« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月22日

富嶽八景 死の彷徨

 ゴールデンウィーク明けに友人ふたりと青森に旅行した際、今年の夏は富士山に行こうという話が出ていた。そのときはお盆前後にというプランだった。個人的なスケジュールの事情もあったし、ダイエットの進展を考えると、そのあたりが体重、体力的にも理想的だと思ったからだ。

 予定より3週間くらい早い「7月22日にしませんか」と提案してくれたのは、その友人1号である。その日は日食だ。富士山頂で日食を見るというのは魅力的なプランだ。スケジュールもハードであり、当初予定より3~4キロは重い体重ではあったが、それに乗ることにし、友人2号も誘うことになった。

「富嶽八景 死の彷徨」の続きを読む »

2009年07月15日

理論的に否定しちゃいかんのですか

 7月13日のエントリーのコメントで、こんな不思議なことを書いている方がいらっしゃった。

同じ業界で仕事をなさってる様ですが、理論的に人の作品を
否定されたり、こちらに覚えの無いことをネット上に書きこんだり、このようなことをされて大丈夫ですか、業界は狭いので心配ですが。

 自分の常識とのあまりの違いに何度か目をこすりながら、読ませていただいた。

1)同じ業界にいる人は、ほかの人の作品を否定してはいけないのだろうか。
2)理論的に人の作品を否定してはいけないのだろうか。

「理論的に否定しちゃいかんのですか」の続きを読む »

2009年07月13日

おれがGoogle八分 and Yahoo八分に!

※7月16日 8:31追記
このエントリーの「Google八分、Yahoo八分のリクエスト」について、池頼広さまご本人から、「僕の回りには心当たりのある物は、居りません。」と、ご連絡がありました(当エントリーのコメント欄参照)。なぜ、このような現象が起きたか、その経緯は不明ですが、池頼広さまはそれを完全に否定されていることをご理解のうえ、お読みください。

 池頼広(あるいはその関係者)はついに「Google八分」、「Yahoo八分」まで強行した。GoogleやYahooの「池頼広」検索結果から、このブログの一部ページを外させるようにしたらしい。

 いままでに判明した池頼広(あるいはその関係者)の行動を時系列順に直すと、こうなる。

1)Wikipediaの「池頼広」ページのプロフィールを自分で加工する。
2)毎日のように「池頼広」という検索ワードでブログ検索をする。
3)自分が関わったものにネガティブなものがあると、匿名で嫌味を書く。
4)IPから正体がばれると、開き直ってコメントを書く。
5)反論を受けると、GoogleやYahooに連絡をとり、検索結果を修正させる。

「おれがGoogle八分 and Yahoo八分に!」の続きを読む »

2009年07月12日

ディア・ドクター

 池袋HUMAXシネマ4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 みごとな作品だった。「ゆれる」の西川美和の監督・脚本作品だが、「ゆれる」をさらにしのぐ完成度だ。「ヱヴァ:破」や「愛のむきだし」をおさえて、今年の日本映画のベスト1だ。

「ディア・ドクター」の続きを読む »

2009年07月09日

池頼広の関係者は仕事しなさい

 でたらめな映画「MW」を「でたらめ」とレビューしたのだが、昼前にコメントがついた。

イマジナリーラインの意味をお解りですか?

投稿者: Anonymous | 2009年07月08日 11:29

 「投稿者: Anonymous」というのは、投稿者名を書かないときに自動的に付与される。

「池頼広の関係者は仕事しなさい」の続きを読む »

2009年07月07日

MW-ムウ-

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。 ネタバレ気味です。

 でたらめな映画だ。読解力がない人が脚本を起こし、映画を知らないテレビ局社員が監督をしている。

「MW-ムウ-」の続きを読む »

« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »


カウンタ