« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月27日

イースタン・プロミス

 池袋シネリーブル1にてSRD鑑賞。

 とことん濃密な時間を堪能させてもらった。

「イースタン・プロミス」の続きを読む »

2008年06月26日

ラスベガスをぶっつぶせ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 統計を利用し、チームプレイによるカードカウンティングという手法で、ブラックジャックに挑み、ラスベガスのカジノに一泡ふかせたマサチューセッツ工科大学チームを描いた作品だ。

 数学の授業ではモンティ・ホール問題が、重要なエピソードとして紹介されていて、ちょっと楽しい。

「ラスベガスをぶっつぶせ」の続きを読む »

2008年06月22日

見学ナイトvol.12 加速器の夜

 阿佐ヶ谷のLOFT-Aで、恒例の見学ナイト。今回はスイスの4月にCERNを訪問したSAI-UNさんが撮影した画像と体験談である。

「見学ナイトvol.12 加速器の夜」の続きを読む »

僕の彼女はサイボーグ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 監督と脚本は「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨンだが、資本、キャスト、スタッフは日本という意欲的な作品だ。ヒチコック、ワイルダー、ヴァーホーベン……。ハリウッドが世界の才能を呼ぶように、日本でもこういう取り組みがあることはすばらしい。

「僕の彼女はサイボーグ」の続きを読む »

2008年06月21日

ザ・マジックアワー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 今回はひょんなことから、現実の殺し屋を演じる羽目になる役者を描いているが、おなじ三谷幸喜のドラマで、役者が弁護士を演じる「合言葉は勇気」ってのがあったよね。

「ザ・マジックアワー」の続きを読む »

2008年06月20日

アフタースクール

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。

 この手の映画はネタバレに気をつけなければいけないので、さまざまな情報をシャットダウン。同監督で以前話題になった「運命じゃない人」も見ていないから、作風を知らないし、どんな役者が出るかさえ、知らずに劇場にいって正解だった。

「アフタースクール」の続きを読む »

2008年06月19日

神様のパズル

 ワーナーマイカルシネマズ板橋1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 これはおもしろかったよ。原作も読んでいるのだが、原作よりも楽しめた。

「神様のパズル」の続きを読む »

2008年06月15日

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 「ハムナプトラ」だとか、「ナショナル・トレジャー」だとか、あえていえば「ダ・ヴィンチ・コード」だとか、21世紀に通じる学者アドベンチャー・シリーズの嚆矢にして、定番の「インディ・ジョーンズ」が帰ってきたわけだから、ひたすらにうれしいことである。

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の続きを読む »

2008年06月14日

あした~愛の名言集

 紀伊国屋ホールにて、「下町ダニーローズ」の公演「あした~愛の名言集」を鑑賞する。「下町ダニーローズ」は、シネマ落語でおなじみの立川志らくが率いる劇団だ。シネマ落語については以前、けーむらくんに教えてもらっていたので、迷わず声をかける。また、同窓会で集まったゆき男くんとミネンコくんも当日券で観劇した。

「あした~愛の名言集」の続きを読む »

2008年06月02日

ROME

 DVD化されてのんびりとチェックしていたのが、総制作費は200億円以上といわれたテレビドラマシリーズ「ROME」だ。

「ROME」の続きを読む »

2008年06月01日

ランボー 最後の戦場

 立川シネマシティ1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 「ロッキー・ザ・ファイナル」で、ロッキーの人生にけじめをつけたスタローンが、我が内なるランボーに落とし前をつけるべくメガホンをとった作品だ。ランボーシリーズでは、意外なことにスタローン初監督作品。音楽はジェリー・ゴールドスミスが降板している。

「ランボー 最後の戦場」の続きを読む »

« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »


カウンタ