出。

ニュージーランド仲間が集まるときは、羊を食うという掟があるので、池袋の「幾寅」で、ジンギスカン三昧。腸内羊濃度をとことんまで高めつつ、いろいろと濃厚な話を……。

ほんとにたのしい一日だった。

2004年12月10日

神宮前

 午後1時から、神宮前のさくまあきらさんのおたくへ伺い、夕方までモバイル版「桃鉄」に関する打ち合わせ。

 同席した井沢どんすけさんはドラクエ8を終わらせたそうだ。かかった時間は60時間とのこと。

 その後、みんなで「きばいやんせ」にいき、地鶏と焼酎をいただく

神宮前

 午後1時から、神宮前のさくまあきらさんのおたくへ伺い、夕方までモバイル版「桃鉄」に関する打ち合わせ。

 同席した井沢どんすけさんはドラクエ8を終わらせたそうだ。かかった時間は60時間とのこと。

 その後、みんなで「きばいやんせ」にいき、地鶏と焼酎をいただく

2004年12月08日

東銀座

 午前10時から、東銀座のハドソンでプロモーション会議。

 いったん昼食をとったあと、午後1時から大里上級顧問を交えてすこしこみいった打ち合わせを……。

東銀座

 午前10時から、東銀座のハドソンでプロモーション会議。

 いったん昼食をとったあと、午後1時から大里上級顧問を交えてすこしこみいった打ち合わせを……。

2004年12月07日

終日作業

宅内で終日作業!

終日作業

宅内で終日作業!

2004年12月06日

日高和彦くんを応援

 日本ウェルター級3位のボクサーの日高和彦くんを応援するために、後楽園ホールへ。

 OPBFウェルター級3位、韓国ウェルター級チャンピオンの盧錫根を相手に、2ラウンド1分53秒でKO勝ち!!

 その後、水道橋で祝勝会。さらに祝勝会で知り合った方と意気投合。帰り道に池袋により、itten barでじっくりと飲む。

 ほかにも知り合った方たくさん。いい会だった。

日高和彦くんを応援

 日本ウェルター級3位のボクサーの日高和彦くんを応援するために、後楽園ホールへ。

 OPBFウェルター級3位、韓国ウェルター級チャンピオンの盧錫根を相手に、2ラウンド1分53秒でKO勝ち!!

 その後、水道橋で祝勝会。さらに祝勝会で知り合った方と意気投合。帰り道に池袋により、itten barでじっくりと飲む。

 ほかにも知り合った方たくさん。いい会だった。

2004年12月05日

新宿「幸永」で極ホルモン

まきぞーさん、すづきさん、麻呂さん、たかせさん、りえっくすさんという5人の女性と、極ホルモンで有名な新宿の焼肉屋「幸永」二号店に行き、しこたま肉を食べる。その後、「どん底」で"どんカク"を飲み、最後はPearl Barで軽く飲む。

新宿「幸永」で極ホルモン

まきぞーさん、すづきさん、麻呂さん、たかせさん、りえっくすさんという5人の女性と、極ホルモンで有名な新宿の焼肉屋「幸永」二号店に行き、しこたま肉を食べる。その後、「どん底」で"どんカク"を飲み、最後はPearl Barで軽く飲む。

2004年12月04日

長電話

 詳述はできないが、ずいぶんと長時間、電話で話す。iアプリの「ドコモ料金案内」によれば、この日の電話料金は3,456円なり。

長電話

 詳述はできないが、ずいぶんと長時間、電話で話す。iアプリの「ドコモ料金案内」によれば、この日の電話料金は3,456円なり。

2004年12月03日

mixi「北九州オフ」

mixiで主催するコミュ「北九州シンジケート!」の初オフ会。参加してくださったのは、ほーせきさん、としなりさん、パーコ・カレンさん、なべさん。

一次会は、恵比寿の地鶏料理とおでんの店「がらく」本店。

師走の金曜日とあって、めぼしをつけた店のことごとくに断られたあと、ネットで見つけた店だったのだが、落ち着いた感じでリーズナブルなお値段。いい感じの店だった。

オフラインでの初対面はほーせきさんととしなりさん。ほーせきさんは同業の某社勤務……どころか、ほかにも接点がいろいろとあり、興味深い。としなりさんはやはりかぶった業界でのイラストレーター。ほーせきさん、としなりさんともに、オフ会そのものがはじめての体験とのこと。

二次会は「ゼスト・カンティーナ」恵比寿店。ここで遅れてなべさんが登場。翌朝は早くからゴルフだというのに、参加してくれてどうもありがとう! テキーラ・トニック3杯、テキーラ・ダブルショット2杯とか、あおりつつ、あんなことやこんなことを話す。なにしろ北九州コミュなので、博多と北九州のちがいなんかも……。

全員で乗る山手線外回りは0時前だというのに、地獄の大混雑。乗客すべてがひととしての尊厳を守るのため必死になっている空間。

ほーせきさんとはその後、池袋「itten bar」にいき、男ふたりで落ち着いた三次会。いろいろと印象深い人生を送っているほーせきさんとの会話はすこぶる楽しい。

mixi「北九州オフ」

mixiで主催するコミュ「北九州シンジケート!」の初オフ会。参加してくださったのは、ほーせきさん、としなりさん、パーコ・カレンさん、なべさん。

一次会は、恵比寿の地鶏料理とおでんの店「がらく」本店。

師走の金曜日とあって、めぼしをつけた店のことごとくに断られたあと、ネットで見つけた店だったのだが、落ち着いた感じでリーズナブルなお値段。いい感じの店だった。

オフラインでの初対面はほーせきさんととしなりさん。ほーせきさんは同業の某社勤務……どころか、ほかにも接点がいろいろとあり、興味深い。としなりさんはやはりかぶった業界でのイラストレーター。ほーせきさん、としなりさんともに、オフ会そのものがはじめての体験とのこと。

二次会は「ゼスト・カンティーナ」恵比寿店。ここで遅れてなべさんが登場。翌朝は早くからゴルフだというのに、参加してくれてどうもありがとう! テキーラ・トニック3杯、テキーラ・ダブルショット2杯とか、あおりつつ、あんなことやこんなことを話す。なにしろ北九州コミュなので、博多と北九州のちがいなんかも……。

全員で乗る山手線外回りは0時前だというのに、地獄の大混雑。乗客すべてがひととしての尊厳を守るのため必死になっている空間。

ほーせきさんとはその後、池袋「itten bar」にいき、男ふたりで落ち着いた三次会。いろいろと印象深い人生を送っているほーせきさんとの会話はすこぶる楽しい。

2004年12月02日

牡蠣ワインオフ

うさおさんの主催するオフ会に参加。原宿のサーファーズテーブルで、牡蠣とワインをしこたま飲み食い。ほかにもゴルゴさん、oyustim*さんとそのお友だち、たけしんさんと、日本産の牡蠣三種類、シアトル、オーストラリア、ニュージーランド産の牡蠣をそれぞれ一種類ずついただく。

午後7時過ぎから11時30分ごろまで、幸せに飲んでお開き。

牡蠣ワインオフ

うさおさんの主催するオフ会に参加。原宿のサーファーズテーブルで、牡蠣とワインをしこたま飲み食い。ほかにもゴルゴさん、oyustim*さんとそのお友だち、たけしんさんと、日本産の牡蠣三種類、シアトル、オーストラリア、ニュージーランド産の牡蠣をそれぞれ一種類ずついただく。

午後7時過ぎから11時30分ごろまで、幸せに飲んでお開き。

2004年12月01日

青い空

「青い空」 海老沢泰久 文藝春秋

 「美味礼賛」、「F1地上の夢」、「ヴェテラン」の海老沢泰久の新作だ。

 帯には「日本はなぜ神のいない国になったのか」とあるが、幕末の時代、社会変革の中、日本人にとって宗教と信仰は、どう変わったか(あるいは、変わらなかったか)をていねいに描いた作品である。

「青い空」の続きを読む »

「青い空」

「青い空」 海老沢泰久 文藝春秋

 「美味礼賛」、「F1地上の夢」、「ヴェテラン」の海老沢泰久の新作だ。

 帯には「日本はなぜ神のいない国になったのか」とあるが、幕末の時代、社会変革の中、日本人にとって宗教と信仰は、どう変わったか(あるいは、変わらなかったか)をていねいに描いた作品である。

 年号が明治に変わり、仏教から神道への遷移があるなか、キリシタン弾圧は新政府によっても続けられていた。支配する道具として宗教がいかに使われ、信仰が以下にないがしろにされてきたのか……。

 海老沢泰久はそれまでの諸作同様、時代と折り合いをつけられず、生真面目かつ愚直に生きる主人公を通して、環境と時代を描いていく。

「青い空」 海老沢泰久著 文藝春秋

 ドラマに勝海舟が出てきてからは、小気味よくおもしろく、700ページを越える作品を一気に読み終えた。国家神道の枠組みを作る中、天皇を現人神として祭り上げようとする新政府の思惑に対して、勝海舟はいう。

 「神などということになったら、天子の名でおこなった政治を、誤りだったと取り消すわけにはいくまい。誤った政治をどこまでもつづけていくほかなくなる」 

 通読して、自分の中にある日本人としてのメンタリティと、信仰のありかなどを見つめなおすきっかけになった。

« 2004年11月 | メイン | 2005年01月 »


カウンタ