メイン

2010年12月31日

2010年12月後半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきをまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

 鑑賞映画。【行きずりの街】、【信さん 炭鉱町のセレナーデ】、【トロン・レガシー】、【ロビン・フッド】、【最後の忠臣蔵】、【ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1】、【ばかもの】

「2010年12月後半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年12月20日

SPACE BATTLESHIP ヤマト

※「SPACE BATTLESHIP ヤマト」へのツイートをまとめました。

 うあ。まさか「ゆとり戦艦キムタク」になっているとは思わなかった。

 映画をすでに見ていた人に、早くから「95%がギャラクティカ」と聞いていたので、かなり期待していたのですよ。剽窃だろうが、パクリだろうが、なんでもいいが、「95%がギャラクティカ」のレベルに達しているのなら、おもしろそうじゃないか。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の続きを読む »

2010年12月15日

2010年12月前半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきをまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

 鑑賞映画。【塔の上のラプンツェル】、【The RUNAWAYS】、【エクリプス】、【黒く濁る村】、【ノルウェイの森】、

「2010年12月前半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年11月30日

2010年11月後半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきをまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

 鑑賞映画。「ちょんまげぷりん」、「ハナミズキ」、【おにいちゃんのハナビ】、「grown up」、【Love & Other Drugs】、

「2010年11月後半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年11月15日

2010年11月前半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきをまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

 鑑賞映画。【怪盗グルーの月泥棒】、【アイルトン・セナ 音速の彼方へ】、【シングルマン】、【REDLINE】、【雷桜】、【おまえうまそうだな】、【エクスペンダブルズ】、【海炭市叙景】、【七瀬ふたたび】、【桜田門外ノ変】、【ラスト・ソルジャー】、【クレイジーズ】、【マチェーテ】、【牙狼】

「2010年11月前半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年10月31日

2010年10月後半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきをまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

 鑑賞映画。【HUBBLE 3D】、【アメリカの夜】、【ゴースト・ライター】

「2010年10月後半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年10月15日

2010年10月前半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきをまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

 鑑賞映画。【大奥】、【ナイト&デイ】、【太陽を盗んだ男】

「2010年10月前半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年09月30日

2010年9月後半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきをまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

 鑑賞映画。【キック・アス】、【THE LAST MESSAGE 海猿】、【ミレニアム3】、【TSUNAMI】、【君に届け】、【十三人の刺客】、【プライベート・ライアン爆音上映】

「2010年9月後半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年09月15日

2010年9月前半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきをまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

 鑑賞映画。【仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ】、【ゴセイジャー】、【キャッツ&ドッグス2】、【バイオハザードIV】、【BECK】、【コップ・アウト】、【悪人】、【ミレニアム2】

「2010年9月前半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年08月31日

2010年8月後半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきもまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

「2010年8月後半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年08月15日

2010年8月前半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきもまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

「2010年8月前半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年07月31日

2010年7月後半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきもまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

「2010年7月後半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年07月15日

2010年7月前半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきもまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

「2010年7月前半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年06月30日

2010年6月後半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきをまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

「2010年6月後半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年06月15日

2010年6月前半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきもまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

「2010年6月前半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年05月31日

2010年5月鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきもまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

「2010年5月鑑賞映画」の続きを読む »

2010年04月30日

2010年4月後半鑑賞映画

 ツイッターで、この時期鑑賞した映画へのつぶやきもまとめて追加しました。タイトルに星をつけたものはおすすめです。

「2010年4月後半鑑賞映画」の続きを読む »

2010年04月16日

機内映画5本

 先日、ラスベガスにいった際、NRT-SFOの往復のJAL便で見た映画を備忘録的に記録する。むかしよりも機内映画を見るのが億劫になってきたね。帰りは寝たり起きたりしながら、1本を見るのに5時間くらいかかってた。

「機内映画5本」の続きを読む »

2010年04月13日

第9地区

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。

 2009年の夏、アメリカで1億1500万ドルの興行収入を上げた、ピーター・ジャクソン製作のSF映画だ。日本では4月に「第9地区」として公開予定だが、なぜか映画秘宝の2009年ベストには入っている。アメリカから取り寄せたBlu-Rayで鑑賞したのは去年のことだ。

「第9地区」の続きを読む »

2010年04月12日

シャッター アイランド

 ワーナーマイカルシネマズ板橋8番スクリーンにてSRD鑑賞。

 謎解きがメインの作品のようにいわれている。だが、「だまされた」とか「してやられた」というほどの謎はない。映画を見慣れた人なら、わりと早い時点で「謎」の正体がわかってしまうだろう。

「シャッター アイランド」の続きを読む »

2010年04月11日

息もできない

 アクトビラにて鑑賞。

 これはすごかった。いままで見た韓国映画の中でも一番好きな作品だし、今年見た映画の中でもトップクラスにおもしろかった。

「息もできない」の続きを読む »

2010年04月10日

ブルーノ

 新宿バルト9、1番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ユダヤ系イギリス人であるにもかかわらず、カザフスタン人ジャーナリストのボラットと称して、アメリカを唖然とさせる旅にでたコメディアン、サシャ・バロン・コーエン。今度はオーストリア人のゲイのファッション評論家、ブルーノとして、いたるところで騒動を巻き起こす破壊的コメディだ。

「ブルーノ」の続きを読む »

2010年04月09日

時をかける少女

 新宿ピカデリー6番スクリーンにてSRD鑑賞。

 筒井康隆が「時をかける少女」で見出した出した最大の功績は、少女とタイムトラベルの相性のよさだろう。その意味において、「時をかける少女」8度目の映像化作品は大成功といっていい。とにかく仲里依紗がすばらしいのだ。

「時をかける少女」の続きを読む »

2010年04月07日

マイレージ、マイライフ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋にてSRD鑑賞。

 すばらしくたくみな作品だ。リストラ宣告を業務として、全米を飛び回るジョージ・クルーニー。家族や恋人といった人間関係を最小限にして、自身の評価として航空会社の上級会員になることを生きがいとしている。

「マイレージ、マイライフ」の続きを読む »

2010年03月24日

NINE

 ワーナーマイカルシネマズ板橋にてSRD鑑賞。

 フェリーニの「8 1/2」をもとにしたミュージカルの映画化。手堅いロブ・マーシャル演出だけれど、乗れなかった。

「NINE」の続きを読む »

2010年03月22日

フィリップ、きみを愛してる!

 ワーナーマイカルシネマズ板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 事前情報といえば、予告編を観たことくらいしかなかったので、驚いたのだが、これって実話をベースにした作品だったんだね。

「フィリップ、きみを愛してる!」の続きを読む »

2010年03月21日

ダレン・シャン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにて日本語吹き替え版をSRD鑑賞。

 吸血鬼テーマの現代ファンタジー映画だ。おなじ吸血鬼ものとしては、「トワイライト」シリーズより楽しめた。

「ダレン・シャン」の続きを読む »

2010年03月18日

プリンセスと魔法のキス

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにて日本語吹き替え版をSRD鑑賞。

 おなじ、ジョン・ラセター製作総指揮でヒットした「カールじいさんの空飛ぶ家」を軽く凌駕する新作ディズニーアニメーションだ。
 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてSRD鑑賞。

 おなじ、ジョン・ラセター製作総指揮でヒットした「カールじいさんの空飛ぶ家」を軽く凌駕する新作ディズニーアニメーションだ。

「プリンセスと魔法のキス」の続きを読む »

2010年03月14日

しあわせの隠れ場所

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 クリスマスの夜なんかに、夫婦で見たり、デートで見たりするのに最高の映画だ。最高の家族愛とスポーツ成長物語が渾然一体となり、とてもいい気分で家路につける。実話をもとにしているものの、本質的に悪い人がひとりも出てこない。

「しあわせの隠れ場所」の続きを読む »

2010年03月13日

シャーロック・ホームズ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 コナン・ドイルとシャーロック・ホームズのディテールに敬意は払いつつ、ホームズとワトソンをスーパー格闘探偵にし、腐女子テーストをたっぷり盛り込んだアクション映画だ。

「シャーロック・ホームズ」の続きを読む »

2010年03月08日

ハート・ロッカー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 史上最高ヒットの「アバター」を下し、2009年のアカデミー作品賞を勝ちとった作品だ。2004年のイラクを舞台に危険な爆弾と対峙するアメリカ軍爆弾処理班の息づまる日々を描く。

「ハート・ロッカー」の続きを読む »

2010年03月06日

タマフル映画祭

 TBSラジオ土曜日の21時30分からオンエアされている「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル(タマフル)」。その中の「THE CINEMA HUSTLER」のコーナーでは、毎週1本の映画をサイコロで決めて、パーソナリティの宇多丸が徹底的に批評する。

「タマフル映画祭」の続きを読む »

2010年02月25日

Dr.パルナサスの鏡

 ワーナーマイカルシネマズ板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ぼくたちの大好きなテリー・ギリアムが帰ってきた。素直にそう思える作品だ。テリー・ギリアムといえば「モンティ・パイソン」なのだろうが、リアルタイムで、モンティ・パイソンの放送がなかった地域出身者として、最初のモンティ・パイソン体験は名画座で観た「ホーリー・グレイル」や「アンドナウ」だった。

「Dr.パルナサスの鏡」の続きを読む »

2010年02月22日

コララインとボタンの魔女 3D

 ワーナーマイカルシネマズ板橋2番スクリーンにてRealD3D吹き替え鑑賞。

 だめだ。この映画を小さな子供に見せちゃだめだ。映画にのめりこむと同時に、48歳の自分が、子供のときに怖かったことをいろいろと思い出してしまった。だれもいない部屋。部屋の隅の暗がり、なぞめいた人形、くらい井戸、知らない隣人……。

「コララインとボタンの魔女 3D」の続きを読む »

2010年02月18日

抱擁のかけら

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 映画に淫するペドロ・アルモドバルが、映画への愛をさらに刺激的に作った作品だ。この映画をレビューするのはほんとうに難しい。

「抱擁のかけら」の続きを読む »

2010年02月14日

食堂かたつむり

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 つまり「かもめ食堂」とか「南極料理人」とか、そういう自分探し料理系はごめんこうむりたい。どちらも悪い作品とは思わないけれど、いくらなんでも満腹です。「柳の下の食堂」系ばかりで辟易していたところ、この映画も観ようとは思わなかったけれど、「愛のむきだし」、「プライド」の満島ひかりが出演するとあっては、仕方がない。

「食堂かたつむり」の続きを読む »

2010年02月13日

BANDAGE バンデイジ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 主演の赤西仁に興味はないし、小林武史が監督といわれてもミスチルはどうでもいい、フックとなるのは脚本・製作の岩井俊二くらいなのだけれど、まったく観るつもりはなかったのだが、信頼のおけるサイトなどで、意外な好評だったので出かけてみたら、これがすばらしい作品だった。

「BANDAGE バンデイジ」の続きを読む »

2010年02月12日

おとうと

 ワーナーマイカルシネマズ板橋3番スクリーンにてSRD鑑賞。

 幸田文原作のじつに三度目の映画化だが、現代に合わせて設定は変わっている。とはいえ、これはどこからどう見ても「男はつらいよ」のエピローグであり、車寅次郎への鎮魂歌だろう。

「おとうと」の続きを読む »

2010年02月08日

フローズン・リバー

 アクトビラにてHD鑑賞。

 2008年のアカデミー賞で主演女優賞とオリジナル脚本賞にノミネートされた映画だが、日本ではなかなか公開されなかった。本国公開から1年半、やっと劇場公開されたのは、喜ばしいかぎり、公開と同時にアクトビラで有料配信されたので、自宅のテレビで鑑賞した。

「フローズン・リバー」の続きを読む »

2010年02月05日

インビクタス/負けざる者たち

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてSRD鑑賞。

 もはや戦う詩情といってもいい、イーストウッドらしい清潔で直球の筆致で、国家と差別とスポーツを正面から描いた作品だ。

「インビクタス/負けざる者たち」の続きを読む »

2010年02月03日

ゴールデンスランバー

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにてSRD鑑賞。

 伊坂幸太郎の原作、中村義洋の監督という磐石の座組である上に、堺雅人、竹内結子、濱田岳といった中村組常連の役者によって、すばらしいアンサンブルを見せてくれる映画だ。

「ゴールデンスランバー」の続きを読む »

2010年02月02日

かいじゅうたちのいるところ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋6番スクリーンにてSRD鑑賞。

 名作絵本の映画化ということだが、原作は読んでいない。反抗期という年齢ではないが、9歳の少年なら、自分でも戸惑うばかり野性的な衝動をどうしようもないときがある。人との付き合い方、疎外感、愛情、表現力の欠如などから生まれる「野性」のむらむらを描いたファンタジーだ。

「かいじゅうたちのいるところ」の続きを読む »

2010年02月01日

ボーイズ・オン・ザ・ラン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋11番スクリーンにてDTS鑑賞。

 生まれたときから童貞でないやつがいる。1000人とやっても童貞なままのやつがいる。男の童貞にごころに突き刺さる漫画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の映画化作品としては、かなりの完成度といえるだろう。

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の続きを読む »

2010年01月31日

サヨナライツカ

 ワーナーマイカルシネマズ板橋5番スクリーンにてSRD鑑賞。

 ネタバレになるかもしれないが、まあ、たいしたネタはないので、ストーリーをまとめてみよう。

「サヨナライツカ」の続きを読む »

2010年01月30日

ラブリーボーン

 ワーナーマイカルシネマズ板橋12番スクリーンにてSRD鑑賞。

「わたしはスージー・サーモン。わたしは14歳で殺された。」そんな少女の物語を、「ロード・オブ・ザ・リング」や「キング・コング」のピーター・ジャクソンが監督すると聴いたとき、いったい、どれだけの作品になるかと期待するのは、当然のことだろう。

「ラブリーボーン」の続きを読む »

2010年01月23日

サロゲート

 ワーナーマイカルシネマズ板橋4番スクリーンにてSRD鑑賞。

 自身は部屋で横たわったまま、自分の代理ロボット(サロゲート)と神経をつなぎ、社会活動をするようになった人間たち。仕事はもちろん、レジャーや戦争もロボットが代行するようになった時代に発生した不可解な殺人事件の謎にFBI捜査官(ブルース・ウィリス)が挑む。

「サロゲート」の続きを読む »

2010年01月22日

板尾創路の脱獄王

 ワーナーマイカルシネマズ板橋6番スクリーンにてDTS鑑賞。

 日本が戦争への道を突き進む時代、難攻不落といわれる監獄を何度も脱獄し、そのたびに捕まる男(板尾創路)がいた。胸には逆さ富士の刺青、いっさい口もきかず、過酷な体罰にも屈することはない。微罪で捕まったにもかかわらず、捕まれば捕まるほど、刑期は伸びていく。彼はなぜ、脱獄をくりかえすのか。

「板尾創路の脱獄王」の続きを読む »

真幸くあらば (まさきくあらば)

 シネマ・アンジェリカにてDTS鑑賞。

 映画「クライマーズ・ハイ」やドラマ「空飛ぶタイヤ」での尾野真千子の存在感が抜群だったので、「真幸くあらば」を見た。

「真幸くあらば (まさきくあらば)」の続きを読む »

2010年01月19日

IMAX関連リンク

 水道橋博士の「博士の悪童日記」で「IMAXに詳しい」とご紹介いただいたので、IMAX関連のエントリーをご紹介します。

スーパーマン リターンズIMAX 3D Experience
 いまはなき品川のIMAXシアターで「スーパーマン リターンズ」を見た際のショートレビュー。

品川IMAX閉館
 2007年4月品川IMAX閉館の報をきいたときの憤慨。

IMAXでダークナイト
 2009年9月、菖蒲のIMAXシアターでダークナイトを見た喜び。

アバター
 2009年12月、川崎のIMAXで「アバター」前夜祭で字幕版を見たときのレビュー。3Dの4方式についても書いています。

アバターIMAX3D吹き替え版
 2010年1月、菖蒲のIMAXで「アバター」吹き替え版をみたときのレビュー。

2010年01月13日

アフロサムライ:レザレクション

 ワーナーマイカルシネマズ板橋7番スクリーンにてDLP鑑賞。

 ムダに派手な構図。絶え間なく流れるヒップホップ。そしてサミュエル・L・ジャクソンのしゃべり。その結果、生まれたのはうるさくて、単調で、退屈なアニメーションだった。

「アフロサムライ:レザレクション」の続きを読む »

2010年01月11日

彼岸島

 ワーナーマイカルシネマズ板橋10番スクリーンにて鑑賞。

 「火山高」のキム・テギュン監督なので観にいったけれど、あまりにもひどい脚本にあきれてしまった。原作もこんなにひどい設定なのかと、wikipediaでざっとチェックしたけど、それなりにしっかり作ってておもしろそうじゃないか。

「彼岸島」の続きを読む »

ネットでラクラクチケット予約購入、e席リザーブでシックスワンダフリー

最近のエントリー

カウンターetc

人気ブログランキング - ゲームの王道 atom rss2.0
total カウンタ:today カウンタ:yesterday カウンタ

Pagerank/ページランク

人気記事ランキング

Google Adsense