« 大見学ナイト | メイン | 2007ベスト映画 »

【ゲーム】Wii Fit

 カテゴリーで考えると、【ゲーム】とするべきなのだろうか。それとも【健康・ダイエット】とするべきか、よくわからないが、とりあえず、げーむということで。

 Wii Fitが我が家に入ってから、20日近くだ。体重を量りそこなったのが1日だけで、1週間に5~6日は、なんらかの運動をしている。ダイエットになるかどうかでいえば、だいたい2.5キロくらいは絞れてきた。ただ、Wii Fitだけをやっていてはだめだ。食餌制限は必要だし、酒を飲むと減量が足踏みする。経験則からいって、酒席のあとは家で1時間くらいはたらたらと、1~2リットルくらい水を飲むことが大切なようだ。とにもかくにもやたらに水を飲むのが、ダイエットの秘訣である。

 Wii Fitはほんとうにすばらしい。起床後は可能であれば、30分くらいヨガをやり、昼食後、30分くらい筋トレをやり、有酸素運動やバランスゲームは可能な限りやっている。

 「ヨガ」の片足立ちのポーズなどでバランスを表示してくれるのは、ありがたいけれど、なによりトレーナーの存在がうれしい。バランスがずれたときに「足元がふらついていますよ」と声をかけてくれたり、一定の時間、静止するポーズの長さを教えてくれる。

 もちろん、ビデオやDVDでもこれに近いインストラクションはしてくれるのだけれど、自分がやるタイミングをコントローラからきめれられることがうれしいのだ。

 バランスをチェックして、点数をつけてくれるのもうれしい。難度の高い運動のポイントが一進一退を繰り返しながら、向上していくのはすばらしい。最近、WiiFitのない街中で信号待ちをしながら、片足で立っているおれがいる。

 「筋トレ」は得意なものとそうでないものがはっきりしてくる。「身体水平維持」など、最初にやったときは死ぬかと思ったが、最近はかなり長時間できるようになった。

 「バランスゲーム」は「バランススキー」、「スキージャンプ」、「ヘディング」の順でプレイしている。連続プレイをやっていると、身体がほてってくる。楽しすぎるので、くたびれるまでやっている。バランススキーの初級で21秒台の記録を出したときは、それまでのゲームとはちがう達成感があった。単に左右にバランスを切り替え、旗門をくぐっていくのではなく、適度な前傾による加重がないと加速しないし、加速したときの、左右バランスの切り替えバランスが、気持ちをハイテンションにしてくれる。

 1回やって、無理だと思った「バランスゲーム」メニューにしても、しばらくぶりにやってみると、高記録が出せるようになっている。やはり記録が伸びるというのは、なによりのご褒美だ。

 「有酸素運動」の9つのメニューはながら系のふたつと「2人でジョギング」以外はどれもよくやっている。痩せるためには効果的なものが多いのだが、「燃焼フープダンス」の10分モードは、有酸素というにはハードすぎて、しばらく使い物にならなくなる。そのうち、こともなげにやれるようになれば、おれはステージをひとつ上がれるだろう。

 一部のメニューでバランスウィーボードを使わず、Wiiリモコンのみ使うもの、それさえも使わないものもある。床の上で横たわり身体をねじるヨガ種目は器具を使わず、画面上の指示のみでやるのだけれど、こういったメニューをきちんと入れていることにも好感が持てる。

 ゲーム作りでいえば、Wii Fitの意図的な省略は興味深い。運動によって運動強度がちがう以上、それぞれで消費カロリーは異なるのは事実なのだが、あえて、カロリー計算、カロリー表示を省き、大雑把な運動時間を記録する「運動貯金」という形にダイジェストしているのが美しい。自分の感覚からいっても厳密な数字にすればするほど、運動をストレスと感じるようになる。WiiFitはそれをうまく回避している。

 その一方で踏み台昇降などでは、きっちりステップ数も計測しているし、体重をダイレクトにキログラム表示するのではなく、肥満度指数であるBMIで表示しているのが、おもしろい。BMIなら、老若男女がほぼイコールコンディションでくらべあえるのだ。数字については、表示してモーティベイションがあがるものと、下がるものをきちんと整理している。ゲーム作りのみならず、具体的な数字は人を縛る呪文になる。あらゆるものをパラメータ化しすぎるリスクを意識しているのだろう。

 きちんとベクトルをつけつつ、そこはかとない丼勘定をしているのが、よくできているのだ。

 ただ、「片足立ち」メニューの前などにでる「注意書き」がめんどうだ。Aボタンでクリアしなければならないのだが、その種目をどんなにこなしても、毎回、見せられるのは、うんざりする。SGマーク関連で必要なのかな。

 ヨガなどを効果的にやるためにヨガマットまで購入してしまったし、運動に必要なスペースを確保するために、室内をそこそこ片付ける癖がついたのはありがたい。前に買ったエアロバイクも併用している。

 ちなみに12年前に任天堂をやめた人が作っているWiiFitの先駆となるハードもあって、ちょっとやってみたいんだけどね。


 

※こちらのエントリーもどうぞ。

« 大見学ナイト | メイン | 2007ベスト映画 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

                

最近のエントリー

カウンターetc

人気ブログランキング - ゲームの王道 atom rss2.0
total カウンタ:today カウンタ:yesterday カウンタ

Pagerank/ページランク

人気記事ランキング

Google Adsense