« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月31日

叱ってブロンド先生

 深夜TBSのバラエティ番組「叱ってブロンド先生~英会話ダメ出しバラエティ~」を見る。とりあえず単発の番組だが、民放でこのように英会話をテーマにした教養バラエティをやるのは珍しい。

 国分太一が稲川素子社長の代わりに、外人芸能事務所の社長業を勤め、英語もろくに話せないのに、所属タレントとの面談をする。difficultさえわからない状態で、辞書を引きまくっていると、リサ・スティッグマイヤー、マリエ、関根麻里といった、英語バイリンガルの"ブロンド先生"がSっ気たっぷりにいたぶる。

「叱ってブロンド先生」の続きを読む »

2006年12月30日

鉄コン筋クリート

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにてSRD鑑賞。

 やはり特筆すべきはシロ役の蒼井優だろう。アニメ映画を見ていて、これほど女優の存在感を感じるとは思いもしなかった。はかなさと強靭さをあわせもつシロを演じるのに、彼女ほどの適役はなかっただろう。

 映像もすばらしいものがあった。パイロット版から考えれば、「鉄コン筋クリート」アニメ化という長い長い作業の成果として、ほんとうに納得のいくものといってもいい。

「鉄コン筋クリート」の続きを読む »

2006年12月29日

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニーデジタル3-D

。けーむらくんと舞浜のイクスピアリに移動。高瀬美恵さん、鹿(殺)ちゃんと合流して、「レインフォレストカフェ」で、昼飯を食べ、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」ディズニーデジタル3-Dを見て、「ピエール・エルメ」で、ケーキを食べる。

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニーデジタル3-D」の続きを読む »

2006年12月28日

遅めのXmasパーティ

 28日は午後6時40分に浅草にある高瀬美恵さんのマンションへ。到着してみると、台所で忙しく料理をするまっきーさんと、高瀬美恵さん。

 もう20年以上続けているクリスマス会である。今年はクリスマスを過ぎてしまったが、毎年、クリスマスの時期に誰かの家に集まって、飲み食いして、ゲームをしてプレゼント交換をする趣向だ。

 むかしは1Kの下宿などに20人以上、集まったこともあったけれど、最近はそこまで多く集まることはない。

「遅めのXmasパーティ」の続きを読む »

2006年12月27日

極上環境フルHD体験

 門倉聡さんと南青山の「アル ソリト ポスト」で、パスタランチ。もちろんパスタはうまかったのだが、サラダバーがすばらしかった。1300円でデザート、ドリンクまでついて、ほんとに贅沢。

 そのあとは本日のメインイベントである。門倉さんのスタジオ訪問だ。「BlurayとHD DVDの再生環境を整えたので、遊びにおいで」とお誘いいただいたのだ。

 門倉さんが以前の日記で書かれていたのだが、スピーカーにEclipse5本をおごった5.1チャンネルの再生環境には興味しんしん。さらにハイビジョン映像とともにそれが堪能できる機会はめったにない。もうよだれをたらしながら駆けつけた次第。

「極上環境フルHD体験」の続きを読む »

2006年12月26日

王の男

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。 やられた! 年の瀬も押しせまって、2006年ベスト10圏内の作品だよ。

 そこはかとない韓国映画アレルギーで、この作品を見るかどうかは微妙なところだったのだが、「史上最悪の暴君に芸で挑んだ2人の男」という紹介文にまず、惹かれた。芸人が絶対的存在相手に芸で戦うという設定だけでわくわくする。

 さらにイメージ画像のイ・ジュンギを見て、素直に「お! 好みの女」と思ってしまったこと。もちろん、女でもなんでもなく女形の役なんだけどね。写真によっては、小野寺麻衣アナに近い雰囲気で、こういう顔は好みのひとつなのだ。

 しょうがない。ほれた弱みだ。観にいくしかないよね。

「王の男」の続きを読む »

2006年12月25日

プラダを着た悪魔

 ワーナーマイカルシネマズ板橋6番スクリーンでSRD鑑賞。

 スクリプトもいいし、字幕もいいと思っていたら、やはり字幕担当は松浦美奈だった。

 おれが20代の女の子のころだったら、ひたすらに興奮しまくっていただろう。そんな「ころ」はないのだけれど……。

「プラダを着た悪魔」の続きを読む »

エラゴン 遺志を継ぐ者

 ワーナーマイカルシネマズ板橋2番スクリーンにて、SRD鑑賞。

 ILMとWETAの作った映像はそれなりによくできている。ドラゴンのモデルはすばらしく、「ドラゴンスレイヤー」に始まったILM製ドラゴンの進化の到達点だ。ストーリーは類型的だが、それは定番のドラマとして、ていねいにまとめている。

 英国系微乳女優シエンナ・ギロリーは、耐えて戦うヒロインとしていい表情を見せる。

「エラゴン 遺志を継ぐ者」の続きを読む »

2006年12月24日

そんなクリスマスイブ

 ああ、やばい! このままだと、おれはクリスマスイブに家でひとり、だれとも話をしないまま、終わってしまう。

 目が覚めたときには35.9度と低かった熱だが、一進一退である。37.3度にあがったかと思ったら、36.9度に下がる。解熱剤は飲んでいないが、どんなもんでしょう。

 微熱中年と呼んでほしい。いや、呼びたくなければ、呼ばなくてもいい。

 まぁ、いいや。

「そんなクリスマスイブ」の続きを読む »

2006年12月23日

風邪は退屈だ。

 日中は寝たり起きたりしながら、本を読み、DVDを見る風邪の一日。

 夜になって、一日中家にいるのにうんざりする。だめだ。気分がふさぐ。お出かけする。駅前のココイチでホワイトスープカレーを食い、スタバでコーヒーを飲む。

 歩かなければ……というスイッチが入る。早いペースで歩くと、心臓がバクバクするので、ややゆるめのペースで歩く。

 とりあえず環七通りまで歩き、そこで引き返す。環八にあるドンキホーテで、体温計を買う。

 なんだかんだで1万歩は達成した。帰宅後、体温を測ったら、37.3度だった。微妙な熱だ。

2006年12月22日

風邪と夢

 風邪をひいた。風邪とはいってもインフルエンザとは違い、つまる鼻といがらっぽい喉、うっすらの熱の中途半端さがかえって面倒だ。

 鼻炎薬とエキナセア・ゴールデンシール、ビタミンC、亜鉛をとって寝たり起きたり……。

 エキナセアというのは、ネイティブ・アメリカンが使っていたという免疫力強化、抗感染作用効果の民間薬で、アメリカやドイツではよく使われているというもの。アメリカのドラッグストアで買っていた。

 ずるずるとでていた鼻水が、鼻炎薬でちからづくでねじ伏せられる感覚は気持ちがいい。鼻の奥から目頭あたりで、ガツンと聞いている感覚がいい。

 風邪を引いていると、へんてこな夢を見る。へんてこな夢だから、読まなくてもいいです。

「風邪と夢」の続きを読む »

2006年12月21日

神楽坂の酩酊

 仕事の打ち合わせをかねた飲み会を神楽坂の割烹で。

 午後6時から深夜1時までおなじ店で飲む。打ち合わせそのものは1時間たらずで終わる。3人で飲んでいたのだが、気がつくと焼酎「赤吉酎」の1升瓶を空け、さらにほかの焼酎を……。

 最近は焼酎をこれほど飲むことはなかったのだけれど、さすがにききまくり。

 タクシーで帰ったあと、なんだか人恋しくなった様子でまだ編集部で働く友人に電話をかけたのだが、なにをしゃべったのか、ほとんど覚えていない。ほかにも何本か電話をかけている。

 お騒がせしました。


2006年12月20日

「きじ」→「ピエールマルコリーニ」

 先述の鯨飲会誕生日パーティで、平日だってのに朝まで楽しく飲んでいた5人の男女。

 そのときに「いままで食べたお好み焼きはどれも同じようなもので、ふつうのお好み焼きと、うまいお好み焼きの違いって、わからないんですよね」などと、のたまう人が3人もいた。

 そういうことなら、TOKIAの「きじ」にいこう! 東京で関西風のお好み焼きを食べるなら、「ノロ」か「きじ」だ。「きじ」はディナータイムにはいつも長蛇の列だが、午前11時、ランチタイムの開店と同時に入れば、まったくならばず、すべりこめる。

 全員にメッセージで声をかけたら、全員が参加するというすばらしい返事。さすがに朝まで飲んでいる人はちがう。

「「きじ」→「ピエールマルコリーニ」」の続きを読む »

2006年12月17日

犬神家の一族

 新宿スカラ1にてSRD鑑賞。

 この劇場で映画を見るのは15年ぶりかもしれない。経年の重みにへたれて水平を保てなくなった座面。うしろの席で見る人を気遣い、座高を低く重心を前にして座り、映画を2時間強、観てるだけで、一朝一夕では回復できないダメージが腰に残る。

 指定席ではないから、上映前には行列を作り、座席を確保しなければいけない。カップホルダーのない座席で、ドリンクを持つ手は冷たくなる。

 シネコンとはちがう、むかしの映画館のよさを語る人もいるけれど、それは甘すぎるノスタルジーに過ぎない。

「犬神家の一族」の続きを読む »

2006年12月16日

ヴィラ・マダレナ

 昨夜に引き続き、同窓生の集会で、西麻布のポルトガル料理店「ヴィラ・マダレナ」へ。集まったのは同窓の7人。

 店内の壁面に飾られた、ポルトガル国旗にはフィーゴのサインが踊る。

「ヴィラ・マダレナ」の続きを読む »

2006年12月15日

忘年波状祝賀

 本日は同窓生で集まる忘年会。0次会と称して、まずは幹事グループが午後5時に日本橋のマンダリンオリエンタルホテルのラウンジで集まろうということになる。

 地上38階のすばらしいロケーションに男女6人で集まり、例によってバカ話をする。

 最初はカイ・ピリーニャ。二杯目にテキーラ「ポルフィデオ・アネホ」をたのもうとすると、コウジから、
「ちょっと待って……。ああ、いいか」と、声をかけられる。

「忘年波状祝賀」の続きを読む »

2006年12月14日

日本橋「はんなりや」

 セガの竹崎忠さん、たけなかさん、じんないさん、マイミクの元宮秀介さん、ひろさん、そして、新人編集のおおひらさんと、日本橋の「はんなりや」へ。

 おばんさい料理の店だ。一品一品の手のかけ方がすばらしい。日本橋だけあって、お値段はそれなりにするのだけれど……。

「日本橋「はんなりや」」の続きを読む »

スパムメール急増中

 最近のスパムの増え方はさらにすさまじく、ライブに使っている4つのメールアドレスに対して一日400~600通くらいのスパムメールが到来する。

 いろいろ使ってきた中で、最強精度のスパムフィルターだと思っているcloudmark desktopで、多くのスパムを選り分けているのだが、最近、精度が少し怪しくなってきた。メールを送ってなかなか返ってこなかったり、ccで回るメールの内容に齟齬があるので調べてみたら、スパムメールと判断され、自動処理でspamフォルダの中に投げ込まれていた。

「スパムメール急増中」の続きを読む »

2006年12月13日

AquaTune

 iPod用防水スピーカー、AquaTuneをお風呂で2日ほど使ってみた。

 いままで、防水テレビとか、防水ラジオとか、ソニーのエアボードを防水にしてとか、長風呂グッズはいろいろ買ってきた。

 防水テレビとか、防水ラジオは電波の受信状況が微妙だし、エアボード(現在のロケーション・フリー)はときどき通信が乱れたりする上に、でかくてバッテリーがなくなりやすい。防水CDプレイヤーはでかくて、1枚分の曲しか聴けないと、さまざまな制約があった。

「AquaTune」の続きを読む »

2006年12月12日

バースデー宴会

 12月12日がおれの誕生日なのは、40年以上わかりきっていたことなのだが、2006年12月12日が、うっすらさびしい誕生日になりそうなことも、しばらく前からわかっていた。

 いやもうさびしさが身にしみる師走の空の中、ひとりぼっちの誕生日を過ごすほど、マゾヒストではないので、mixiで人を募ってイベントを開催することにした。

 自分で人を募って、自分で店を予約して……と、もう祝賀マッチポンプなのだが、「座して感じる寂しさ」よりも「仕切って感じるにぎやかさ」がうれしいのだ。

「バースデー宴会」の続きを読む »

2006年12月10日

ウォーキング・デート

 やはりiPodの故障は直らなかった。修理代を調べてみると、どんな故障であっても保証期間外であれば、一律29,800円! 無体な料金体系である。ちなみにこれはHD搭載のiPodで、iPod nanoであれば、21,800円になるそうだ。

 おそるべきドンブリ勘定である。

 ちなみにiPodの購入時は49,800円だったのだが、その値段を思い出すだに、かなしくうんざりする。

 修理代を考えると、新しい第五世代iPodを買っちゃうよな。容量は60GBから30GBと半減するけれど、薄くなるのはうれしい。

「ウォーキング・デート」の続きを読む »

2006年12月09日

ダイエット結果報告会

これで2回目の決戦となるダイエット勝負の結果報告のために、LaQuaスパヘ。

メンバーはぼくのほかにMANTRAくん、高瀬美恵さん、まっきーさんだ。

温泉にはいって、それぞれの結果を報告したのだが、立ち上がりの遅かったぼくはもちろん、ほかの3人も目標に達することなく、勝者なしの結果に終わった。

もっとも大きく減量をしたのが、MANTRAくんで、10キロ以上を痩せてきた。50日で500キロを歩くなど、パワフルなダイエットをやっていた模様。

LaQua内で焼肉を食べて、健闘をたたえあい、その後、神楽坂の焼酎バーでじっくり飲んで次回の抱負をかたる。

解散後、いい気になってひとり朝まで飲んでたら、寝坊してすっかり遅刻だよ!

2006年12月07日

IE7を使って1ヶ月

 ブラウザーを日本版IE7にして1ヶ月以上たち、タブブラウザーとしてもほぼ満足して使っているのだが、やはりまだ、いくつか不具合がある。

 原因は特定できないのだが、日本語変換のIMEが二重になる現象が起きることがある。つまり、「ぼくはいんどにいく」と言うフレーズまとめて変換すると「ぼくはインドに行くぼくはインドに行く」と、なぜか二度も変換結果を吐き出してくれるのだ。これは数回あったが、IE7を終了して再度立ち上げると解消された。

 さらに突然の強制終了もなんどかある。場合によってはうっすらショックを受ける。

 Googleツールバーもインストールしているのだが、ツールバー上で文字がうまく入力できなくなったり、変換ができなくなったりする不具合もある。相性が悪いのかな。

 さらに以前も書いたけれど、「index.rdf」をrssとして、認識してくれない問題はそのままだ。

 フィードのわりきったとりまわしなど、美点も多いブラウザーだと思うけれど、案外とカスタマイズできないことなど含めて、微妙にかゆいところの残った製品だなぁ。

2006年12月06日

いまやっているダイエット

 ダイエットもきっちりはじめてから、ほぼ1ヶ月。1ヶ月で6キロ強、痩せた。分母が大きいだけに、痩せやすいのだけれど、これから飲み会も増えるし、気を引き締めて続けていこう、おれ。

 いまやっていることは、だいたい、以下の通り。

「いまやっているダイエット」の続きを読む »

2006年12月05日

八ツ沢発電所施設

 ぴろり、さんの主催する「社会科見学に行こう!」のイベントだ。

 山梨県の上野原にある東京電力「八ツ沢発電所施設」が重要文化財に指定されたという。明治後期に当時の最新の土木技術で作られ、建設当時は水力発電所として東洋一の規模を誇り、1世紀近くが経過した現在も発電所として、稼動しているという。

 とりあえず、ウォーキングのために家から成増まで歩いたあと、東上線、武蔵野線、中央線を乗り継いで、12時30分に大月へ。大月駅を降りたのは28歳のとき以来、14年ぶりだ。変わっていない……というか、そのまま古くなったような印象だ。

「八ツ沢発電所施設」の続きを読む »

2006年12月04日

思いで横丁

 ひと作業を追え、ぼちぼちウォーキングかなと思っていた日暮れどき、宮岡寛さんから「飲もうか」という呼び出しがかかる。知り合ってから15年くらい経つけれど、「飲もうか」という宮岡寛さんの誘いなら、いかねばならぬ。

 新宿西口で待ち合わせて、思いで横丁というか、しょんべん横丁へ。

 店の女の子に声をかけられるまま、「十三夜」へ。揚げニンニクだとか、一人前880円のハリハリ鍋だとかを食べる。

「思いで横丁」の続きを読む »

2006年12月03日

武士の一分

 ワーナーマイカルシネマズ板橋1番スクリーンにてSRD鑑賞。ネタバレもあり。

 もちろんラストシーンでは幸せな涙があふれたのであるが、この映画の見どころは前半から中盤にかけてだ。

 「盲目になった毒見役の武士が、妻を寝とった藩の上役と果し合いをする」というのが、ストーリーのすべてなのだが、妻の不義を知って、離縁を申しつけるまでの緻密なシナリオと繊細な描写がすばらしい。

「武士の一分」の続きを読む »

2006年12月02日

歩きの友はポッドキャスト

 土曜日は昼過ぎから歩き始める。東武練馬の家からヱスビー通りを抜け、板橋区役所付近で中山道に入り、巣鴨を抜け、不忍通りに入って、不忍池を回り、春日通りを回って、しばらく歩いたところで、タイムアウト。本郷三丁目から地下鉄に乗る。

 ほかにも歩いたりしたので、一日の総歩行距離は22.16キロ。一気にではないが、ハーフマラソン分を歩いた。ちょっと靴ずれもできる。

 最近、これだけ歩けるのはポッドキャストのおかげだ。iPodで音楽を聴きながら歩くことも多いのだが、やはり、情報系番組など肉声を聞いていたい。それでないと、間がもたないのだ。

 ではラジオは……という話もあるが、好きな番組をやっている保証がないし、歩いているときに、受信感度が落ちることもあり、そんな中でなにかを聞きそこなうと、むちゃくちゃもやもやする。

 だから、ポッドキャストなのだ。

「歩きの友はポッドキャスト」の続きを読む »

2006年12月01日

007カジノ・ロワイヤル

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにて、Pure4k鑑賞。

 映画の日の午後7時過ぎの回にいくのは、失敗だったかな。

 となりの席ではミスタードーナツを食べて、そのあと、紙袋を手遊びでかさかさ言わせている若い男。前の席には携帯電話で時間確認を何度もするサラリーマン。後ろの席では、ゴニョゴニョしゃべっている外人。

「007カジノ・ロワイヤル」の続きを読む »

« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »


カウンタ