メイン

2005年02月16日

京都→明石→京都

京都の朝である。朝食は、ホテルの客室で、昨夜「ます多」でお土産にもらった鯖の棒寿司。

午前10時、土居孝幸さんと、ホテルからイノダコーヒ三条店へ。さくまあきらさんと桃鉄のブレスト。

午前11時過ぎ、京都駅から新幹線で西明石へ。新幹線の車内も移動会議室。あれこれと打ち合わせる。

到着後、魚の棚商店街に移動。商店街全体がタコと穴子! さすがは明石である。歩いているだけで、お腹が減ってくる。

商店街の中央にある「たこ磯」へ。

すでに行列ができており、店内に入るまで10分くらい……。おとな3人で、たまご焼き(いわゆる明石風たこ焼きというか、明石焼き)をふたつと、穴子入りたまご焼き(明石焼きのタコの代わりに穴子が入っている)ひとつを注文。

うひょおおお! ソフトで磯の香りを吸い込んだ卵焼きがうまい! タコの食感も最高! できたてのアツアツはたまりません。穴子入りのたまご焼きもおいしいんだけど、やはり、タコ入りのほうが好きだな。この店がおもしろいのは、出汁だけでなく、ソースでも明石焼きを食べられるところ、あたりを見回すと、けっこうソースで食べてる人も多かった。ためしにソースもかけてみたけど、ただのソースの味になって、いまひとつかな。

せっかく明石にきたのだから、やはり、子午線だろうということで、明石天文科学館へ。天気はいまひとつだったけど、展望台からの見晴らしはとてもよかった。明石大橋はやはりでかい。

その後、明石駅のスターバックスで、さらにブレスト。新快速で京都に帰る途中もブレスト。京都について、イノダコーヒ三条店に戻って、さらにブレスト。

夕食は三条の「うしのほね あなざ」。名物のシチューがうまい!

食後はホテルで本を読み、寝まくる。

2005年02月13日

八幡平スキー行(3)

 13日午前8時30分、ペンション「フレンズ」で朝食をとる。二日間、おいしい料理でお世話になったペンションだけど、朝食に二日連続で納豆が出るなんて、納豆が苦手のこちらにはちょっとつらい。納豆をけーむらくんやたかせさんの方に送り込む。

 スキーウェアに着替え、荷物をかたづけてチェックアウト。今日向かうのは、八幡平リゾートスキー場だ。名前はややこしいのだが、昨日いった八幡平スキー場とは、また別の場所。さらに秋田八幡平スキー場なんてのもある。

 前日より好転した天候のせいか、前日より低い標高のせいか、とにかく最高のゲレンデコンディションである。しかもフードつきの高速クワッドリフトで、一気に山頂近くまでいけるうれしさ。

 ゲレンデそのものはちょっと単調だけれど、しっかりスキーを楽しめた。

 いったんペンションにもどり、板をしまい、宅急便で送る。つづいて向かったのは、松川温泉「松川荘」。

 温泉マニアの方にはかなり有名な、混浴露天風呂がある温泉宿だ。乳白色のお湯をたたえた大きな露天風呂が気持ちいい。施設そのものもわりと最近、建て増しをしたようで、清潔で新しい。先着のカップルが、缶ビールを飲みながら入っている。うまそうだ! 脱衣所の脇に空き缶用のゴミ箱があるということは、この行為も認められているということ。いいなぁ。

 露天風呂を出たり入ったり、40分くらいつかって、強力な温泉力をチャージ!

 その後、盛岡にもどり、ふたたび「ぴょんぴょん舎」へ。いやあ、みんな、焼肉が好きだね。

 18時39分発の「はやて」で帰京。

2005年02月12日

八幡平スキー行(2)

午前10時30分には、八幡平スキー場へ。シングルリフト1本とペアリフト2本が縦につながる小さなスキー場だ。

いまどき、フードもないリフトで氷点下の吹雪のなか、山頂までいけば、凍った心は折れまくり。

昼食後、がんばる4人が滑りにいったあと、おれはたかせとふたりでしみじみ、お茶。

なんとか気をとりなおして山に挑むものの、山下ろしの強風の中、何度も停止するリフト。

あまりの厳しさに一同、へこたれて3時30分には下山。

ひいい。寒かった! 雪質は最高! 天候は最低!

夜はふたたび「森の湯」にいく。風呂上りの夜空に花火が上がる。なにかのイベントだろうが、20分ほど続いた花火は美しい。

ペンションにもどって酒盛り。そしてまた、一足先に部屋にもどり、横になる。やはり風邪が残っているのか。とにかく眠い。ひたすら眠い。

2005年02月11日

八幡平スキー行(1)

八幡平へのスキー旅行。東北新幹線を盛岡で降りたのが、正午すこし前。駅でレンタカーを借りて、盛岡インターチェンジそばの「ぴょんびょん舎」へ。焼肉! チヂミ! そして、盛岡冷麺をいただく。

冷麺や焼肉をいろいろ食べてひとり2500円くらい。安かったなぁ。さすがは行列ができるだけのことはある。

八幡平のペンションに到着したのが、午後3時30分。われわれ6人は大人なので、せっかちに滑ったりしないのだ。

夕食の時間まで、部屋でお昼寝!

午後6時30分、ペンションの夕食をいただき、午後7時30分、近所にある立ち寄り湯「森の湯」へ。

ここはいいお湯だった! 源泉かけ流しだし、泉質もいい。露天にのんびりとつかって、身体をほぐす。

ペンションにもどって、酒盛り。紅白の再放送をみつつ、けーむらくんのもっときた「新耳袋」謹製、くだんワインをかたむける!

午後11時、ひと足先に部屋にもどり、お休み。

ネットでラクラクチケット予約購入、e席リザーブでシックスワンダフリー

最近のエントリー

カウンターetc

人気ブログランキング - ゲームの王道 atom rss2.0
total カウンタ:today カウンタ:yesterday カウンタ

Pagerank/ページランク

人気記事ランキング

Google Adsense