« 2011年4月後半鑑賞映 | メイン | 地中海クルーズへの道 »

【イベント】浴衣 de リッキーナイト IN 大江戸温泉物語

 サントリーの公式ブログ「サントリートピックス」で募集されたブロガーイベント「浴衣 de リッキーナイト IN 大江戸温泉物語」に目が止まったのはつまり、これが温泉に入って、酒が無料で飲めるイベントだからではない。正直に言えば、温泉に入って、酒が無料で飲めて、なんだか楽しそうなイベントだからだ。

 さらに正直にいおう。2011年7月、おれがお台場の「大江戸温泉物語」にいくのは、これが三度目だ。

 一度目は友人とフーターズお台場店にいった帰り道。ひさしぶりの「大江戸温泉物語」はみょうに楽しく、8周年記念ナイター料金にJALCARDの割引まで入って、1100円で至福を味わえた。だが、フーターズお台場店にiPodTouchを忘れ、それをとりにいったお台場にいった3日後、どうせこんなところまで来たのなら、温泉に入ってやると決断したのが7月二度目の「大江戸温泉物語」。そして、三度目が今回の「浴衣 de リッキーナイト IN 大江戸温泉物語」というわけだ。

 リッキーはシンプルなカクテルだ。

リッキー(Rickey) スピリッツに新鮮なライム(またはレモン)の実を搾り、ソーダを満たすのが基本。砂糖、シロップなどは使わず、爽快な酸味がリッキ―の身上で、マドラーで実をつぶしながら好みの味にして楽しむ。19世紀末、ワシントンD.C.の“シューメーカー”というレストランで創案され、初めて飲んだ客の名前がカーネル・ジム・リッキー(Colnel Jim Rickey)だったところから名づけられた。

 いままでバーでオーダーしたことがあるリッキーは、ジン・リッキー、テキーラ・リッキー、ウォッカ・リッキーあたりで、甘いリキュールのリッキーは試したことがない。人生はチャレンジの連続だから、試してみるのはやぶさかではない。

浴衣リッキー

 到着したのが18時30分。一風呂あびて宴会場に到着したら、「湯上リッキー」なるものが供される。ルジェ カシスベースにレモンとオレンジを加えたリッキーだ。大江戸温泉物語がサントリーとタイアップしたリッキーで、風呂上りの五臓六腑にすーっと入るのですよ。

浴衣リッキー

浴衣リッキー

 ちょっとしたおつまみもでるのだ。

浴衣リッキー

 これからリッキーを作るセットがテーブルの中央にある。

浴衣リッキー

 ここからはサントリーの中の人が、30分のリッキー講座。先述のようにリッキーの定義から始まり、サントリーではベッキーを使って、リッキーをプロモートしていること、週末の「王様のブランチ」で取り上げられること。

浴衣リッキー

 グラスに厚切りレモンを入れ、氷を満たし、30mlのスピリッツ・リキュールをいれ、90mlのソーダを流しこむ。そういった解説を聞きながら、30人ほどのブロガーの目の前に並んだリッキー用のグラス「リッキーマグ」でリッキーを作っていくのですよ。

浴衣リッキー

浴衣リッキー

浴衣リッキー

 最初に作ったのがルジェカシスリッキー。これは手堅いカシスソーダにレモンの酸味がうまくはまっている。

浴衣リッキー

 リッキーで大切なのは、手持ちのリッキースティック(先端部が果肉を潰しやすいように工夫されているマドラー)で、果肉を5回つぶすことだそうだ。サントリーが総力を結集して研究した成果が5回でそれ以上でもそれ以下でも、具合が良くないとのことで、おれも5回潰したよ。

浴衣リッキー

 つづいて作ったのが、アペロールリッキー。イタリア語で食前酒を意味するリキュール「アペロール」はさっぱりとしたハーブリキュールで、たしかに軽やかな味わい。

浴衣リッキー


 そして、3杯目はサントリーが誇る国産リキュール、ミドリで作ったリッキーだ。これはまあ、予想通りの味というべきでしょうか。となりにいたブロガーの方はこのあたりを称して、かき氷の蜜のような感じとおっしゃってました。

浴衣リッキー

 さらに大江戸温泉物語の要請でサントリーが開発した秘密兵器。「ひんやリッキー」が登場。アイスクリームがポンと乗っているそのさまは、ソーダフロートそのもので、たしかに風呂上りに飲んでしまうかもって味でした。

浴衣リッキー


 結局、5種類のリッキーを飲んだのだけれど、プラスアルファで作ったのは、ルジェカシスリッキーだったよ。

 そのあとはとなりに移動して懇親会。ブログ界の有名な方がたくさんいたけれど、飲んでいると、あっという間ですね。

浴衣リッキー

 サントリーはリキュール発売のテコ入れとして、こういう飲み方を提案されているのだろう。ただ、バリエーションが多くて、ちょっと戸惑ってしまう。とりあえず、定番はこれという形で、カシスリッキーの知名度をあげ、そのアレンジバージョンとして、さまざまなリッキーを展開したほうがいいような気がした。

  

 そういえば、ぼくの大好きなテキーラ「サウザ オルニートス」はサントリーが輸入していたのだが、去年、終売になってしまった。同席されたサントリーの方に、そのことを話すと、まだまだ、プレミアムテキーラの動きは鈍いので、別の高級ブランド「エラドゥーラ」に注力するとのこと。残念なり。機会があったら、また、輸入してくださいね。

 最後に「おうちリッキーセット」をおみやげにいただいて、イベント終了。台風は接近して、どうなることかと思ったけど、楽しい夜だった。


※こちらのエントリーもどうぞ。

« 2011年4月後半鑑賞映 | メイン | 地中海クルーズへの道 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

                

最近のエントリー

カウンターetc

人気ブログランキング - ゲームの王道 atom rss2.0
total カウンタ:today カウンタ:yesterday カウンタ

Pagerank/ページランク

人気記事ランキング

Google Adsense