メイン

2009年01月13日

日本インターネット映画大賞 日本映画部門

 こちらはインターネット映画大賞日本映画のベストです。今年は洋画のほうがおもしろい一年でしたが、日本映画もなかなか……。

「日本インターネット映画大賞 日本映画部門」の続きを読む »

日本インターネット映画大賞 外国映画部門

 去年も参加した日本インターネット映画大賞への応募用エントリーです。

「日本インターネット映画大賞 外国映画部門」の続きを読む »

2009年01月06日

2008年の映画ベスト10とか……。

 ということで、恒例行事になりましたベスト10とベスト20とワースト3と功労賞の発表です。今回は厳密に2008年公開というくくりで選んでみました。

「2008年の映画ベスト10とか……。」の続きを読む »

2008年12月31日

エグザイル/絆

 シネマスクエアとうきゅうでSRD鑑賞。

 男にとっては死がデフォルトだ。生はその表面に薄く塗られた属性に過ぎない。

「エグザイル/絆」の続きを読む »

アイアンマン

 三軒茶屋シネマでSRD鑑賞。

 無駄もなく、バランスも取れ、痛快無比なアメコミヒーローだった。まだまだ活躍を見ていたかった。楽しかった!!

「アイアンマン」の続きを読む »

2008年12月26日

シューテム・アップ

 DVDでみた映画はあまり紹介しないのだが、これは別格だ。すさまじくおもしろかった。マイミクさんたちが盛りあがっている理由はわかったし、劇場で見なかったのは悔いが残る。

「シューテム・アップ」の続きを読む »

2008年12月19日

ブラインドネス

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ジュリアン・ムーアもアリス・ブラガもきちんとおっぱいを出しているのに、木村佳乃だけ、出さないのはいかがなものか。

「ブラインドネス」の続きを読む »

2008年12月18日

デス・レース

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

「デス・レース」の続きを読む »

2008年12月08日

WALL・E/ウォーリー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンでSRD-EX鑑賞。

 「火の鳥 復活編」や「望郷編」を書いた手塚治虫がこれを見たら、なんというだろうか。

「WALL・E/ウォーリー」の続きを読む »

2008年11月06日

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。

 放送終了の10ヶ月後にこういう形で映画化される「仮面ライダー」があるというのは、本当に幸せなことだし、その事実だけでうれしくなってしまう。

「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」の続きを読む »

2008年11月05日

ブーリン家の姉妹

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 あはは。ここまでシンプルにわかりやすく英国国教会誕生秘話をやられると、いっそすがすがしいくらいだね。

「ブーリン家の姉妹」の続きを読む »

2008年11月04日

イーグル・アイ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

「イーグル・アイ」の続きを読む »

2008年11月03日

レッドクリフ Part1

 ワーナーマイカルシネマズ8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 「三国志」のクライマックスのひとつである「赤壁の戦い」を「男たちの挽歌」、「ミッション・インポッシブル2」のジョン・ウーが監督した作品だ。

「レッドクリフ Part1」の続きを読む »

2008年11月02日

ICHI

 ワーナーマイカルシネマズ板橋1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ポスターや予告編を見てどきどきしたよ。逆手に持った刀と綾瀬はるかを組み合わせた美しさは格別で、神々しささえあった。

「ICHI」の続きを読む »

2008年11月01日

ウォンテッド

 新宿ピカデリー10番スクリーンにてSRD鑑賞。

「ウォンテッド」の続きを読む »

2008年10月27日

IMAX版ダークナイトを日本でみたい!

 さあ、みんな、なにを躊躇している!

 大画面映画の後進国、日本をこのままにしていいと思っているのか!

「IMAX版ダークナイトを日本でみたい!」の続きを読む »

2008年10月06日

シリコンバレーを抜け駆けろ

大手企業に勤めるアンディは、マーケティング業務で成功を収めていた。そこでは地位やコネ、高い給与も保証されている。だが彼はある日、やりがいのある仕事を求めて一念発起。その会社を退職し、ラ・ホンダという最新ベンチャー研究機関に再就職した。しかし、周りからは邪険に扱われるアンディ。やがて、彼は不可能といわれる“99ドルのパソコンを作る”というプロジェクトを強制的に引き受けさせられてしまう。そして3人のダメ社員をかき集めて知恵を出し合い、ついに99ドルのパソコンを完成させるアンディだったが…。

「シリコンバレーを抜け駆けろ」の続きを読む »

2008年09月25日

デトロイト・メタル・シティ

 新宿バルト9、8番スクリーンにてSRD鑑賞。

「デトロイト・メタル・シティ」の続きを読む »

2008年09月15日

パコと魔法の絵本

 ワーナーマイカルシネマズ板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 監督の前作「嫌われ松子の一生」は隅々まで好きな作品である。

「パコと魔法の絵本」の続きを読む »

2008年09月13日

映画「クライマーズ・ハイ」を解析し語る会

 2008年、最高に印象的だった映画として、洋画なら「ダークナイト」、邦画なら「クライマーズ・ハイ」が躊躇なくあげられる。2008年はぶっちゃけ、この2本を見ておけばいい。それだけで「今年の映画は豊作だったね」と、語れるほどの密度がある。

 「ダークナイト」のクリストファー・ノーランに会って話をすることは、たいへんだけれど、「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督なら、話をきける。といっても特別なコネを使ったわけではない。オフィシャルサイトで監督自身が自作を解析する会を呼びかけていたのだ。

「映画「クライマーズ・ハイ」を解析し語る会」の続きを読む »

2008年09月02日

闇の子供たち

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてドルビーSR鑑賞。

 タイにおける「幼児の売買春、幼児の人身売買、幼児の臓器売買」という反吐が出るような「現実」を告発したフィクションだ。あたかもドキュメンタリーであるかのように、ほぼ1シーン1ショットに近いカメラワークで描いている。

「闇の子供たち」の続きを読む »

2008年08月31日

20世紀少年

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにて、SRD鑑賞。

 最近では「トリック劇場版2」とか、「大帝の剣」とか、「自虐の詩」とか、「銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜」とか、困った作品が多くて、堤幸彦という人は、燃え尽きちゃったのだと思い、「どうする? 「20世紀少年」は、堤監督で三部作なんだって! 最初でこけたら、たいへんだね」などと、いっていた自分はダメなやつです。堤幸彦はまだまだ枯れていません。

「20世紀少年」の続きを読む »

2008年08月19日

ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-

 今回、鑑賞途中で上映が途絶え、館内に明かりがついてしまった。観客の一人が外に出て、係員に連絡。5分ほどで上映は再開された。

「ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」の続きを読む »

2008年08月18日

インクレディブル・ハルク

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンでSRD鑑賞。

 これはつまり「サンダ対ガイラ」みたいな話だね。もちろんサンダやガイラはハルクのように、怒りで変身するわけじゃないけど、海外ではガイラを「グリーン・ガルガンチュア」と呼ぶわけだし、同じ血でつながった怪物が都市で戦うあたり、似ているところが多い。メーサー殺獣光線車の変わりに米軍の音波兵器が現れたときは、どきどきしたよ。

「インクレディブル・ハルク」の続きを読む »

2008年08月17日

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。

 いやあ。ヒロインがレイチェル・ワイズから、マリア・ベロに変わるだけでこんなに劣化するとは思わなかった。「サンキュー・スモーキング」や「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のマリア・ベロは魅力的だったのに……。前役に合わせて自分の髪をブロンドからブルネットに変えてしまったこともよろしくない。

「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」の続きを読む »

2008年08月16日

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」の続きを読む »

2008年08月15日

ダークナイトふたたび

 TOHOシネマズ六本木ヒルズ7番THXスクリーンにてSRD鑑賞。いやもう何度見てもすごい。

 最初に見たときの感想はこちら。今回はかなりネタバレです。

「ダークナイトふたたび」の続きを読む »

2008年08月14日

ドラゴン・キングダム

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ジャッキー・チェンとジェット・リーの競演が実現。監督は「スチュアート・リトル」シリーズのロブ・ミンコフで、ストーリーのモチーフは「西遊記」だ。

「ドラゴン・キングダム」の続きを読む »

2008年08月13日

ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発

 人生の楽しみはその夜にどんな映画を観るか考えながら、朝、寝床から起き上がることである。今日は「インクレディブル・ハルク」あたりを見ようかと思って、起きたのだが、マイミクのなかでも怪獣愛、特撮愛が顕著なマイミクさんがmixi日記で「ギララを新宿ピカデリーで観る」有志を募っていたから、名のりをあげる。人食い映画愛好家のポン子さんも手を上げているのがうれしい。

「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発」の続きを読む »

2008年08月12日

崖の上のポニョ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD-EX鑑賞。ややネタバレ気味。

「崖の上のポニョ」の続きを読む »

2008年08月08日

ダークナイト本公開

 OZの一瀬隆重プロデューサーのブログの引用だ。

「ダークナイト本公開」の続きを読む »

2008年08月05日

ハプニング

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。ネタバレを嫌うのなら読まないほうがいいでしょう。

「ハプニング」の続きを読む »

2008年08月04日

クライマーズ・ハイ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにて鑑賞。

 やばいやばいやばい! これはおもしろすぎです。

「クライマーズ・ハイ」の続きを読む »

2008年08月03日

スピード・レーサー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD吹き替え鑑賞。

 いまごろ鑑賞した。ウォシャウスキーは映画が下手だし、いまひとつおもしろくなさそうだな。アメリカでも日本でもコケたようだし……。いろんな理由で、侮っていたわけですよ。

「スピード・レーサー」の続きを読む »

2008年08月02日

ダークナイト

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにSRD鑑賞。

「うあ! ナチョス食う時間なかったよ」

 となりに座っていた若い男性客がそんなことをいった。上映時間は152分だが、シナリオ上のダレ場は一切ない。ちょっとでもほかの考えごとでもしようものなら、置いていかれるだろうし、そもそもよけいなことを考えさせるような映画ではない。

「ダークナイト」の続きを読む »

2008年07月05日

また偽装タイトルか

 自慢ではないが、ずいぶん前から、トム・クルーズとおれの女の趣味は重なっている。最初に結婚したミミ・ロジャースこそ、どうでもよかったが、オーストラリア時代から、ニコール・キッドマンは好きだったし、スペイン時代からペネロペ・クルスも好きだった。「ギフト」にちらっとでた、ケイティ・ホームスって、ちょっといいなと思っていたら、さっそく、トムと結婚しちまいやがった。トムの馬鹿。サイエントロジーはおれを不幸にするぜ。

「また偽装タイトルか」の続きを読む »

2008年07月02日

2008年前半ベスト10

 気がついたら、今年も半分終ってます。ということで、今年前半の劇場公開映画のベスト10を……。リンクはすべてこのサイトです。

「2008年前半ベスト10」の続きを読む »

2008年06月27日

イースタン・プロミス

 池袋シネリーブル1にてSRD鑑賞。

 とことん濃密な時間を堪能させてもらった。

「イースタン・プロミス」の続きを読む »

2008年06月26日

ラスベガスをぶっつぶせ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 統計を利用し、チームプレイによるカードカウンティングという手法で、ブラックジャックに挑み、ラスベガスのカジノに一泡ふかせたマサチューセッツ工科大学チームを描いた作品だ。

 数学の授業ではモンティ・ホール問題が、重要なエピソードとして紹介されていて、ちょっと楽しい。

「ラスベガスをぶっつぶせ」の続きを読む »

2008年06月22日

僕の彼女はサイボーグ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 監督と脚本は「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨンだが、資本、キャスト、スタッフは日本という意欲的な作品だ。ヒチコック、ワイルダー、ヴァーホーベン……。ハリウッドが世界の才能を呼ぶように、日本でもこういう取り組みがあることはすばらしい。

「僕の彼女はサイボーグ」の続きを読む »

2008年06月21日

ザ・マジックアワー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 今回はひょんなことから、現実の殺し屋を演じる羽目になる役者を描いているが、おなじ三谷幸喜のドラマで、役者が弁護士を演じる「合言葉は勇気」ってのがあったよね。

「ザ・マジックアワー」の続きを読む »

2008年06月20日

アフタースクール

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。

 この手の映画はネタバレに気をつけなければいけないので、さまざまな情報をシャットダウン。同監督で以前話題になった「運命じゃない人」も見ていないから、作風を知らないし、どんな役者が出るかさえ、知らずに劇場にいって正解だった。

「アフタースクール」の続きを読む »

2008年06月19日

神様のパズル

 ワーナーマイカルシネマズ板橋1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 これはおもしろかったよ。原作も読んでいるのだが、原作よりも楽しめた。

「神様のパズル」の続きを読む »

2008年06月15日

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 「ハムナプトラ」だとか、「ナショナル・トレジャー」だとか、あえていえば「ダ・ヴィンチ・コード」だとか、21世紀に通じる学者アドベンチャー・シリーズの嚆矢にして、定番の「インディ・ジョーンズ」が帰ってきたわけだから、ひたすらにうれしいことである。

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の続きを読む »

2008年06月01日

ランボー 最後の戦場

 立川シネマシティ1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 「ロッキー・ザ・ファイナル」で、ロッキーの人生にけじめをつけたスタローンが、我が内なるランボーに落とし前をつけるべくメガホンをとった作品だ。ランボーシリーズでは、意外なことにスタローン初監督作品。音楽はジェリー・ゴールドスミスが降板している。

「ランボー 最後の戦場」の続きを読む »

2008年05月21日

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」の続きを読む »

2008年05月18日

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋10番スクリーンにて鑑賞。

 予告編だけの印象では、冷戦末期、テキサス州選出の「お気楽」下院議員がひょんなことからアフガニスタンの惨状を知り、一念発起、獅子奮迅の活躍で自分とアフガニスタンを救うみたいな話かなと思っていたが、かなりちがった。

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」の続きを読む »

2008年05月15日

ハンティング・パーティ

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ボスニアで民族浄化のためにイスラム教徒を大量に殺した指導者、カラジッチ。通称フォックスと呼ばれるこの男は、旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷から戦争犯罪人指定を受けているが、セルビア人地区のどこかに潜伏。いまだにつかまっていない。

「ハンティング・パーティ」の続きを読む »

2008年05月14日

軍鶏 Shamo

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋6番スクリーンにて、SRD鑑賞。

 橋本以蔵といえば、1980年代をむやみに代表する「スケバン刑事」シリーズの橋本以蔵である。映画版は一作目も二作目も大好物です。

「軍鶏 Shamo」の続きを読む »

2008年05月13日

スパイダーウィックの謎

ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。

 むやみに壮大な話にしない。ドラマ内の時間が短い。人間関係がしっかり描かれている。伏線とその回収がはっきりしている。観客に展開を予想させつつ、カタルシスをもたらしている。美点の多いシナリオの宝石のような佳作だ。「ミスト」のようにすさんだ気持ちになる映画を見たあと、こちらを見るととにかくほっとする。

「スパイダーウィックの謎」の続きを読む »

2008年05月12日

最高の人生の見つけ方

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 作品の中で「レインマン・レイといってもいいかい」といっているように、男ふたりのバディ・ムービーにして、ロード・ムービーだ。監督はロブ・ライナーだから、感動保証済み。

「最高の人生の見つけ方」の続きを読む »

2008年05月11日

ミスト

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 原作のノヴェラ「霧」を収録したアンソロジー「闇の展覧会」が邦訳されてから26年ですか。その間、おれも<霧>のでてくるゲームのシナリオを書いたりもしたけれど、ついに映画館のスクリーンで「霧」を見られるのか。それだけでも感慨深い。

「ミスト」の続きを読む »

2008年05月10日

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋8番THXスクリーンにてSRD-EX鑑賞。

 今回はネタバレ気味のレビューです。

 どうにも苦手な樋口真嗣監督の最新作である。「ローレライ」の編集のリズム、フレーミングのラインが合わないと思っていたら、「日本沈没」では、プロットやシナリオにあきれてしまった。

「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」の続きを読む »

2008年05月06日

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 うああ! いきなりTHXロゴのようなすさまじいサウンドが流れると思ったら、レディオヘッドのギタリスト、ジョニー・グリーンウッドの奏でる圧倒的な不協和音のサントラだ。この映画、全体にサウンドがすごすぎる。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の続きを読む »

2008年05月05日

紀元前1万年

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。 今回はちとネタバレ気味です。

 そもそも淀川長治さんが解説をつとめる日曜洋画劇場で、「恐竜100万年」とか「原始人100万年」とかを見るのが大好きだった。

「紀元前1万年」の続きを読む »

2008年04月30日

フィクサー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 あらゆることにいっぱいいっぱいな大人たちが、ある事件を契機に一気に崩壊していくさまを描いた作品だ。

「フィクサー」の続きを読む »

2008年04月25日

モンゴル

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 浅野忠信が若き日のチンギス・ハーンことテムジンを演じ、アカデミー外国語映画賞にノミネートされたことでも話題の作品だ。草原の圧倒的なランドスケープとモンゴルならではのホーミーを交えた音楽が印象的だった。そのふたつともが、角川春樹が作った「蒼き狼 地果て海尽きるまで」に欠如していたものだけに、かなり対照的なアトモスフィアの作品として楽しめた。

「モンゴル」の続きを読む »

2008年04月18日

王妃の紋章

"オッパイに飲まれ溺れる最高権力"

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。

「王妃の紋章」の続きを読む »

2008年04月16日

仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

「仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」の続きを読む »

2008年04月15日

ラスト、コーション

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

「ラスト、コーション」の続きを読む »

2008年04月06日

クローバーフィールド/HAKAISHA

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 これはすごかった。絶対に映画館で見たほうがいい。

「クローバーフィールド/HAKAISHA」の続きを読む »

2008年04月03日

FANBOYS

 1998年、癌におかされ余命いくばくもない友に「スター・ウォーズ エピソード1」を見せるため、アメリカ中西部に住む4人のスター・ウォーズファンが旅に出た。彼らが目指すのはルーカスフィルムのスカイウォーカーランチ! そこに忍びこんで、友人が死ぬ前に「エピソード1」を見せようというのだ。

「FANBOYS」の続きを読む »

2008年03月26日

Sweet Rain 死神の精度

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ずるい。ほんとにずるい。富司純子は映画界のセーブ王ではないか。

「Sweet Rain 死神の精度」の続きを読む »

2008年03月17日

ノーカントリー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 アカデミー賞受賞作品とはいえ、コーエン兄弟監督のアートフィルムである。12スクリーン中、もっとも大きい8番で上映するワーナーマイカルシネマズにも驚いた。

「ノーカントリー」の続きを読む »

2008年03月16日

魔法にかけられて

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。

 劇場の予告編ではさんざん見てきた作品だったけれど、まさか、こんなにすばらしいとは思わなかった。

「魔法にかけられて」の続きを読む »

2008年03月13日

バンテージ・ポイント

 ワーナーマイカルシネマズ板橋2番スクリーンにてSRD鑑賞。

 12:23。スペインのサラマンカで開催された首脳会談に出席したアメリカ大統領が、サラマンカ広場での式典に登壇した直後、何者かに狙撃された。映画はビデオテープを巻き戻すかのように時間をさかのぼる。視点を変え、場所を変え、主人公を変え、12:00から事件へと流れる時系列の中で、浮かび上がる真相をじつにダイナミックに描いた作品。

「バンテージ・ポイント」の続きを読む »

2008年03月02日

ジャンパー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 テンポもよく、小気味よく楽しめた。

「ジャンパー」の続きを読む »

2008年02月25日

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋6番スクリーンにて、SRD鑑賞。レイトショーのスクリーンで、観客がぼく一人だけというのは、初体験だ。

「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」の続きを読む »

2008年02月24日

ライラの冒険 黄金の羅針盤

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋8番スクリーンにてSRD鑑賞。

 とりあえず、これはこれとしてきちんと楽しめた。まるで大河ドラマ総集編のようにざくざくと話が進んでいく。序盤は世界設定の説明が多いのでもたついた展開だったが、ドラマが動き出したら、心躍る世界観と映像で退屈しなかった。

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の続きを読む »

2008年02月22日

アメリカン・ギャングスター

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋<5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 なんというエキサイティングな映画だろう。なんという見晴らしのいい映画だろう。

「アメリカン・ギャングスター」の続きを読む »

2008年02月19日

ウォーター・ホース

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋2番スクリーンにてSRD鑑賞。

 つまり、「ET」だとか、「河童のクゥと夏休み」だとか、「のび太の恐竜」だとか、「遠い海から来たCoo」だとか、「REX 恐竜物語」だとか、おなじみのボーイ・ミーツ・エイリアンものである。今回、少年が出会うのはネッシー(=ウォーター・ホース)なわけだ。

「ウォーター・ホース」の続きを読む »

2008年02月18日

L change the worLd

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 映画「デスノート」2編からのスピンオフとして、Lというキャラクターを引き継いだ作品だ。時系列的には多少重なるものの「デスノート the Last name」の直後からドラマが始まる。

「L change the worLd」の続きを読む »

2008年02月17日

やわらかい手

 銀座シネパトス3番スクリーンにてSRD鑑賞。

「やわらかい手」の続きを読む »

2008年02月15日

テラビシアにかける橋

 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 先日、酒を飲みながら、若く聡明な女性と話をしたとき、「45歳の男の中には15歳から45歳まで、男のぜんぶが入っているんですよ」なんてことを話した。ちょっとちがった。「45歳の男の中には10歳から45歳まで、男のぜんぶが入っている」

「テラビシアにかける橋」の続きを読む »

2008年01月26日

アイ・アム・レジェンド

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ワーナーは、これが1964年の「地球最後の男」や1971年の「地球最後の男 オメガマン」のリメイクであることを完全に伏せてくれと要請していた。もともとマシスンの原作「吸血鬼(→地球最後の男→アイアムレジェンド)」のストーリーは価値観をダイナミックに切り替える展開だったから、そんなネタバレを防ぐためなんだろうと、思っていた。

「アイ・アム・レジェンド」の続きを読む »

2008年01月25日

AVP2 エイリアンズVS. プレデター

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにてSRD鑑賞。

 エイリアンとプレデターが戦うという無茶な話を、それなりに納得のいく設定でまとめ、エイリアン側にも、プレデター側にも、見せ場を作った前作は、非常によくできていた。ああ、おれは好きな作品だよ。

「AVP2 エイリアンズVS. プレデター」の続きを読む »

2008年01月24日

ルイスと未来泥棒

 ワーナーマイカルシネマズ板橋2番スクリーンにて、デジタル3D-SRD鑑賞。

 はじめて、フロリダのディズニーワールドにいったのは、1990年だった。イラクがクウェートに侵攻し、パパ=ブッシュが湾岸戦争へと踏み切る前だった。ユニバーサルスタジオ・フロリダやディズニーMGMスタジオが開園した直後だった。

「ルイスと未来泥棒」の続きを読む »

2008年01月23日

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

 ワーナーマイカルシネマズ板橋6番スクリーンにてSRD鑑賞。

 町にいっては王様の頼みを聞き、ダンジョンでボスを倒して、また町にもどる。そんなRPGを「お使いRPG」といってたし、さらに手取り足取り、親切にお使いのやり方を教えてくれるRPGを「盲導犬RPG」とかいっていた。「ナショナル・トレジャー」シリーズをあえて評するなら、「お使い映画」であり、「盲導犬映画」である。

「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」の続きを読む »

2008年01月22日

ベオウルフ/呪われし勇者

 ワーナーマイカルシネマズ板橋2番スクリーンにてデジタル3D-SRD鑑賞。

 毎秒144フレームの3D映像はなるほどたいしたもので、ヒゲの一本一本まで立体的に見えるのには、感心したよ。鑑賞前は、この映画のことは大雑把にしか知らなかったが、徹頭徹尾、CG映画だったのね。「シュレック」がものすごくリアルになった感じだ。もしもこれが3Dでなければ、単調な印象になったろうが、とりあえず3Dでさえあれば、冒頭の宴会シーンさえ楽しくなる。

「ベオウルフ/呪われし勇者」の続きを読む »

2008年01月20日

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

 TOHOシネマズ六本木7番THXスクリーンにて、SRD鑑賞。

 アラン・リックマンの美声は男の自分でさえ、聞いていてぞくぞくするものだけれど、歌声も絶品だった。ダーク・ミュージカル「スウィーニー・トッド」は主演のジョニー・デップの歌ばかりが注目されているが、競演者もすばらしい。ヘレナ・ボナム・カーターの触り心地のよい歌声に酔い、「ボラット」こと、サーシャ・バロン・コーエンの表現力にぞくぞくした。

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」の続きを読む »

2008年01月18日

28週後…

 TOHOシネマズ六本木5番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 ダニー・ボイルの「28日後」は、ゾンビ映画としてカテゴライズされることが多が、ゾンビ映画としてのテーストよりも"破滅もの"の印象が強い。「トリフィド時代」や「草の死」など、英国SFの風合いを感じる。なにより死んだ町並みと孤独の描写が秀逸だったこと、生き残った人間のロードムービーだったことが、"破滅もの"として必要な要素を満たしている。

「28週後…」の続きを読む »

ネットでラクラクチケット予約購入、e席リザーブでシックスワンダフリー

最近のエントリー

カウンターetc

人気ブログランキング - ゲームの王道 atom rss2.0
total カウンタ:today カウンタ:yesterday カウンタ

Pagerank/ページランク

人気記事ランキング

Google Adsense