« 「凍」 | メイン | 「cELEBRATION »

【読書】輝く断片

ちょっといろいろあって、小説を読まなければいかんのだが、それにしても、これぐらい鋭利な作品集だと、途中でやめるつもりが、くあっとえぐられて、がりっとくらって、徹夜しちまう羽目になる。

シオドア・スタージョンの短編集「輝く断片」だ。

最初の三本……、「取り替え子」、「ミドリザルとの情事」、「旅する巌」あたりは、おもしろいけが、散漫な印象もあったのだけれど、つづく「君微笑めば」あたりから、俄然おもしろくなっていき、「ニュースの時間です」で、ぶんまわされ、「マエストロを殺せ」で一度死に、「ルウェリンの犯罪」で泣かされて、「輝く断片」で、二度目の死、そして、止めを刺される。

SF色は薄く、ミステリ色の濃い作品を集めたというふれこみ。もうジャンルや格好はどうでもいいや。

読み終わって、「輝く断片」の圧倒的なイメージと叫びや、「マエストロを殺せ」の奔流のようなサウンドと苦悩をシャットダウンできなくて、困る。

輝く断片
輝く断片シオドア・スタージョン 大森 望

河出書房新社 2005-06-11
売り上げランキング : 7,176

おすすめ平均 star
star誰もが「輝く断片」を願っている
star佳作ぞろい
star胸が疼く。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
※こちらのエントリーもどうぞ。

« 「凍」 | メイン | 「cELEBRATION »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

                

最近のエントリー

カウンターetc

人気ブログランキング - ゲームの王道 atom rss2.0
total カウンタ:today カウンタ:yesterday カウンタ

Pagerank/ページランク

人気記事ランキング

Google Adsense