« IMAX関連リンク | メイン | 板尾創路の脱獄王 »

【映画2010】真幸くあらば (まさきくあらば)

 シネマ・アンジェリカにてDTS鑑賞。

 映画「クライマーズ・ハイ」やドラマ「空飛ぶタイヤ」での尾野真千子の存在感が抜群だったので、「真幸くあらば」を見た。

死刑囚との恋愛をテーマにした文芸系の作品の中で尾野真千子がヌードになると聞いたら、一も二もなく駆けつけるのは当然のだ。ところが、実際にみてみたら、いやもう得体の知れない童貞お笑い映画で絶句した。

 映画をみる前に予備知識を入れてみたくない。女優とか監督など、自分動員ポイントさえあれば、そのほかのスタッフや批評など、情報を読まないようにしている。だからうっかりしていたのだけれど、監督の御徒町凧(おかちまち かいと)というひとは、森山直太朗と共作で歌詞を作っている人だったんだね。

「♪生きてることが辛いならいっそ小さく死ねばいい」で話題になった森山直太朗の「生きてることが辛いなら」の作詞にも参加している。その歌に拒否感はないけれど、大した歌ではないと思う。なにより、否定できない死という概念や自殺というものを頭の先で生硬に考えているのではないかという印象だ。この映画をみてそれを思い出した。そういう浅さがこの映画を覆っている。

 モデル出身の役者、久保田将至演じる青年が殺人事件を起こすところから映画は始まる。迫真性を出すつもりだろうか、無駄に揺れまくる手持ちカメラにげんなりしてしまう。最近、こういう下手なカメラ揺らしをみたなぁと思っていたら、冒頭のクレジットで「撮影:釘宮慎治」とでてびっくりした。釘宮慎治といえば、「彼岸島」でカメラをムダに揺らしていたやつじゃないか。なんで、年始からこの手ぶれ下手カメラマンの作品を二本も見なければいけないんだ。

 脚本と演出も残念だ。佐野史郎が死刑廃止派の弁護士を演じているのだが、久保田将至が控訴をとりさげたことを憤慨するセリフや演技が安っぽい。まるで、せっかく行列に並んだのに、目の前で最後の商品が売切れになったときの怒りっぽい人みたいだ。

 刑務官の言動も陳腐だ。リアリティのかけらもない。出てくるたびに安っぽさにうんざりしてしまう。

 そもそも久保田将至がなぜ控訴を取り下げ、処刑を願ったのかがまるっきりわからない。手がかりさえあたえてくれない。

 また、尾野真千子がなぜ、死刑囚を愛したのかもまるっきりわからない。これまた手がかり皆無だ。

 映画「接吻」では死刑という国家の暴力と不器用な愛が壮絶な展開を見せ、理解できない部分はあっても説得はされたのだが、この映画の中には理解もできないし、説得もされない。

 ここからトンデモ部分だ。ネタばれしていく。

 ふたりは分厚い聖書の中に細かな文字を書き込み、交流していく。なんでこんなことをするのか意味不明である。拘置所への差し入れに聖書を届けるのはいいけれど、その聖書を娑婆に返し、同じ聖書を娑婆から拘置所内にまた差し入れるってむちゃくちゃ不自然だし、書いている内容程度のことなら、聖書を汚す必要はない。普通の手紙で十分だ。

 映画のミッドポイントで大きな秘密が判明する。久保田将至が殺したふたりのうち、男は、尾野真千子の婚約者だったのだ。ほかの女と浮気しているところを久保田将至が殺してしまったのだ。

 尾野真千子はその後、ほかの男と結婚しているのだが、自分を裏切ったフィアンセを殺したのはどんな男かと、久保田将至の公判を見守ることになる。そのあと、久保田将至と何度も面会し、死刑確定後には養母となって、差し入れや面会をつづけていく。このあたりの状況は口で説明するばかりで、それにまつわる心の動きはほとんど描かれない。

 久保田将至はモデル出身である、かなりのイケメンだ。そんなイケメンが尾野真千子にすごいカミングアウトをする。

 カップルを殺したあと、死んだ女に触りながら、オナニーをしたと……。ドン引きになる尾野真千子。そりゃそうだ。

 つづいてカミングアウト。「だって、おれ、童貞なんです」と、追い討ちをかけるのだ。

 うあああ。童貞って罪ですか。人を殺したことより、殺した女をネタにオナニーするより、童貞ってことが罪ですか。

 童貞と聞いてさらにぶっとんだ尾野真千子は、家に帰ってちょっとだけ悩む。でも、雨に打たれただけで立ち直り、ふたたび面会にくるようになる。

 返す刀で、なんの罪もない夫に三くだり半をつきつける。

 童貞死刑囚の要求はさらに高まる。童貞死刑囚はボールペンで絵を描くのが得意だ。

「生まれたままのあなたを描きたい」とお願いする。尾野真千子はもうなんでもやる。童貞を受け入れたんだから、怖いものはない。

 聖書の見返しを剥がしその中に自分の写真を入れて、差し入れする。もうおれは尾野真千子がいつ脱ぐかということが最大の関心になっているわけだから、身を乗り出してスクリーンをみた。しかしそこにあった写真は下着姿であって、ヌードではない。

 おい、生まれたままの姿にブラとパンツはついてないぞ。

 童貞死刑囚の視力はすごい。返ってきた聖書の見返しには、乳首つきの裸体が描かれている。見えない乳首が見えるのである。

 そういうやりとりを何度かしたあと、面会室で尾野真千子がいう「つぎの満月の夜に」。うなずきあう二人。

 満月の夜、ウミガメの産卵が始まるのではない。ふたりがオナニーを始めるのだ。

 月の光を浴び、全裸になる尾野真千子が乳を揉む。独居房内で全裸になった久保田将至が手コキを始める。まったく意味がわかりません。世界最高水準にカメラを揺らす釘宮慎治が、カメラ揺らしを我慢して、月光に照らされた乳揉みと、月光に照らされた手コキを交互に写す。

 おれはこれをみてどう思えばいいんだろう。

 それにしても満月というキーワードでタイミングを合わせて、盛り上がってるつもりかもしれないが、満月なんて、一日、12時間くらい見えるわけで、日は指定できても時間は指定できないし、独居房内で全裸オナニーなんて、目立つことをやる意味もわからない。

 このシーンで尾野真千子は乳首を見せるんだけど、カット割りからいってボディダブルでもおかしくない乳首で、なんか盛り上がらない。きちんと本人の乳首だとしても、これじゃ脱ぎ損である。

 ふたりのオナニーが終わった翌日、まるで、オナニー達成を待っていたかのように、独房へ刑務官がひとりやってくる。「あ、今日だから……」。ひとりの人間に死を告げることばとして、あまりにも軽すぎだと驚いていたら、無情にもとどめをさす。

   

「ごめんねぇ。無力で」。オレが執行を告げられる死刑囚の立場ならだったら、怒るね。激怒するね。童貞死刑囚も「きさま、オレが童貞だと思って馬鹿にしてるのか」とか、怒ってもいいよ。

 好きな人を思い浮かべてオナニーして死んだのだから、幸せだというのだろうか。「生きてることが辛いならいっそオナニーすればいい」とでもいうのだろうか。さらに尾野真千子だが、具体的な描写こそないもののエンドロール直前に踏切の音がかんかん聞こえるというベタな演出で、オナニー恋愛の幕を閉じるのだ。

 mixiで赤尾晃一先生にうかがった。「でも、この原作小説ってやつがもっと神学的・衒学的なハッタリ小説ですぜ。衒学的な部分を捨象すれば、トンデモ映画になるのも道理。」うーん。まいっちゃうね。

 尾野真千子出演の「萌の朱雀」、「殯の森」は、大嫌いな河瀬直美作品だ。そっちにもまいったけれど、これもまた別の意味でまいった映画だったなぁ。このままだと、尾野真千子がおっぱいをさらす映画は迷作というジンクスが生まれそうだ。

 尾野真千子さん、お願いですから、普通の映画で普通におっぱい見せてください。

監督:御徒町凧 製作:奥山和由 原作:小嵐九八郎 脚本:高山由紀子 撮影:釘宮慎治 美術:愛甲悦子 編集:石川浩通 音楽:紺野紗衣 音楽監督:森山直太朗 照明:田辺浩 装飾:嵩村裕司 録音:菊地進平 助監督:甲斐聖太郎 
キャスト 尾野真千子 久保田将至 山中聡 YOU THE ROCK★ 大河内浩 鶴田忍 ミッキー・カーチス テリー伊藤 佐野史郎 他 
※こちらのエントリーもどうぞ。

« IMAX関連リンク | メイン | 板尾創路の脱獄王 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 真幸くあらば (まさきくあらば):

» 映画 真幸(マサキ)くあらば をみた from 僕のつぶやき。 ネットの窓から。
真幸くあらば [DVD]クリエーター情報なしバンダイビジュアル この映画は殺人事件の死刑囚()とその被害者の婚約者だった女性(尾野真千子)が刑務所での面会... [詳しくはこちら]

                

最近のエントリー

カウンターetc

人気ブログランキング - ゲームの王道 atom rss2.0
total カウンタ:today カウンタ:yesterday カウンタ

Pagerank/ページランク

人気記事ランキング

Google Adsense