メイン

2010年01月06日

アバターIMAX3D吹き替え版

 2回目のIMAX3D「アバター」を109シネマズ菖蒲でみる。川崎よりも菖蒲の方が新設館ならではのよさがある。これで日本のIMAX3D「アバター」上映館の50%を制覇した。って、全部で4館しかやってないのだけれど……。

「アバターIMAX3D吹き替え版」の続きを読む »

2010年01月04日

2009年ベスト10 ベスト20 ワースト3

 恒例のベスト10とベスト20とワースト3の発表です。

「2009年ベスト10 ベスト20 ワースト3」の続きを読む »

2009年12月26日

The 4th Kind フォース・カインド

 ワーナーマイカルシネマズ板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 アラスカ州北西部の町ノームで、つぎつぎに起きる奇怪な事件を追体験させる映画だ。「未知との遭遇」は第三種接近遭遇という意味の原題だったが、こちらは原題どおり、(宇宙人)との第四種接近遭遇の話である。

「The 4th Kind フォース・カインド」の続きを読む »

2009年12月23日

アバター

 109シネマズ川崎7番スクリーンにてIMAX3D鑑賞。

 すさまじい映画である。圧倒的である。奔流のように溢れでるイメージに2時間38分があっという間であった。なによりも劇映画として3Dであることのすばらしさをとことん堪能した。この映画を観るのであれば、絶対に3Dで観るべきであるし、可能なかぎりIMAXシアターにいき、視覚と聴覚を全開にして豊かな情報量を浴びる必要がある。

「アバター」の続きを読む »

2009年12月22日

パブリック・エネミーズ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにてSRD鑑賞。

 権力者や資産家からは奪うけれど、庶民の金には手をつけない。木で作った拳銃でみごとに脱獄成功。誰もが苦しい生活をしていた大恐慌時代のアメリカで大衆のヒーローとして、マスコミに祭りあげられた強盗、ジョン・デリンジャーをジョニー・デップが演じた作品だ。

「パブリック・エネミーズ」の続きを読む »

2009年12月20日

アサルトガールズ ASSAULT GIRLS

 テアトルダイヤ2番スクリーンにてSRD鑑賞。

「アサルトガールズ ASSAULT GIRLS」の続きを読む »

2009年12月18日

マイマイ新子と千年の魔法

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 放課後、日が暮れるまでの長かった時間。となり町への遠かった距離。そんな子どものときの豊かな時間や、果てしない空間をアニメ映画を見ていて感じられるとは思わなかった。

「マイマイ新子と千年の魔法」の続きを読む »

2009年12月14日

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 おぞましいクソ映画だった。それは冒頭にいきなり「原案 石原慎太郎」と出るからでもない。ご都合主義が横溢してるからでもない。松本零士がいないからでもなければ、ささきいさおが歌っていないからでもない。宮川泰の曲が一部でしか使われず、いまさらなクラシックばかりが流れるからでもない

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」の続きを読む »

2009年12月10日

カールじいさんの空飛ぶ家

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにてReal D吹き替え鑑賞。

「カールじいさんの空飛ぶ家」の続きを読む »

2009年12月08日

脳内ニューヨーク

 シネマライズ2FにてSRD鑑賞。

 「マルコビッチの穴」や「エターナル・サンシャイン」が好きで、その脚本家、チャーリー・カウフマンが自作を監督したというから、楽しみにいってみたら、つくづくひどい作品だった。ひどいというのは作品の完成度を指すものではない。なにか作ろうとして、それがたまたま仕事になってしまった人間にとって、むちゃくちゃ残酷で果てしなく憂鬱なひどい映画ってことである。

「脳内ニューヨーク」の続きを読む »

2009年12月03日

ニュームーン/トワイライト・サーガ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ヒロインのクリステン・スチュワートだけ見ていたら、130分だってへっちゃらだい。もし、クリステン・スチュワートに魅力のかけらも感じなかったら、拷問にもひとしい130分だったろうな。

「ニュームーン/トワイライト・サーガ」の続きを読む »

2009年11月29日

パイレーツ・ロック

 新宿武蔵野館1番スクリーンにてSRD鑑賞。武蔵野館は空調ノイズがけっこう気になるね。

 映画には二種類ある。童貞が童貞を卒業する映画と童貞が童貞のままでいる映画だ。

「パイレーツ・ロック」の続きを読む »

2009年11月27日

パンドラの匣

 テアトル新宿にてSRD鑑賞。

 太宰治原作として、すがすがしく、完成度の高い青春映画であった。

 終戦の詔勅の最中に喀血して戦後を人里離れた結核療養所で過ごす若者が主人公だ。この療養所というのが独特な空間だ。「健康道場」と称する。患者も職員も全員があだ名で呼び合う。療養の中心は皮膚へのブラシ「摩擦」と屈伸だ。

「パンドラの匣」の続きを読む »

2009年11月25日

ゼロの焦点

 ワーナーマイカルシネマズ板橋1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 後半はかなりいい。犬童一心監督作品の中でも出色のテンションで、映画ならではのサスペンス演出をきかせている。その一方で前半がかなりぐだぐだだ。時代と状況、キャラクターの逐次説明に過ぎず、退屈である。

「ゼロの焦点」の続きを読む »

2009年11月23日

2012

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 ローランド・エメリッヒというジャンル映画の中では、もっともよくバランスが取れ、もっとも楽しめる作品だったのではないか。エメリッヒはインタビューに答えて、これが最後のディザスター・ムービーといっているが、こんなところで打ち止めにせず、もっともっと、地球を壊していただきたいものである。

「2012」の続きを読む »

2009年11月21日

イングロリアス・バスターズ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。

 「ベンジャミン・バトン」とか、「バーン・アフター・リーディング」とか、今年まとまって公開された、ブラッド・ピット映画の中で、抜群にいいね。

「イングロリアス・バスターズ」の続きを読む »

2009年11月18日

THIS IS IT

 新宿バルト9、9番スクリーンにてDLP鑑賞。

 近所のシネコンではなく、IMAXとか、立川シネマシティとかで見たくて、ぐずぐずしていたので、なかなか見られなかった。バルト9のDLPの絵と音は、とてもよかったよ。

「THIS IS IT」の続きを読む »

2009年11月16日

ウォーロード/男たちの誓い

 BDで鑑賞。

 うああああ。これは映画館で見逃したことをものすごく後悔するような内容だ。日本公開時には香港版より短縮され、最後にALFEEの曲がつくというひんしゅくものだったそうだが、それでも大スクリーンでこれを見たかった。

「ウォーロード/男たちの誓い」の続きを読む »

2009年11月14日

きみがぼくを見つけた日

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてDTS鑑賞。

 いやあ、レイチェル・マクアダムスはいいねぇ。「きみに読む物語」、「パニック・フライト」、「消されたヘッドライン」、そして、「きみがぼくを見つけた日」ですか。どれもすばらしい作品だ。イギリス系血統の女優としてはかなりツボに入るタイプだ。

「きみがぼくを見つけた日」の続きを読む »

2009年11月12日

お と  なり

 知人が関わった映画なので、リリースされたばかりのDVDをこっそりと見て、趣味が合わなかったら、しれっとしているつもりだったけど、これはすばらしい映画だった。

 脚本、撮影、配役、編集のどれもすばらしい。

「お と  なり」の続きを読む »

2009年11月10日

母なる証明

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 「最終兵器マザー」とか、「オモニネーター」とか、そういうタイトルがついていてもおかしくない。女子高生殺人の容疑でつかまった息子の無実を信じる母親の姿を描いたドラマだ。宣伝文句では、ヒューマンドラマなんてなまっちょろいことが書かれているが、それどころではない。

「母なる証明」の続きを読む »

2009年11月08日

スペル

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。

 スパイダーマン三部作を終え、ホラーに帰ってきたサム・ライミの会心作だ。アメリカの映画館で見たら、最高に盛り上がったろうと思えるんだけど、日本の映画館で見ても十分におもしろい。

「スペル」の続きを読む »

2009年11月05日

7つの贈り物

 いまさらウィル・スミスで「幸せのちから」みたいな映画は気が進まないと思って、劇場公開時は見逃してしまった。BDレンタルで鑑賞。

「7つの贈り物」の続きを読む »

2009年10月31日

沈まぬ太陽

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。

 休憩10分がはさまれる3時間22分という長尺の作品だが、長大な原作を映画化するにはそれでも足りなかったというのが正直なところ。とはいえ、最初から最後まで退屈することなく、楽しませてもらった。ちなみに休憩が入る日本映画は「愛のむきだし」以来かな。

「沈まぬ太陽」の続きを読む »

2009年10月26日

ATOM

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD吹き替え鑑賞。

 21世紀の手塚治虫原作映画の中ではもっともよい作品ではないだろうか。

「ATOM」の続きを読む »

2009年10月17日

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 きわめてよくできている映画で、つまり太宰治世界を21世紀に描くとしたら、このようになるというお手本のようだ。沢木耕太郎の「檀」が放蕩の作家、檀一雄を妻の立場から描いたのを思い出すが、死ぬ死ぬ詐欺系文壇モテモテくず男の姿をその妻を軸にして描いた作品だ。

「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」の続きを読む »

2009年10月13日

エスター

 ワーナーマイカルシネマズ板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ハリウッド・シナリオの完成された定石にしたがって構成された手堅いサスペンスだ。カナダのケベック州、オンタリオ州などで撮影されているのは、優遇税制のおかげだ。

「エスター」の続きを読む »

2009年10月09日

空気人形

 ユナイテッド・シネマとしまえん9番スクリーンにて鑑賞。

 孤独なのだ。ダッチワイフとともに生活する孤独。話し相手さえいない孤独。過食する孤独。老いる孤独。貧しさ、喪失、コンプレックス、自分が孤独であることを知っている。その孤独をもてあましている。

「空気人形」の続きを読む »

2009年10月07日

女の子ものがたり

 角川シネマ新宿、シネマ2にてSRD鑑賞。

 かなりの映画だった。西原理恵子作品の真摯な映画化作品としても、しっかりとした手触りが感じられる。なによりも少女版の「スタンド・バイ・ミー」であり、少女版の「グローイングアップ」であり、少女版の「青春の門」でもある。

「女の子ものがたり」の続きを読む »

2009年09月29日

しんぼる

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 変わったことをやろうとした挙句、凡庸以下になってしまったコントもどき作品。何ヶ所か笑えるところはあるのだけれど……。

「しんぼる」の続きを読む »

2009年09月22日

カムイ外伝

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンでSRD鑑賞。

 作品のフォーマットとしてのエピックとして成立させるべきなのだが、エピックに必要なキャラクターの創造や世界の構成に欠いているため、アンバランスで退屈な作品になってしまった。

「カムイ外伝」の続きを読む »

2009年09月17日

トランスポーター3 アンリミテッド

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 いやはやひどい映画だった。キャラクターが命のリュック・ベッソン脚本製作映画なのに、ヒロインに魅力なし、ヒーローのキャラはぶれまくっている。敵キャラはバカばっかりで、見るべきところがない。

「トランスポーター3 アンリミテッド」の続きを読む »

2009年09月16日

TAJOMARU

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにてSRD鑑賞。

 「GOEMON」とか「RED SHADOW」とか「GOJOE(五条霊戦記)」、「SHINOBI」とか、ローマ字タイトルの時代劇にろくなものはないというのは、もはや常識なのである。

「TAJOMARU」の続きを読む »

2009年09月15日

IMAXでダークナイト

 人生の懸案のひとつがついに解消されるときが来た。

 そう、「ダークナイト」だ。ハイライトシーンをIMAXカメラで撮影し、IMAXの巨大スクリーンで堂々たる映像を披露した「ダークナイト」をIMAXで見るのだ。

「IMAXでダークナイト」の続きを読む »

2009年09月13日

ダウト ~あるカトリック学校で~

 Blu-rayにて鑑賞。

 すばらしい。1964年、ブロンクスのカトリック系の学校を舞台にした地味な話であるにもかかわらず、ぐいぐいと引き込まれていき、身じろぎもできなくなった。

「ダウト ~あるカトリック学校で~」の続きを読む »

2009年09月11日

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

 ワーナーマイカルシネマズ板橋1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 全編、ヒュー・ジャックマン、プロモーション映画である。南北戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦、ベトナム戦争と、数々の戦争に参加するウルヴァリンの過去が冒頭でいきなり提示される。ほとんど、150歳くらいだったんですか、あなたは……。

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の続きを読む »

2009年09月09日

BALLAD 名もなき恋のうた

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD-EX鑑賞。

 「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の実写映画化としては可能なかぎりがんばっていたのではないか。

「BALLAD 名もなき恋のうた」の続きを読む »

2009年09月06日

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗

 新宿バルト9 9番スクリーンにてSRD鑑賞。

 原作連載終了時、決着のさせ方でいろいろと文句をつけられた原作者ふたりの落とし前につき合わされたような作品だった。

「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」の続きを読む »

2009年09月03日

3時10分、決断のとき

 新宿ピカデリー8番スクリーンにて、SRD鑑賞。

 ラッセル・クロウのウェスタンといえば、「クイック&デッド」が思い出されるが、あのときよりもさらにスキルアップしたガンアクションを見せてくれのがうれしい。

「3時10分、決断のとき」の続きを読む »

2009年09月02日

アマルフィ 女神の報酬

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 この映画のツッコミどころについては、「破壊屋」さんが紹介していることにつけくわえるものはない。

「アマルフィ 女神の報酬」の続きを読む »

2009年09月01日

96時間

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番スクリーンにてSRD鑑賞。

 リュック・ベッソン脚本・制作作品の多くと同様、シンプルなキャラクターアクション映画だ。ロサンゼルスに住む娘がパリに旅立ち、拉致されるまでは、非常によくできている。

「96時間」の続きを読む »

2009年08月25日

ハリー・ポッターと謎のプリンス

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 「スター・ウォーズ」や「ロード・オブ・ザ・リング」にくらべて、「ハリー・ポッター」への愛情は乏しいことは何度か書いた。それでも見続けているのは、エマ・ワトソンのハーマイオニーがいるからなのだが、やっぱり、ハーマイオニーはいいね。海外のゴシップサイトで見るドレス姿のエマよりも、映画のカジュアルなハーマイオニーはいい。

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の続きを読む »

南極料理人

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンでDTS鑑賞。

 南極ものはわりと好きで、南極料理人関係では、この映画の原作者の本だけでなく、小堺一機の父親の本なども読んでいたから、企画としてはとても筋のいい映画だと思った。極地という環境はもちろん、地球上で日本から一番遠いところにいる男たちの人間模様はそれだけでも、刺激に満ちている。

「南極料理人」の続きを読む »

2009年07月12日

ディア・ドクター

 池袋HUMAXシネマ4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 みごとな作品だった。「ゆれる」の西川美和の監督・脚本作品だが、「ゆれる」をさらにしのぐ完成度だ。「ヱヴァ:破」や「愛のむきだし」をおさえて、今年の日本映画のベスト1だ。

「ディア・ドクター」の続きを読む »

2009年07月07日

MW-ムウ-

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。 ネタバレ気味です。

 でたらめな映画だ。読解力がない人が脚本を起こし、映画を知らないテレビ局社員が監督をしている。

「MW-ムウ-」の続きを読む »

2009年06月29日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD-EX鑑賞。

 前作、序を見たあとにこういうことを書いた。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の続きを読む »

真夏のオリオン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋6番スクリーンにてSRD鑑賞。

「亡国のイージス」、「終戦のローレライ」と続いた福井晴敏関連の潜水艦映画の中で、もっとも楽しめた。

「真夏のオリオン」の続きを読む »

2009年06月24日

剱岳 点の記

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 明治時代末期、日露戦争直後の時期、陸軍参謀本部陸地測量部(現在の国土地理院)によって立山連峰で実際に行われた山岳測量を描いた作品だ。

「剱岳 点の記」の続きを読む »

2009年06月23日

ザ・スピリット

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 「300」、「シン・シティ」のコミック・アーティスト、フランク・ミラーの単独監督デビュー作だ。映画「シン・シティ」では、ロバート・ロドリゲスと共同監督していたよね。

「ザ・スピリット」の続きを読む »

2009年06月08日

ターミネーター4

 ワーナーマイカルシネマズ戸畑1番スクリーンでSRD鑑賞。

 「ターミネーター4」である。大好きな「チャーリーズ・エンジェル」、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」のMcG監督である。それはもう楽しみにしていたさ。されども、だけれども、世の中にはびこる「中二病」映画の感染力はすさまじく、「ターミネーター」まで、中途半端な自分探し映画になってしまった。

「ターミネーター4」の続きを読む »

2009年06月02日

ラスト・ブラッド

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにてSRD鑑賞。うっすらネタバレ。

 なっちゃいない映画である。「少女が長命であること」、「組織が少女に血を運んでいること」、「少女の父親はオニゲンといわれるボスキャラに殺されたこと」いろんな設定はくどいほどしつこく口で説明されているのだが、映画として本当に必要なことばが圧倒的に足りない。

「ラスト・ブラッド」の続きを読む »

2009年06月01日

スター・トレック

 新宿バルト9、8番スクリーンにてSRD鑑賞。

 自分が映画館のスクリーンで見たいものが、すべて入った映画である。生きてこの目で見られてよかった。

「スター・トレック」の続きを読む »

2009年05月26日

フリードキンの時代

 ウィリアム・フリードキンのひさしぶりの映画「BUG/バグ」のDVDをみる。

 舞台劇の映画化だそうだが、妄想の中の虫に苛まれる男。そして、その妄想が孤独な女(アシュレー・ジャッド)にも伝染し、エスカレートしていくドラマだった。「エクソシスト」の悪魔の代わりに、存在しない虫が暴れまわるような精神の密室劇で、おもしろい。みようによっては愛と救済の奇怪なコメディのようにも思える。

 興味深い映画だったけれど、個人的におもしろかったのは、収録されていたフリードキンへのインタビューだった。

「フリードキンの時代」の続きを読む »

セブンティーン・アゲイン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 だって、中年が十代に若返っちゃうんだよ。「40歳の童貞男」同様な男性向けコメディ映画かと侮っていたが、そんなことはない。じつはお父さんが好きな"少女"たちに向けたよくできたラブストーリーであった。(この"少女"の範囲は広い)

「セブンティーン・アゲイン」の続きを読む »

2009年05月24日

消されたヘッドライン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 これはおもしろかった! 「ラスト・キング・オブ・スコットランド」のケヴィン・マクドナルド監督作品だが、脚本陣もすごい。「キングダム/見えざる敵」のマシュー・マイケル・カーナハン、「ボーン」シリーズのトニー・ギルロイ、「アメリカを売った男」のビリー・レイという強力なメンツが作りこんだシナリオをじっくり堪能できた。

「消されたヘッドライン」の続きを読む »

2009年05月23日

DVD鑑賞作品短評2

 このシーズンは近所のシネコンの上映ラインナップが乏しいなぁ。12スクリーンあってもこんなものか。 ということで、DVDでみた新作映画の短評を……。

「DVD鑑賞作品短評2」の続きを読む »

2009年05月17日

鈍獣

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 2004年にPARCO劇場で上演され、岸田戯曲賞をとった作品だそうだ。浅野忠信、北村一輝、ユースケ・サンタマリア、真木よう子、南野陽子、佐津川愛美というキャストはなかなか豪華だ。

「鈍獣」の続きを読む »

天使と悪魔

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 なーんだ。トム・ハンクス、CERNにいってないじゃねーか。原作とは微妙にちがい、ラングドンの依頼主がCERNではなく、バチカン警察になったため、CERNのあつかいは軽くなってしまった。

「天使と悪魔」の続きを読む »

2009年05月04日

チェイサー

 ユナイテッドシネマとしまえん2番スクリーンにてSRD鑑賞。

 映画を通して、日本、アメリカ、イギリス、フランス、香港など、いろんな警察を見てきた。民族や国はちがっても捜査活動にはある程度のルールがあるものと思っていた。もちろん、行き過ぎや汚職もあるが、現代の民主主義の国の警察なら、人権や科学捜査に共通するものはあるはずだ。

「チェイサー」の続きを読む »

2009年05月02日

GOEMON

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 江口洋介でアクション映画というのを聴いて、あんちゃん、大丈夫かと思ったが、意外なくらいにはまっていた。そこはOK。でもOKなのは、そこだけ。

「GOEMON」の続きを読む »

新宿インシデント

 ワーナーマイカルシネマズ板橋6番スクリーンにてSRD鑑賞。

 すばらしい。この映画の中で不要な部分は竹中直人の悪目立ちだけで、あとはフィルム・ノワールのスタンダードに乗った男泣き映画である。

「新宿インシデント」の続きを読む »

2009年05月01日

鴨川ホルモー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 可もなく不可もなしといった実写版「ゲゲゲの鬼太郎」の監督作品ということで、ちょっと気がのらなかったが、人の生き死にレベルではない青春グラフィティ仕立てで、好感の持てる作品だった。

「鴨川ホルモー」の続きを読む »

2009年04月30日

ボーダータウン 報道されない殺人

 DVDにて鑑賞。

 ジェニファー・ロペス、アントニオ・バンデラス、マーティン・シーンといった面々がでていながら、アメリカでの劇場公開がみおくられた問題作。劇場では未見だったが、社会派映画としてなかなかの作品だった。

「ボーダータウン 報道されない殺人」の続きを読む »

2009年04月27日

ミルク

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。

 主人公のハーヴェイ・ミルクは「ゲイであることを公表した人として初めて合衆国の大都市の公職に選ばれた」人である。ぼくもストリームのポッドキャストの町山智浩の回で聴くまで、知らなかった。それまで漠然とサンフランシスコやキーウェストみたいにゲイにやさしい町は、旅人にもうれしい町であると思っていたが、その背後にはこういう歴史があったのだ。

「ミルク」の続きを読む »

グラン・トリノ

 ワーナー・マイカルシネマズ板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 男なら全員、見るべき映画だ。前作の「チェンジリング」もよかったけれど、これはもう別次元の映画だ。

「グラン・トリノ」の続きを読む »

レイン・フォール/雨の牙

 ワーナーマイカル・シネマズ板橋6番スクリーンにてSRD鑑賞。

出版されるやいなや、全世界でベストセラーとなったハードボイルド小説「雨の牙」を映画化したサスペンス・エンターテインメント。日系アメリカ人の殺し屋が、ある暗殺計画の依頼を受けたことで政権汚職と利権をめぐる陰謀に巻き込まれていく姿を描く。監督は、『トウキョウソナタ』の脚本を手掛けたオーストラリア出身の新鋭マックス・マニックス。椎名桔平を主演に、ゲイリー・オールドマン、長谷川京子、柄本明らが共演。東京を舞台に日英の演技派が激突するスリリングなドラマに注目。 CinemaCafeより

「レイン・フォール/雨の牙」の続きを読む »

バーン・アフター・リーディング

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ジョージ・クルーニー、フランシス・マクドーマンドといったコーエン組の常連役者にジョン・マルコヴィッチやブラッド・ピット、ティルダ・スウィントンといった豪華キャストが加わった作品だ。現代のスクリューボール・コメディともいうべき、ややこしい恋愛模様になんちゃって国際謀略が加わる。

「バーン・アフター・リーディング」の続きを読む »

2009年04月20日

おっぱいバレー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 北九州市出身者として細かいことをいえば、戸畑三中といっているのに、校庭からは関門橋が見えたり、若戸大橋が見えたり、花尾山が見えたりするのはへんてこである。綾瀬はるかが利用する電車は西鉄ではなく筑豊電鉄そのまんまだし、学校付近の景色が若松側からのものや皿倉山麓からのものになったりする。バレー部のランニングルートはどう見たって筑豊界隈だし、八幡西区の萩原電停とその周囲なんて、ほとんどそのまま使われている。戸畑らしいビジュアルといえば、提灯山笠くらいしかなかったり、戸畑の子が若松にある高塔山にいこうとかいうのかなとか、いろいろおかしいのだけれど、まあ、映画であるから、それはどうでもいい。

「おっぱいバレー」の続きを読む »

2009年04月19日

スラムドッグ$ミリオネア

 ワーナーマイカルシネマズ板橋2番スクリーンにてSRD鑑賞。

 つまり奇跡を描いた映画である。奇跡の人生、奇跡の恋、だれもが期待する奇跡、そして、実現した奇跡を目にする喜びに満ちている。

「スラムドッグ$ミリオネア」の続きを読む »

2009年04月18日

つぐない

 DVDにて鑑賞。

 これまた、劇場で見なくて失敗した作品だ。

「つぐない」の続きを読む »

2009年04月17日

砂と霧の家

 DVDにて鑑賞。

 ジェニファー・コネリーが出ているし、2004年のアカデミー賞にも3部門、ノミネートされてた作品だからみなくちゃ……と、思いながら、そのままにしていたが、これは衝撃的な作品だね。

「砂と霧の家」の続きを読む »

砂と霧の家

 DVDにて鑑賞。

 ジェニファー・コネリーが出ているし、2004年のアカデミー賞にも3部門、ノミネートされてた作品だからみなくちゃ……と、思いながら、そのままにしていたが、これは衝撃的な作品だね。

「砂と霧の家」の続きを読む »

2009年04月11日

ある公爵夫人の生涯

 ワーナーマイカルシネマズ板橋2番スクリーンにてSRD鑑賞。

 イギリス史にはそれほど明るくないのだが、映画を観て関心がわき、調べてみた。主人公、デヴォンシャー公爵夫人は、フランスに嫁いだマリー・アントワネットと同時代の女性である。実際に親交もあったそうだ。社交界の中心として、ファッションリーダーの役割を果たす一方、政治活動を支援したり、ギャンブルにのめりこみ、資産を濫費していく。

「ある公爵夫人の生涯」の続きを読む »

2009年04月09日

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 前作では地名や人名を表示する字幕がうんざりするほど多かったのだが、今回はかなり減ってくれた。これはありがたい。まあ、長江の両岸でにらみ合っている状態が大部分という作品で、説明する必要もないのだろう。

「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」の続きを読む »

2009年04月05日

ザ・バンク -堕ちた巨像

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 圧倒的な存在と戦うクライヴ・オーウェンのはいつもおれの胸をしめつける。この映画でクライヴ・オーウェンが戦うのは世界第5位のメガバンクである。経済グローバリズムのもと、多くの国家の上に存在し、武器商人と等しくなった国際金融機関と戦うのだ。

「ザ・バンク -堕ちた巨像」の続きを読む »

2009年04月04日

トワイライト ~初恋~

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。

 「眩暈」、「白馬」、「試練」、「格差」、「抑制」など、この手の恋愛映画に必要なものすべてを満遍なく散りばめた作品だ。だが、映画中年にとって見るべきものはひとつだけ。主人公、ベラを演じたクリステン・スチュワートの美しさだ。

「トワイライト ~初恋~」の続きを読む »

2009年04月02日

昴-スバル-

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。ネタバレだけどいいよね。

「どうして、こんなことをしたんだ!?」
「ははは。すべてはゲームだったのよ!」

 そういえば「魔界塔士SaGa」でもこんなセリフあったっけ? 設定を消化しきれない脚本家が投げやりに書く「すべてはゲーム」パターンを21世紀になって、曽田正人の「昴」で見ようとは思わなかった。

「昴-スバル-」の続きを読む »

2009年04月01日

君のためなら千回でも

 DVDで鑑賞。

 やられた。去年、劇場で見逃した映画はいくつもあるのだが、そんな中でもこれは見逃したことが悔しくなるくらいの作品だった。近所のシネコンでかかっていたのに、上映期間が短かったのと、アフガニスタンを舞台にしているということで、辛気臭いものと勝手に勘違いしていたのだ。

「君のためなら千回でも」の続きを読む »

2009年03月30日

ワルキューレ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。

 小学校のころ、一部のませた同級生はサンケイの第二次世界大戦ブックスを読んでいた。そのあたりは、タミヤのプラモデルやGIジョーと地続きだったのだ。そのなかの一冊「ヒトラー暗殺事件」はタイトルに引かれて買ったのだが、小学生に読みこなすのは難しく、やっと読み終えたのは中学三年のころだった。

「ワルキューレ」の続きを読む »

2009年03月29日

ウォッチメン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 宣伝では「歴史の闇に潜む秘密」にウォッチメンが絡むみたいなことをいっているけれど、全然ちがう。歴史の表にヒーローの存在があった上で、「Mr.インクレディブル」のようにヒーローが法律で禁じられた世界を描いた作品である。

「ウォッチメン」の続きを読む »

2009年03月26日

イエスマン “YES”は人生のパスワード

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 これはひろいものというべきか。ジム・キャリー出演のコメディの中でも完成度は高い。大いに楽しませてもらった。

「イエスマン “YES”は人生のパスワード」の続きを読む »

オーストラリア

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD-EX鑑賞。

 「ムーランルージュ」のバズ・ラーマン監督がオーストラリアを舞台にした「風と共に去りぬ」風メロドラマを撮ったとあれば、かなり期待してしまうのだが、すべてにおいて2割ずつくらい物足りない作品であった。

「オーストラリア」の続きを読む »

2009年03月25日

アンダーワールド:ビギンズ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 トムとジェリーの節で、「♪バンパイアとライカン、仲良く喧嘩しな」と歌いたくなるような無限ループアクションホラーにしちゃったのね。

「アンダーワールド:ビギンズ」の続きを読む »

2009年03月24日

DVD鑑賞作短評

 近所のTSUTAYA東武練馬店では、三月末まで毎週水曜日はDVDレンタル半額(含新作)である。水曜日はちょっとがんばるおれであった。

 去年の話題作で劇場で見逃していたものの雑なレビューを。

「DVD鑑賞作短評」の続きを読む »

2009年03月20日

ジェネラル・ルージュの凱旋

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 前作である映画「チーム・バチスタの栄光」も見ていないし、海堂尊の原作小説も読んでいない。それでもしっかり楽しめた。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」の続きを読む »

2009年03月13日

DRAGONBALL EVOLUTION

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにてSRD鑑賞。

 英語発音ではあるものの、悟空、ブルマ、ヤムチャ、亀仙人などのキャラクター名や、かめはめ波、カプセルカンパニー、大猿(おおざる)なんて、設定用語まできちんと日本語の映画「ドラゴンボール」である。だが、ジャンプ原作の実写映画化にしては、友情も足りなければ、努力も足りなければ、勝利も足りない作品なのだ。

「DRAGONBALL EVOLUTION」の続きを読む »

2009年03月12日

(ネタバレ)「チェンジリング」のテーマ

 ふたりのマイミクさん(同世代の女性)とメッセージで「チェンジリング」について、いろいろ語っていました。

 この映画は最後の部分で大きなテーマが語られているため、それを最初に書いた映画レビューで語るのはためらわれたのですが、とてもすばらしい映画だけに、そのあたりをあいまいにしたままで放置するのは申し訳ないと思いました。

 映画を見た方は以下をご覧ください。二人にお送りしたメッセージから、書簡スタイルのレビューを創ってみました。

「(ネタバレ)「チェンジリング」のテーマ」の続きを読む »

2009年03月07日

ヤッターマン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD-EX鑑賞。

 オリジナルシリーズが放送終了して、30年ですか。現時点でヤッターマンを実写化するとしたら、最適解のひとつと考えていいのではないだろうか。十分に楽しかったよ。三池崇史作品らしい一本調子な演出だけど、適度にセクシーで適度に笑えて適度に悪趣味で堪能いたしました。

「ヤッターマン」の続きを読む »

2009年03月06日

チェンジリング

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 クリント・イーストウッド監督作品としては水準作だが、もともと水準自体が高いのだから、文句はない。

「チェンジリング」の続きを読む »

2009年03月05日

愛のむきだし

 ユーロスペース1にて鑑賞。

 園子温のファンというわけでもない。上映時間が237分……、つまり4時間もある。劇場も渋谷円山町のユーロスペースだ。移転後のユーロスペースはいったことがない。地元シネコン原理主義者としてはミニシアター系は億劫である。しかも長時間作品だから、料金は2500円だ。

「愛のむきだし」の続きを読む »

2009年03月04日

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

 DVDにて鑑賞。

 こりゃまいったな。うっかり見てしまったが、嫌いなシチュエーションの極致というべきものが、果てしなく続く作品でありながら、画面から目を離せない。

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の続きを読む »

2009年02月14日

ラーメンガール

 テアトル新宿でSRD鑑賞。

 ブリタニー・マーフィーの名が脳裏に刻まれたのは、機内映画で見た「アップタウンガールズ」だった。

「ラーメンガール」の続きを読む »

2009年02月11日

プライド

 シアターN渋谷1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 すさまじく楽しんだ。ちょっと油断しているうちに、東京ではミニシアター1館のみの公開となってしまったが、見ないのはもったいない。日本のソープオペラとかアイドル映画の中でも出色というべき名作なのだ。

「プライド」の続きを読む »

2009年02月10日

感染列島

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 うああああ! もったいないいいい! フィルムもってこい! おれが編集してやるから……といいたくなる映画だった。

「感染列島」の続きを読む »

2009年02月09日

20世紀少年 <第2章> 最後の希望

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンでSRD鑑賞。

 原作も通して読んでいるのだが、話のディテールなんかはほとんど忘れているし、だれが「ともだち」かなんて、じつはどうでもいい自分にとって、カンナが主人公でガンガン飛ばしていく「第二章」はじつにおもしろく、スクリーンに耽る感覚を堪能した。

「20世紀少年 <第2章> 最後の希望」の続きを読む »

2009年02月08日

チェ 39歳 別れの手紙

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンでSRD鑑賞。

 前作「28歳の革命」が淡々と勝つべくして勝っていく話ならば、この「39歳 別れの手紙」は淡々と負けるべくして負けていく話だ。

「チェ 39歳 別れの手紙」の続きを読む »

2009年02月07日

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

 ワーナーマイカルシネマズ8番THXスクリーンでSRD鑑賞。

 「チャンス('79)」とか、「ガープの世界('82)」とか、「フォレスト・ガンプ('94)」とか、ひとりの異能を軸にアメリカ史を振り返る作品群がある。10年に1本くらいあるのかな。「ベンジャミン・バトン」もその系譜に連なる。

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の続きを読む »

2009年02月06日

チェ  28歳の革命

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

「チェ  28歳の革命」の続きを読む »

2009年02月04日

下ネタ天使、ジェシカ・アルバ

 DVDでジェシカ・アルバのコメディを2本レンタルしてきた。「噂のアゲメンに恋をした!」と「愛の伝道師 ラブ・グル」だ。どちらも下品なコメディで、ジェシカ・アルバは両作品で2007年と2008年のゴールデンラズベリー賞のワースト主演女優賞にノミネートされている。

「下ネタ天使、ジェシカ・アルバ」の続きを読む »

2009年02月03日

007/慰めの報酬

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

「007/慰めの報酬」の続きを読む »

2009年02月02日

誰も守ってくれない

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンでドルビーSR鑑賞。今回はネタバレです。

「誰も守ってくれない」の続きを読む »

2009年01月19日

GALACTICA ブーマーナイト

 新宿バルト9シアター8にて、「GALACTICAブーマーナイト」を鑑賞。

 250人ほど入るスクリーンだが、プレス関係を除くと招待状は200枚程度発行されたのに対し、応募は3,000通あったという。地上波も始まり、GALACTICA人気もさらに加速したかと思っていたが、今回の応募の中心は30~40歳代の男性ということ。ぐるりと見渡しても客層がなんとなくSF大会的だったりする。

「GALACTICA ブーマーナイト」の続きを読む »

2009年01月16日

ザ・ムーン

 六本木TOHOシネマズ2番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ジョージ秋山の漫画じゃないよ。NASAにある膨大なフィルムライブラリーと10人の宇宙飛行士へのインタビューをもとにアポロ計画の全貌を描いたドキュメンタリーだ。

「ザ・ムーン」の続きを読む »

2009年01月15日

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー

 池袋シネマロサにてSRD鑑賞。やっている映画館が少なすぎです。東京23区の西側だと池袋と歌舞伎町しかやってないよ。

 これはかなりの傑作だ。スクリーンのすべてのモンスターたちが生きている作品だから。

「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」の続きを読む »

2009年01月08日

ミラーズ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 「24」のキーファー・サザランドが主演するホラー映画だ。

「ミラーズ」の続きを読む »

2009年01月04日

ワールド・オブ・ライズ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋2番スクリーンにて、SRD鑑賞。

 「ザ・ビーチ」、「ブラッド・ダイヤモンド」、「ディパーテッド」。アジアと欧米、アフリカと欧米、そしてマフィアと警察。映画の中でディカプリオが輝くのは、ふたつの世界の狭間で居場所がない男を演じるときだ。「ワールド・オブ・ライズ」はアメリカ諜報部の一員として、アラビア語を巧みに話し、コーランへの造詣も深い工作員を演じている。

「ワールド・オブ・ライズ」の続きを読む »

2009年01月03日

おくりびと

 新宿ピカデリー4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 はい、泣ける映画です。

「おくりびと」の続きを読む »

2009年01月02日

ハッピーフライト

 ワーナーマイカルシネマズ板橋6番スクリーンにてSRD鑑賞。

 日本では航空パニック映画なんて作れないと思っていた。航空会社の撮影協力も得られないだろうし、きちんと取材してそれを群像劇に活かすことなんて、不可能だろうから。ところが、ANAの全面協力のもと、こんなにすばらしい作品ができるとは……。

「ハッピーフライト」の続きを読む »

2009年01月01日

地球が静止する日

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD鑑賞。

 オリジナル作品「地球"の"静止する日」には、異星人が地球に存在することによる「Stranger in the strange land」的なユーモアもあったように記憶しているのだが、無表情が売り物のキアヌ・リーブスではそういったユーモアは生まれない。

「地球が静止する日」の続きを読む »

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにてSRD鑑賞。

 年末公開の日本映画でいちばんのおすすめだね。世界設定、ストーリー、キャラクターのバランスが最高だ。

「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」の続きを読む »

252 -生存者あり-

 ワーナーマイカルシネマズ板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 チャールトン・ヘストンとかアーネスト・ボーグナインとかスティーブン・セガールが同じ飛行機に乗っていたら、気をつけたほうがいい。墜落やハイジャックの危機にさらされるだろうから。伊藤英明が近くにいても要注意だ。沈没したり、洪水に襲われたりするにきまっている。

「252 -生存者あり-」の続きを読む »

ネットでラクラクチケット予約購入、e席リザーブでシックスワンダフリー

最近のエントリー

カウンターetc

人気ブログランキング - ゲームの王道 atom rss2.0
total カウンタ:today カウンタ:yesterday カウンタ

Pagerank/ページランク

人気記事ランキング

Google Adsense