メイン

2011年10月23日

世界帝国は滅びず

 目が覚めたら、トルコだった。昨日はギリシャのミコノス島で迷路のような街をさまよっていたのに……。船の旅は視点、移動感覚、距離感覚などが変わってしまう。

「世界帝国は滅びず」の続きを読む »

2011年10月22日

猫のいるダンジョン・ミコノス島

 世界的に有名なビーチリゾート、ミコノス島である。

「猫のいるダンジョン・ミコノス島」の続きを読む »

2011年10月21日

海の上の忙しい一日

 やはり早めに目が覚める。シャワーを浴びてから、まだ暗いバルコニーから外を見る。依然として続く夏時間のためか、日の出は午前8時14分だ。

「海の上の忙しい一日」の続きを読む »

2011年10月20日

セレブリティ・イクノスに乗船!

 ローマ市内観光はさんざんな雨であったが、今回の旅のメインはクルーズ旅行である。バチカンでしっかり手を合わせたし、きっと、これからの旅は恵まれるだろう。信じるしかないのだ。

「セレブリティ・イクノスに乗船!」の続きを読む »

ローマはひどい雨だった

 日本からイタリア用の変換プラグを持っていったが、それを使ったのは、ローマのホテルだけだった。船室では日本と同じ形のアメリカのコンセントが使えるのだ。

 疲れていると思ったが、朝5時過ぎには目がさめてしまう。時差のせいだろうか。寝ようとしても寝つけない。シャワーを浴びて散歩でもしようかと思ったが、朝6時には窓を閉めた部屋の中にも響くほどの雨音が聞こえる。

「ローマはひどい雨だった」の続きを読む »

2011年10月19日

地中海クルーズへの道

 アジアやアメリカには何度もいったが、はじめてのヨーロッパ旅行である。はじめてのクルーズ旅行である。勝手がわからないところばかりだ。

「地中海クルーズへの道」の続きを読む »

2006年03月12日

強運のエピローグ

最後の最後で、からっけつになったベガス旅行である。帰国の便は9時55分に飛び立つ。アメリカの空港でチェックイン時の持込荷物検査は、厳しいことが多いので、午前7時30分にPARISをあとにする。

 早い時間に到着したおかげで、空港第二ターミナルはがらがらだ。するりとチェックインしたあと、搭乗ゲートそばにあるバーガーキングで、クロワッサンサンドイッチを買い込み、ラウンジでいただく。

 機材の到着が遅れ、離陸は予定より15分、遅くなった。空には40分。ロサンゼルス国際空港でいったん降機する。めんどうなことに今回は沖留めであった。ラウンジでくつろいだり、免税店でテキーラ「PATRON」のゴールドとシルバーを買ったり……。

「強運のエピローグ」の続きを読む »

2006年03月11日

五日目はKAをふたたび

 起きたのが午前10時ころ。レストランはどこも長い行列。てっとりばやく食事をしたかったので、スターバックスでグランデサイズのコーヒーとバタークロワッサン。

 Bellagioで買いものをしたあとは、荷物をPARISの客室に預け、CAESARS PALACEへ。ビデオポーカーを2時間くらい打って、ウォーミングアップしたあと、ブラックジャックへ。手元には500ドルチップが一枚。1時間後にそれが、25ドルチップ2枚になる。

 その後、食事もとらずに、カクテルガールからブラックコーヒーを8杯オーダー。じりじりとプレイを続け、1200ドル強になったところで、いったん、プレイ終了。

「五日目はKAをふたたび」の続きを読む »

2006年03月10日

四日目は砂漠、クラップス、オッパイ

午前8時にmixiの「ラスベガス」コミュニティで知り合いになったCHIBATAMAさんと合流。

CHIBATAMAさんとは、直接の面識がない。コミュニティのトピックで何度か、ことばのやりとりをしただけなのだが、そのコミュニティで今回、自分がラスベガスにいくことを書いたところ、ラスベガス在住のCHIBATAMAさんが会いましょうと、提案してくれたのだ。

「四日目は砂漠、クラップス、オッパイ」の続きを読む »

2006年03月09日

三日目はピッチリTシャツ

 昨夜はBreweryでビールを飲み過ぎた。すこーんと寝て起きて、気がついたら、午前11時30分である。寝すぎだ。

 そのまま、てくてくと歩いてFATBURGERへ。ファットバーガーにチーズと目玉焼きをプラス。前回はうまいと感じたが、今回は味が単調で途中で飽きる。こういうのは一種の嗜好品だから、こちらの体調が当時と違うのか、それとも味が落ちたのか……。

 さらにてくてくと歩き、HOOTERS CASINO & HOTELへ。あのHOOTERSが……といっても、どれくらいの人が、あのHOOTERSを知っているのかわからないが、あのHOOTERSが、旧サンレモホテルを買いとって、改装したホテルである。

「三日目はピッチリTシャツ」の続きを読む »

2006年03月08日

二日目はセリーヌ・ディオン

 時差ぼけなので、眠りたかったり、眠れなかったりで、いささか困った状態。結局動き始めたのは、午前11時30分。フォーラムショップスのSPAGOで、ブランチというより、早めのランチをいただく。

 SPAGOではランチタイム、テーブルクロスに紙を敷いているのだが、子ども連れがいると、クレヨンを貸してくれ、子どもがその紙の上にいろいろ描ける。食に対する衛生観念が違う日本で、おなじ習慣が根づくとは思えないが、見ていると、好ましい印象。

 午後1時過ぎから、午後5時までカジノ。ブラックジャックで、300ドルのバイイン(プレイ開始時にお金をチップに買えること)。午後5時近くまで50ドルアベレージでプレイ。一時は1500ドルくらいになるが、結局、700ドルのチップが手元に。エース2枚のスプリットがエース4枚に膨れ上がり、うち、3組が21と、アドレナリンもいい感じで上がる。

「二日目はセリーヌ・ディオン」の続きを読む »

2006年03月07日

初日はLe Reve

 JALのラスベガスへの直行便が9月になくなる! そのためにマイルをためてきたってのに、なんてこったい。そこでいまのうちにラスベガスへ。

 ビジネスクラスで、映画3本半をみるものの、まったく寝つけず、ピンチである。アル・パチーノの主演する「トゥ・フォー・ザ・マネー」と、シャーリーズ・セロンの「スタンドアップ」がよかった。

 ラスベガスには早朝8時過ぎには到着。タクシーで投宿先のシーザースパレスへ。車中、今週、いかにコンベンションが多いか、また、NASCARがラスベガスで開催されることを聞く。道理でこの時期、ホテル代が高いはずである。

「初日はLe Reve」の続きを読む »

ラスベガスへ

今回の旅行はたまっていたJALのマイルを使った往復ビジネスクラス。成田には早めに着いたのだが、この時期、卒業旅行の学生が目立つくらいで、そんなに人も多くなく、チェックインもスムーズ。第二ターミナルの「寿司田」で、寿司をつまんで、JAL25便でラスベガスへ直行。

2005年05月20日

ロサンゼルス→東京

アメリカ旅行最終日である。

どうしても睡眠が浅くなる。ちょっと早めに目を覚まし、撮影した写真を整理したり、mixiの日記をまとめたり、メールを書いたり、シャワーを浴びたり……。搭乗する飛行機は14:30出発予定のJL025便だ。搭乗手続きや荷物検査にどのくらい時間がかかるか、わからないので、10:30にはホテルを出る。ほんとに安くていいホテルだった。

「ロサンゼルス→東京」の続きを読む »

2005年05月19日

みたびのEpisodeIII

Arclight Cinemaからホテルには午前7時30分に到着。興奮してたり、日記のレスをつけたりで、寝つけたのは午前9時30分くらい。目を覚ましたあとは、アメリカで最後にして三度目のSTAR WARS EpisodeIIIを観るのだ。

午後1時30分には身支度をして、タクシーでWestwoodのVillage Theaterへ。サウンドのよさでは多くの人が、世界トップレベルと推奨する劇場だ。午後3時30分の回だが、すでに劇場から長い列が伸びている。
57091_1231965592s.jpg

「みたびのEpisodeIII」の続きを読む »

STAR WARS EpisodeIII Revenge of the Sith

午後10時35分、タクシーでアークライトシネマに戻ろうとしたとき、山本耕一さんがあわてだす。なんと、いま、地球で最高に入手が難しい今夜のショーチケットを客室に忘れてきたというのだ。あわててタクシーを止め、山本耕一さんはひとりで客室へ。ぼくはアークライトシネマへ。

「STAR WARS EpisodeIII Revenge of the Sith」の続きを読む »

2005年05月18日

ロサンゼルスダウンタウン観光

57091_3859635516s.jpg
中途半端な時間が残った。では、山本耕一さんがまだいっていないLAを案内しましょうと、メトロに乗り込み、ユニオンステーションへ。

「ロサンゼルスダウンタウン観光」の続きを読む »

ハリウッドの昼

いよいよだ。真夜中になれば、「スターウォーズ エピソードIII」が見られるのだ。

午前中はのんびりと客室で日記を書き、11時過ぎくらいにホテルをあとにする。山本耕一さんといっしょにハリウッド通りをHighlandから、Vinまで歩いていく。かつては栄え、いまはうらぶれた町だ。
 
57091_3976981261s.jpg
チャイニーズシアター
57091_2251431828s.jpg
一日前に手をついたばかりのアダム・サンドラーの手形

「ハリウッドの昼」の続きを読む »

2005年05月17日

ラスベガス→ロサンゼルス

今日はラスベガスからロサンゼルスへの移動日である。午前11時25分のJL025便に合わせ、午前9時30分に、客室からエクスプレスチェックアウト。そのまま、タクシーでマッカラン空港の第二ターミナルへ。こちらは空いている。さっさと搭乗手続きや手荷物検査を済ませる。

「ラスベガス→ロサンゼルス」の続きを読む »

2005年05月16日

ラスベガス最後の夜

「KA」を見終わったあと、モンテカルロの向かいにあるPharmacyで、お土産を買いたし、シーザースパレスまで歩いて帰る。

帰ったからといって、寝たりはしない。ラスベガス最後の夜はカジノである! しかし、月曜日の深夜というか、火曜日の早朝のカジノはがらがら……。

ブラックジャックで、800ドルくらい浮いていたところで、ピットボスからこのテーブルはいまのデッキでクローズすると告げられる。シーザースパレス内にあるふたつのカジノエリアのうち、こちらのエリアは深夜3時をめどにクローズするようだ。

そこから、ぼろぼろ。100ドルのフラットベットでざくざくやっていたのだが、ぜんぜん、ダメである。ついに目の前のチップがなくなってしまった。ディーラーには反対側のエリアではまだやっているよと告げられるが、それどころではない。

頭の中がグレイになったまま、部屋にもどって、一風呂浴び、荷造りをする。滞在中のトータルでは200ドルくらいのマイナスで終わったんだけどね。それにしてもね。

ああああああああ!

だめなのだ。残り少ない時間の中で稼ごうと思っちゃダメなのだ。やはり、楽しまないといけないんだ。その気持ちを忘れたことが敗因なのだろう。

二度目のグランドキャニオン

たっぷり寝て万全の体制。グランドキャニオン行きバスの集合時間は朝7時50分である。1昨日のサンドバギーツアーの日本人は、ラスベガスのリピーターばかりだったが、今回は年齢層も高く、日本の空気をそのまま持ってきたような方々が多い

グランドキャニオンは二度目である。はじめてラスベガスにいったとき以来だ。山本耕一さんのリクエストがあればこそ。

今回、利用したのはScenic Airline。以前の会社は忘れてしまったが、小型機を使うこともあって、搭乗前に体重チェックがあった。各自が体重計に乗った後、その体重を書き出したシールを胸に貼るのだ。今回はそれがない。ちょっとほっとした。

21424_2727078205s.jpg

今回もシールを胸に貼るのだが、書かれているのは、乗る機体と座席番号。写真などをとっていて、最後に搭乗すると、ぼくたちの席に見知らぬインド人が座っている。どうやら機内では座席番号に関係なく、座っている模様。そのことなどを指摘すると、インド人だけでなく、みんなが好き勝手に座っていたようで、狭い機内は大混乱。

「二度目のグランドキャニオン」の続きを読む »

2005年05月15日

Hyakumi/ピート・ローズ/エジプト/Insanity

食事をとったのは、シーザースパレス内の「Hyakumi」。先日のK1興業の際、藤原紀香や浅草キッドも訪れた店だ。カリフォルニアロール、ムカデロール、シーザースロールなど、スペシャルロールばかりをまとめてオーダー。ランチにしては、ちょっとしたお値段だけれど、「おいしい、おいしい」とまるごとぺろり。

21424_434131261s.jpg

「Hyakumi/ピート・ローズ/エジプト/Insanity」の続きを読む »

砂漠爆走バギーツアー

昨夜、カジノで勝ったのはうれしいんだけど、興奮して寝つけない。結局、4時間足らずの睡眠時間で迎えた朝6時。

山本耕一さんのリクエストで参加する「砂漠爆走サンドバギーツアー」である。 待ち合わせ時間は6時30分。しかし、待ち合わせ場所にバスは来ない。7時を過ぎてからオフィスに電話をすると、前のホテルでピックアップするアメリカ人がなかなか来ないため、遅れているとのこと。

さらに途中で、デジカメの中にメモリーカードを入れ忘れていたことがわかり、ちょっとげんなり。 したがって、ここの写真はすべて、山本さんが撮影したもの。

「砂漠爆走バギーツアー」の続きを読む »

2005年05月14日

Village Buffet at Paris

まずはラスベガスらしい食事をとろうということで、風呂上りの山本耕一さんと、シーザースパレスから、フォーコーナーを渡って、Parisへ。
21424_2732061311s.jpg

ラスベガスの食事といえば、バイキング形式のBuffet(バフェ)が代表格だが、そのバフェの中でも人気ナンバーワンがParisのVillage Buffetだ。ぼくはParisができたころ以来で、かなりひさしぶりにいくことになる。というか、いつも込んでいるという話を聞いて、なにげなく敬遠していたのである。
21424_1116564468s.jpg

さすがに午後4時では、そんなに混んでおらず、すんなり入れる。やっぱりおいしいや! ばくばくと食べまくる。合計で三皿、食べたのだけど、オードブルの写真は取りそこなって、肉と肉の皿の写真だけ……。
21424_975577660s.jpg
 
21424_4121001421s.jpg

このあとで、ケーキやフルーツにもいきたかったのだが、さすがに胃袋がそれを許さなかった。

「Village Buffet at Paris」の続きを読む »

脂肪バーガーと旅の仲間

旅行二日目。朝食をとったのはFATBURGERである。モンテカルロの向かい側にある。ラスベガスのコミュでも話題になったファーストフードだが、直訳すれば、脂肪バーガーである。肥満バーガーとも、デブバーガーともいえよう。きっとスーパーサイズミーへの近道である。

さすがにフレンチフライなどのサイドオーダーはとらなかったが、ダブルファットバーガーにマヨネーズと目玉焼きを追加してオーダー。

21424_478399679s.jpg
 
21424_3890559390s.jpg

食べてみた。うまかった。

「脂肪バーガーと旅の仲間」の続きを読む »

2005年05月13日

Wynn Resort

総工費27億ドル(2700億円以上)をかけ、完成したばかりのホテル「Wynn Resort」を見てみようと、のこのこ歩いていく。

「Wynn Resort」は「デザートイン」の跡地に建てられており、「ファッションショーモール」の向かい側にある。「シーザースパレス」からだとそれなりの距離だ。バスを使ってもいいのだが、三年ぶりのラスベガスということもあり、歩いていってみることにした。

時差ぼけを回避するためには、日中、歩くことがよいといわれているしね。

「Wynn Resort」の続きを読む »

シーザースパレスにチェックイン

第二ターミナルの外に出て、ラスベガスの空気をしっかり吸ったのが、午前9時50分である。いくらなんでも早すぎだ。

そのままタクシーに乗る。フィリピン人の陽気な運転手。やっぱり女の子はアジアにかぎるね。などと、お決まりの会話を……。

到着したシーザースパレスのフロントでは、チェックアウト客がまだいるような時間帯だ。 チェックインできるかと聞いたら、客室を調べてくれ、部屋を用意してくれた。フォーラムタワーの7818号室。78といっても78階ではない。1階に当たるカジノフロアのすぐ上が64と表示されているので、事実上16階くらいだろう。

「シーザースパレスにチェックイン」の続きを読む »

JAL026便機内にて

去年、52回、JALに乗ったのだから、けっこうなマイルがある。ということで、今回はそのマイルを使って、JALのCクラス(エグゼクティブクラス)に搭乗。 とりあえず、機内食など撮影しまくる。

21424_3260742532s.jpg
 オードブル

21424_67330346s.jpg
 そして、メイン。

21424_2619633508s.jpg
 焼酎「吾空」のロック&おつまみ。

21424_67330346s.jpg
 朝食

「JAL026便機内にて」の続きを読む »

自宅→上野→成田

旅行前の準備はほとんどかたづいていたのだが、なにかあれこれやってて、睡眠時間は3時間くらいだ。眠い。

正午に家を出る。池袋で乗り換え、山手線外回りへ。本を読みながら、ボーっと乗っていたら、田端駅で「上野方面にお急ぎの方は反対の京浜東北線をご利用ください」とアナウンスが入る。何も考えずに乗り換えたら、「あらら、これ、日暮里には停まらないのね」ってことで、いきなり、上野へ。

まぁ、スカイライナーは上野でも乗れる。ちょっとよけいに歩くけどな。

「自宅→上野→成田」の続きを読む »

ネットでラクラクチケット予約購入、e席リザーブでシックスワンダフリー

最近のエントリー

カウンターetc

人気ブログランキング - ゲームの王道 atom rss2.0
total カウンタ:today カウンタ:yesterday カウンタ

Pagerank/ページランク

人気記事ランキング

Google Adsense