« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »

2009年02月28日

タイトルを変更しました。

 ブログのタイトルを「ゲームの王道」から、「王道」に変更しました。

「タイトルを変更しました。」の続きを読む »

2009年02月14日

ラーメンガール

 テアトル新宿でSRD鑑賞。

 ブリタニー・マーフィーの名が脳裏に刻まれたのは、機内映画で見た「アップタウンガールズ」だった。

「ラーメンガール」の続きを読む »

2009年02月11日

プライド

 シアターN渋谷1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 すさまじく楽しんだ。ちょっと油断しているうちに、東京ではミニシアター1館のみの公開となってしまったが、見ないのはもったいない。日本のソープオペラとかアイドル映画の中でも出色というべき名作なのだ。

「プライド」の続きを読む »

2009年02月10日

感染列島

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 うああああ! もったいないいいい! フィルムもってこい! おれが編集してやるから……といいたくなる映画だった。

「感染列島」の続きを読む »

2009年02月09日

20世紀少年 <第2章> 最後の希望

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンでSRD鑑賞。

 原作も通して読んでいるのだが、話のディテールなんかはほとんど忘れているし、だれが「ともだち」かなんて、じつはどうでもいい自分にとって、カンナが主人公でガンガン飛ばしていく「第二章」はじつにおもしろく、スクリーンに耽る感覚を堪能した。

「20世紀少年 <第2章> 最後の希望」の続きを読む »

2009年02月08日

チェ 39歳 別れの手紙

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンでSRD鑑賞。

 前作「28歳の革命」が淡々と勝つべくして勝っていく話ならば、この「39歳 別れの手紙」は淡々と負けるべくして負けていく話だ。

「チェ 39歳 別れの手紙」の続きを読む »

2009年02月07日

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

 ワーナーマイカルシネマズ8番THXスクリーンでSRD鑑賞。

 「チャンス('79)」とか、「ガープの世界('82)」とか、「フォレスト・ガンプ('94)」とか、ひとりの異能を軸にアメリカ史を振り返る作品群がある。10年に1本くらいあるのかな。「ベンジャミン・バトン」もその系譜に連なる。

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の続きを読む »

2009年02月06日

チェ  28歳の革命

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

「チェ  28歳の革命」の続きを読む »

2009年02月04日

下ネタ天使、ジェシカ・アルバ

 DVDでジェシカ・アルバのコメディを2本レンタルしてきた。「噂のアゲメンに恋をした!」と「愛の伝道師 ラブ・グル」だ。どちらも下品なコメディで、ジェシカ・アルバは両作品で2007年と2008年のゴールデンラズベリー賞のワースト主演女優賞にノミネートされている。

「下ネタ天使、ジェシカ・アルバ」の続きを読む »

2009年02月03日

007/慰めの報酬

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

「007/慰めの報酬」の続きを読む »

2009年02月02日

誰も守ってくれない

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンでドルビーSR鑑賞。今回はネタバレです。

「誰も守ってくれない」の続きを読む »

2009年02月01日

見学ナイトvol.14 国道の夜 ~なぜそこに国道があるのか

 今回は客席から楽しませていただきました。

 会場には見学ナイトでもトップクラスの入場者数。ニコニコ動画では車載カメラ系の動画をアップしている方々など、アクティブな酷道ファンが集まったイベントだ。

「見学ナイトvol.14 国道の夜 ~なぜそこに国道があるのか」の続きを読む »

« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »


カウンタ