« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月29日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番THXスクリーンにてSRD-EX鑑賞。

 前作、序を見たあとにこういうことを書いた。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の続きを読む »

真夏のオリオン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋6番スクリーンにてSRD鑑賞。

「亡国のイージス」、「終戦のローレライ」と続いた福井晴敏関連の潜水艦映画の中で、もっとも楽しめた。

「真夏のオリオン」の続きを読む »

2009年06月24日

剱岳 点の記

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 明治時代末期、日露戦争直後の時期、陸軍参謀本部陸地測量部(現在の国土地理院)によって立山連峰で実際に行われた山岳測量を描いた作品だ。

「剱岳 点の記」の続きを読む »

2009年06月23日

ザ・スピリット

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 「300」、「シン・シティ」のコミック・アーティスト、フランク・ミラーの単独監督デビュー作だ。映画「シン・シティ」では、ロバート・ロドリゲスと共同監督していたよね。

「ザ・スピリット」の続きを読む »

2009年06月18日

ビデオを借りる習慣が生まれたころ

 仕事の資料でDVDを見なければいけないのだが、近所のTSUTAYAには置いていない。買おうと思えばクソ高い。

 TSUTAYAのサイトから、店頭レンタル在庫があるか、どうかを調べてみたが、使い勝手が悪くてイライラする。いろいろ探してみたら、TSUTAYA DISCASのサイトから、実店舗のレンタル在庫まで簡単に調べられることがわかった。

「ビデオを借りる習慣が生まれたころ」の続きを読む »

2009年06月08日

ターミネーター4

 ワーナーマイカルシネマズ戸畑1番スクリーンでSRD鑑賞。

 「ターミネーター4」である。大好きな「チャーリーズ・エンジェル」、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」のMcG監督である。それはもう楽しみにしていたさ。されども、だけれども、世の中にはびこる「中二病」映画の感染力はすさまじく、「ターミネーター」まで、中途半端な自分探し映画になってしまった。

「ターミネーター4」の続きを読む »

2009年06月07日

墓参りとヒラスと羊

 父の命日は6月8日なのだが、母の運転するクルマで一日早く本城霊園へ行く。もう10年も経つのか。丹念に墓を拭きあげていく。墓石についたありとか、ナメクジとかいるのだけれど、どうすりゃいいのかね。殺生するわけにもいかないしなあ。

「墓参りとヒラスと羊」の続きを読む »

2009年06月06日

東筑高校同窓会

 午前11時に会場へ。白シャツ、黒か紺のズボン、ネクタイが幹事学年のユニフォームである。女性も同様。そういえば、前の日、打ち合わせのときに「明日の服装はシャツインかね?」とか、「シャツインとか無理よ」とか、女性から声が上がっていた。いろいろたいへんそうだ。

「東筑高校同窓会」の続きを読む »

2009年06月05日

帰省する6月

 福岡県立東筑高校の同窓会総会懇親会で、同期が幹事学年となったとのことで、北九州市まで手伝いに行く。

 金曜日の午後、福岡空港から地下鉄とJRを乗り継いで移動する。

「帰省する6月」の続きを読む »

2009年06月02日

ラスト・ブラッド

 ワーナーマイカルシネマズ板橋9番スクリーンにてSRD鑑賞。うっすらネタバレ。

 なっちゃいない映画である。「少女が長命であること」、「組織が少女に血を運んでいること」、「少女の父親はオニゲンといわれるボスキャラに殺されたこと」いろんな設定はくどいほどしつこく口で説明されているのだが、映画として本当に必要なことばが圧倒的に足りない。

「ラスト・ブラッド」の続きを読む »

2009年06月01日

スター・トレック

 新宿バルト9、8番スクリーンにてSRD鑑賞。

 自分が映画館のスクリーンで見たいものが、すべて入った映画である。生きてこの目で見られてよかった。

「スター・トレック」の続きを読む »

« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »


カウンタ